« ブログのトップページに戻る

説明なしでもわかる? マイクロインタラクションとは

   投稿者 : 2017年10月11日 By

イメージ画像

これからのWebサイトデザインの方向性は「内容(コンテンツ)の充実」と「体験の向上」にあると言われている。それらを実現するひとつの解は、「ヒューマンセンタードデザイン(人間中心デザイン)」という思想である。
そして、ヒューマンセンタードデザインのアプローチの方法として、マイクロインタラクションという手法が取られている。このマイクロインタラクションを手法を採用すれば、ユーザーとの距離は近くなり、サイト離脱率を下げるだげではなく、サイトの印象が高くなり、再訪問率の向上にもつながるだろう。
今回は、今年も注目されている、マイクロインタラクションのポイント、注意点など見て行こう。

 

●マイクロインタラクションの定義

マイクロ インタラクションとは、「ヒューマンセンタードデザイン(人間中心のデザイン)」と呼ばれるデザイン手法のひとつであり、今どのような状況で、次にどのような行動をすれば良いかを直感的なUIで伝えることを目的としたものだ。
「マイクロインタラクション」という言葉はDan Suffer氏の著書では、 ある作業をひとつだけこなす、最小単位のインタラクション(機器とのやりとり)を意味し、UI/UXデザインの神が宿る細部が出典とされている。
また、Dan Suffer氏は、

  • スイッチを押すと、部屋の電気が点く
  • スマートフォンのボタンを切り替えると、アイコンが画面に表示され、マナーモードになる
  • ダウンロードボタンを押すと、残り時間がポップアップで表示され、完了したらポップアップが閉じる
  • トースターにパンを入れて開始ボタンを押すと、焼き始め、完了したら食パンが飛び出す

上記のような様々な動作をマイクロインタラクションと名付け、定義している。
マイクロインタラクションを直訳すれば「とても小さなやりとり」という意味になるが、Webサイトやスマホアプリを作るうえで共通に考えられる内容であり、ユーザーが使用する様々な瞬間に関連する。
今やマイクロインタラクションは設定の変更時、データやデバイスの同期時、アラームの設定時、パスワードの選択時、ログイン時、ステータス・メッセージの設定時、『いいね』や『お気に入り』などをクリックする時など、様々なシーンで関わっている。

 

●マイクロインタラクションの基本的な4つの構成要素

マイクロインタラクションを実現するには4つの構成要素をおさえる必要がある。
トリガー、ルール、フィードバック、ループとモードの4つっである。

①トリガー

トリガーとはユーザーにアクションを促す要素であり、ユーザーに「気づきを与える要素」を指す。アプリを初めて使うユーザーからすれば、使い方が分からないので、まず何をすればい良いか伝える内容は重要なトリガーである。
例えば、Twitter上に「新しいツイートがあります」の表示や、メッセージ受信時にチャイムが鳴るなどである。

②ルール

ルールとはトリガーによって引き起こされた一連の処理、動作などを定義したもの。 ユーザーがボタンをクリックした時、何ができて何ができないかをルール付けすること。
詳細内容としては、複雑なものにしないことや同じトリガーには同じ動作にするなどがある。

③フィードバック

フィードバックは、ユーザーが何か実行した時、処理が始まった時、処理が実行中の時 、さらに処理が終わった時、ユーザーの理解を助けるための視覚的、聴覚的、触覚的な要素を指す。
例えば、ユーザーがパスワードの入力を間違えた時、フォームが横揺れするなどである。

④ループとモード

ユーザーの行動に合わせた、より大きなメタ・ルールと呼ばれ、 ループとはその動作を繰り返し行った場合の定義を意味し、モードとはルールが2股以上に条件分岐する場合の定義。モードは極力少なくするのがモードの注意点である。
facebookを使用して1年経つと1年を振り返る動画を作って知らせてくれるものなどがある。

 

●マイクロインタラクションの事例

入力フォームの内容を全て入力しないと購入ボタンを押すことができないマイクロインタラクションの例。

 

ハンバーガーメニューは気づかないことが多く、ユーザー体験の低下につながる。
このマイクロインタラクションはハンバーガーメニューを押すとどうなるかを気づかせることができる。

 

このマイクロインタラクションは直前のコンテンツを折りたたみ、次のコンテンツが表示されるというもの。
直前の情報は保持されたまま、次の情報が表示されるアニメーションである。

 

●マイクロインタラクションのメリットは?

マイクロインタラクションのメリットは大きいといえる。それはユーザー視点、ユーザーファーストに立って設計されるべきものだからだ。
マイクロインタラクションはユーザーがボタンをクリック前、クリックした時に、何らかのフィードバックを与えることにより、ユーザーを手助けしてくる。
そして直感的でわかりやすくユーザーを導く点にある。
以下にマイクロインタラクションのメリットをまとめた。

  • 新しいサービスでも、説明がなくても利用してもらえる
  • 操作ミスを少なくすることができる
  • 継続的なサービスの利用に繋げることにできる

 

●マイクロインタラクションで注意すべきこと

マイクロインタラクションは、ユーザーにアクションを促すアニメーションが重要な要素となるが、制作しているとアニメーションの動きの美しさに固執しがちになってしまう。
アニメーションはユーザーにとっては使いやすさ向上のためのもので、美しいかどうかは問題ではない。美しい動きに固執すると動きに時間を用し、ユーザーにとっては困惑するばかりだ。動きはシンプルに、単一な動きで構成する必要がある。
マイクロインタラクションを自身で作ろうとすると、つい、ユーザー視点を忘れがちになる。マイクロインタラクションの構造を理解し、ユーザーにとってストレスなく、心地よく使えるものになっているか。その都度、ユーザー視点で動作確認しながら設計することがポイントである。

 

●まとめ

Webやスマホアプリに限らず、プロダクト製品やサービスでも、UXを改善するうえで、マイクロインタラクションは重要な手法と言える。
そして、マイクロインタラクションは、ユーザーの日々のインスタラクションに対し、小さいが楽しい瞬間を作ることができる。
ユーザーストレスを少なくし、UI/UXを向上しサイトクォリティをあげる。マイクロインタラクションは今後、さらに継続され、増えてくるだろう。

 

出典:

 

関連する記事

“色の力”で購買意欲をかきたてる 色は重要な戦略要素 商品のマーケティング戦略を検討するとき、 消費者への視覚的アプローチは極めて重要な要素である。 あたりまえだが、人は見た目で商品を選び購入する。その見た目でも商品を購入した理由の、85%の顧客が色が主要な理由であると認識しているのだ。 そう考えると色はデザインの重要...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
企業の取り組みは大丈夫? デジタルマーケティングの現状... スマートデバイスの普及により、企業のマーケティング戦略は大きな変革期を迎えている。 つまり、デジタル化の大きな波により、デジタルマーケティングを認識し、取組んでいかない企業経営は成り立たない時代になってきているということだ。 今年1月、「先進技術による新事業創造委員会」より『企業の成長シ...
モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?... 「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。 Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラ...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...
EUのことだからと放ってはおけない、EUの著作権法改正案とは?... EU(欧州連合)は2018年5月25日、「GDPR」という”個人情報に関する法律”を施行したばかりだが、9月12日には、著作権指令に関する修正指令案を可決、承認した。 この内容は最終的には2019年1月の投票により、成立される方向だが、「GDPR」につづき、「著作権」に関しても新たな内容が...
このエントリーをはてなブックマークに追加