« ブログのトップページに戻る

ロシアのEコマースが急成長

   投稿者 : 2016年3月29日 By

イメージ画像

ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしているが、オンラインショッピングの売上高は急速に増加している。

 

ロシア国内ECは毎年、着実に伸びている

昨年度は約1600億件のオンラインで購入されロシアに送られた配達件数が前年度より10%増加している。 Data Insight の分析によると 国内マーケットは16%増加、6500億ルーブルの売り上げ(73億ユーロ)、平均購入価格も増加しており、2014年度の42.2ユーロから45.6ユーロに増加している。
この中でも特に売れているアイテムはスポーツ用品とアウトドアなどのレジャー品、ペット用品、子供の本、服飾、靴、さらに食料品という事である。
前年度に比べて携帯などのデパイス品や家電、化粧品、香水などは前年度と比較し売り上げは減少している。傾向として小さい市や村での要求は高まっているが、まだ、供給が追い付いていない状態で、ロシアの平均を下回っている。
ロシアの東部(Primorie, Sakhalin and Khabarovsk)などの地域でもそうである。成長率は首都のモスクワやセインとサンクトペテルブルクや殆どの大都市で緩やかになっているが、VoronezhfやNovosibirskではまだ急成長している。 

ロシアのEC伸び率グラフ

 

不況の中でもディスカウントサイトでは売り上げ増

ロシアでの経済不況や為替の影響を受けた会社もあったが、Ozonなどの大手企業は着実に成長を遂げており年間30%の増加、500万件の注文(200万アイテム)の売り上げを記録している。ロシアのトップファッションディスカウントサイトKupiVipの売り上げは昨年度の40%増である。
KupiVipが、オンライン消費者の傾向を分析した資料によると、経済不況の影響もあり、83%の消費者はディスカウントの商品を求めており、前年度より1.5倍増加、さらに58%のオンライン消費者は購入した服の半分以上は、割引価格で購入しているという結果が出ている。

ロシアの越境ecマーケット

 

越境ECサイトでの注文が急増

Data Insightの分析によると,越境ECサイトが最もロシアのEコマースマーケットで成長している。2014年では越境サイトでの注文が4700万件、配達件数は7500万件(これはおそらくEbayなどの複数注文で別便発送のため)このロシアの成長は、国内で商品やサービスがない場合の多くが越境サイトを利用するという事だ。

 

中国が越境サイトのメインに

2014年度は中国のサイトの利用が越境サイトでトップで、注文件数も2倍で45%から72%と急成長している。しかし、中国サイトでの購入の実際の取引高は単価が安い事から、ヨーロッパのサイトと比較して低く55%で、ヨーロッパ平均単価と比較して半額である。今後、2-3年件数が増えていけばこれらの数値も変化していくだろう。

 

まとめ

ロシアの国内マーケットの総売り上げが6450億ルーブルに対してその中の2%(850億ルーブル)が越境サイトでの購入、そしてこの越境サイトを含むEコマースの売り上げは毎年42%増加していることは、かなり潜在性の高いマーケットで、現在は、中国からの購入がほとんどであるが、今後はロシアが求める性能の良い日本製品も期待できる。
小さな都市や村には、インフラ整備ができていないのが、難点であるが、ロシア国内の大手配送会社などと提携しサービスを向上すればまずます可能性の高い国である。

 

 

参考サイト: Ecommerce News. About Cross-border, Statistics with tags Russia. 3,178 views https://www.internetretailer.com/commentary/2016/02/08/russian-e-commerce-domestic-sales-slump-chinese-imports-soar

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
海外への販売可能性の判定ができるシミュレーターをリリース... 越境ECに挑戦する全ての企業様へ 当社では本日、越境EC事業における販売可能性の判定を簡単に行えるツールをリリースしました。 https://www.live-commerce.com/simulator/ 海外向けに日本の商品を販売する前に、該当商品が海外で販売可能性があ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。