A/Bテスト – 魔法の***のボタン

ウェブサイトの管理者なら知っているだろう、今日はA/Bテストについてです。

まず、おさらいとしてA/Bテストの定義から。

A/Bテストとは、例えば画像や説明文など複数パターンの素材を用意し、それらを入れ変えたWebサイトやバナー広告などを並列で公開・配信することで、利用者の反応を探る方法。実際のクリック数やコンバージョン率などを基に、対象とする素材などの優劣を決定できる。元々は紙のDMの効果測定のために行われてきたが、最近ではインターネット上でも実施されることが多い。スプリット・ラン・テストとも呼ばれる。
IT proより抜粋

そして、A/Bテストで必ず試しておきたい点はSEO JAPANで詳しく説明されています。

テスト1: 広告内にFREEという言葉を加える
テスト2: 説明動画を作る
テスト3: 登録ボタンを一緒にスクロールする
テスト4: フォームフィールドを削除する
テスト5: 2ページのチェックアウトプロセスを作る
テスト6: スクリーンショットの代わりに製品デモを見せる
テスト7: 無料トライアルVS.返金保証
テスト8: トライアルの長さ
テスト9: 時間ベースの特典
テスト10: 無料オファーに価格を追加する
テスト11: ボタンの色
テスト12: 人々にあなたに話しかけるように言う

 

今日はA/Bテストのうんちくではなく、上のテスト11、ボタンの色について、新しい発見が見つかりました。
特にコマース運営している経営さん、今日は絶対に読んでおいた方がいいでしょう。 – Live Commerce

2007年以来、米WiderFunnelは企業向けウェブサイトのテストしてきました。 何千にも及ぶテスト結果から、何をするとコンバージョン率が最大化するのかを見出してきました。

最近発見したテストの結果の中に、驚くべき魔法の***のボタンを発見しました。

さて、問題です。以下のボタンのうち、何色のボタンにするとコンバージョンレートが454%も上昇するでしょうか?

答えは、次号のメルマガでお伝えします。
メルマガは画面右側のメールマガジン購読より行えます。

関連する記事

モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ