使って充実!おすすめの画像系ツール

ウェブページを面白く、見栄えのよいものにするのは至難の業ですが、今回ご紹介するツールを使うと、いとも簡単に、ユーザーの目を引く素敵な画像コンテンツを作ることができます。すべて無料なのも嬉しいところ、早速どんなツールなのか見ていきましょう。

1.ThingLink

ThingLinkでは、自分が選んだ画像上に、はてなマーク(?)やインフォメーションマーク(ⅰ)などの小さなアイコンを配置することができ、さらに、そのアイコンに自分で書いた文章を加えたり、シェアしたい動画のリンクを貼ったりできます。

下の画像をご覧ください。カーソルを画面上に持っていくと、画面につけられたアイコンがすべて表示されます。さらに、アイコンにカーソルを当てると、小さな別ウィンドウでリンクされている動画が表示され、再生ボタンを押せば同じ画面上ですぐに見ることができます。
 
ThingLink

使い方はいたって簡単です。ThingLinkのホームページ上でFacebookかTwitterのアカウントから、もしくは新たにメールアドレスとパスワードを設定してログインします。ログインしたら、右上の「CREATE」ボタンを押し、画面中央のボタンを押して、画像をアップロードします。

画像をアップロードしたら、アイコンを設置する場所をクリックして、EDIT TAGのLinkにリンク先を、Descriptionに説明を記入、Iconでアイコンの種類を選ぶこともできます。

次々にアイコンを設置して、最後に右下のSaveボタンを押せば完了です。ウェブサイトに載せたり、SNSでシェアすることもできます。日本語での説明がないので及び腰になりがちですが、だからこそ逆に目新しい画像コンテンツとなり得ます。


2 PlaceIt

PlaceItもユニークな画像が作成できるサイトです。下の画像をご覧ください。こちらでは、左側にずらりと画像のひな型が用意されています。例えばタブレットとスマートフォンが写っている画像を選べば、タブレットとスマートフォンに自分の選んだ画像をはめ込むことができます。自社のアプリがデバイスの違いによってどのように表示されるか、イメージを提示したいときなどに便利です。

 
PlaceIt

作り方も簡単で、画像のAやBのマークをクリックして手持ちの画像をアップロードするか、URLを入力すればそのページの画像が表示されます。


3.Skitch

次に紹介するSkitchは、Evernoteが提供する無料の画像編集ソフトです。Skitchを使うと、既存の画像や画面ショット、PDFなどに、テキストを書き込む、矢印や下線を引く、モザイク処理をするなどの加工処理が簡単に施せます。使用するためには、Evernoteのアカウントを作成する必要がありますが、デバイスごとに日本語の丁寧な説明ページがあり、これに従えば簡単に使い方を習得できます。
 
Skitch(使い方ガイド for iOS)

撮ったばかりの写真や画面ショットに、すぐに書き込みができるので、ビジネス使用にも普段使いにも便利なソフトです。

気になるツールを使ってまずは試作!

以上、手順に従えば簡単にオリジナリティあふれる画像が作成できるツールをご紹介しました。ウェブサイト上の画像やSNSに載せる画像で他社に差をつけたい!と思っている方は、ぜひ一度、自社サイト向けの画像を試作してみてはいかがでしょうか?

参考:
16 Free Tools That Makes Content Creation Way Easier
http://blog.hubspot.com/marketing/free-content-marketing-tools-list

画像:
photo credit: jotefa via photopin cc

関連する記事

EMSの損害賠償保険が適用された、改めて海外販売ビジネスの安全性を確認できた瞬間... 海外販売でEMSを配送として使っている方は多いと思います。 EMSの損害賠償保険には2万円までの標準で含まれる保険のほかに、わずかな費用を支払うことによって最大200万円まで保険を掛けることができます。 実際に本当に保険金って支払われるの? 今日は、この質問について該当するケースがありま...
ECサイト構築技術者向け – Live Commerce で日本と海外の両方に対応できる... Live Commerceでは多言語ECサイトを構築できるソリューションなのだが、多言語ということは英語と日本語で販売する国ごとにローカライズ機能がどこまで備わっているのか、、これは新規導入を検討している方から多くいただく質問の一つである。 今日は、多言語ECサイトとローカライズの関係性につい...
日本の食材を海外発送できるよ(シンガポールとか台湾に)... 恥ずかしながら、EMSがクール便に対応していたのですね。 私の馬鹿さ加減を暴露してしまうことになるのですが、毎日情報収集の範囲をちょくちょく制限しているので、意外と肝心なニュースを忘れてしまっておりました。 昨年の2013年4月から食材も保冷したままアジア圏なら海外発送できる様になって...
【越境EC】2021年トレンド予測 5つのポイント... 歴史のページに残るだろう、激動の2020年が終わろうとしている。 2020年、現在、日本では新型コロナの感染拡大による未曾有の試練が今もなお続いている。 このコロナ禍の中にあって、2020年、Eコマースは大きく成長した。 これまで、ECサイトを利用していたユーザーのみならず、高齢者や1...
説明なしでもわかる? マイクロインタラクションとは... これからのWebサイトデザインの方向性は「内容(コンテンツ)の充実」と「体験の向上」にあると言われている。それらを実現するひとつの解は、「ヒューマンセンタードデザイン(人間中心デザイン)」という思想である。 そして、ヒューマンセンタードデザインのアプローチの方法として、マイクロインタラクシ...
速習 ECサイト構築オンラインセミナー “ECサイトをプロ並みに でも価格は最低限に&#... 先日、オンラインで越境ECサイトの制作が行えるオンラインカスタマイズサービスをリリースしました。従来のECサイト構築の業界標準価格と言われている100万円〜300万円という相場に対して、1/10で提供しながらも、高品質なECサイト構築サービスを提供する目的で作りました。   当社はEC...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ