« ブログのトップページに戻る

海外で売れている日本製品 その2

   投稿者 : 2013年12月28日 By

海外で売れる日本製品 その1はこちら

海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。

1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。
2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。

1つ目を実行できるのは限られた企業しかありませんが、2つ目の理由の場合は全員が対象になります。

個人で挑戦するなら、まずはeBayです。
参加した事のある方なら知っていることですが、eBayには英語、販売金額制限という2重の参入障壁があるので、eBayに参加さえできてしまえば割とどこにでも売っている商品で簡単に利益が出せてしまいます。下はその一例です。これはTerapeak というツールを使うと全て分かります。海外販売にチャレンジしてみては?
当社が開発したeBay用利益計算ツール

  商品 利益
SEIKO腕時計 SBGM031
eBay $5118
Yahoo 398,000円
88,349円
SR-009ヘッドフォン
eBay $4702
価格.com 349,500円
95,206円
Sonyビデオカメラ
eBay $2636
価格.com 198,000円
39,851円

関連する記事

イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...
海外で売れる日本製品 まとめ 海外向けネットショップという事業をやっていると、よく聞かれることなんですが、 「海外で何が売れてるの?」 これは、当社のお客様との秘密保持があるので、一概に全部を公言することはできませんが、TerapeakとかeBay Japanさんが公開している資料の中から、これは確実に売れると言う商品を今日...
eBay Amazon Lazada の在庫連携・受注管理が可能に – 成長市場 越境E... 越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada 今年の3月に投稿した記事の続きになりますが、本日 eBay Amazon Lazada の各モール間の連携が可能になるLive Commerceのオプション「Limder」のオプションページを公開しました。 本ツールであるLimd...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
海外販売 – なぜわずかな人しか成功しないのか... 海外販売は確かにブルーオーシャンであり、未開拓な市場である事は何となく分かっていはいるものの、実際にどのように市場を開拓し事業化していくプロセスはあまりはっきりしていません。 そのプロセス全体概要を把握する為に当社が8月31日よりダウンロード開始した、海外販売を検討している方向けに書いた小冊子です...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。