【越境EC】関税トラブルを防止する4つの方法

タイトルイメージ

越境ECでは関税の支払いについて、トラブルが良く発生する。
ショッピージャパン株式会社の越境EC事業者110名に対して行った「越境ECの物流に関する実態調査」によると、越境EC事業者の95.5%が物流に関する課題を感じたとしている。
課題は通関手続きであったり、返品対応であったり様々ある。
越境ECは国内EC事業者が海外購入者に商品を発送し、購入者が自国で商品を受け取ることになるため、そこには関税支払いが生じてくる。
そこで、関税トラブルが発生するのだ。
関税の支払いを海外購入者が理解出来ず、商品の受け取り拒否や返品されたりするなどトラブルとなる。
ここでは、越境ECを構築する際、この関税トラブルを未然に防ぐ4つの方法を解説する。

そもそも関税とは

関税(輸入消費税・立替手数料など含む)とは、海外から商品を購入した際に発生する税金のことである。
関税の目的は、安い海外製品から高い自国の製品を守るためにあり、この関税は越境ECにおいては海外からの購入者(輸入者)に支払いの義務があることを忘れてはならない。 つまり、関税とは海外から商品を購入する際に課せられた税金のことである。
購入者(輸入者)は原則、関税を負担する義務がある。

関税は、国によって制限したい輸入品が異なるため、関税のかかる商品やその税率も国ごとに違っている。
一口に関税は何%とは言えないが、一般的に輸入する商品の金額が高いほど税率も上がる傾向にある。
また、一定の金額までは、免税とするケースも多いため、輸入した商品すべてに関税がかかるというわけではない。
国によって、この関税に対する基準が異なるため、関税トラブルが起こったりするわけだ。

関税トラブルが起こるわけ

海外消費者が越境ECを利用して商品を購入した場合、関税トラブルが起こる要因で最も多いのは、関税の支払い拒否である。
関税トラブルは以下ののステップで起こっている。

  1. 国内越境EC事業者が売れた商品の発送をする
  2. 海外消費者宅に商品が到着する
  3. 商品受け取り時に関税支払いが発生する
  4. 関税支払い拒否などトラブルが発生し、商品受け取り拒否となる

つまり、海外の購入者は関税の支払いを知らかかった。
または、越境ECサイト内でアナウンスされたなかったことに原因があるケースが多い。

関税トラブルを予防する4つのポイント

まず、関税は基本的には海外購入者が支払うべきものであることを押さえておこう。
したがって、予め越境ECでは「いくらの関税が請求されるか」など、関税に関して明記することが重要である。
以下の4つのポイントを整理した。

(1)関税ポリシーを記載する

越境ECサイトに「関税ポリシー」と大きめのフォントで、目立つ色で誰でも確認できるところに記載する。
例えば、

  • 輸入関税、税金および料金は、商品価格または配送料に含まれていません。これらの料金は購入者の責任です。
  • 商品の合計金額によっては関税がかかる可能性があります。
  • 関税費用は購入者の国によって違うので追加費用がどのようになるかは、具体的な金額は、あなたの国の税関に確認してください。
  • これらの関税に関する料金は通常、配送貨物(配送)会社によって収集されるされます。関税はアイテムを選択したときの追加の送料と混同しないでください。

など、関税に関する事業者の「越境EC関税ポリシー」を明記すべきである。

(2)口説いようだが、商品ページにも関税について 明記する

越境ECサイトに「関税ポリシー」を明記することと、さらに商品購入ページにも関税について支払いはどうなるのかを記載すべきである。
関税に対しては、海外購入者が商品受け取り時の支払いになるか、もしくは、商品購入時(チェックアウト)に輸入手数料(関税費用)として事前に支払うかを表記することが重要である。
商品に関わる料金項目としては、以下のものを明記してほしい。

  • 商品代金
  • 海外発送料
  • 輸入手数料(関税・税関手数料)
  • 返品の可否

(3)発送前に改めて関税についてアナウンスする

さらに、商品到着時に海外購入者が関税を支払う場合は、商品の発送前に、改めて関税について伝えるとより効果的である。
関税については、関税のかかる傾向にある高額の商品を優先して、発送前にメールや電話などにより支払いの義務を連絡し、さらにインボイスのコメント欄にも記載する。

(4)Q&Aコーナーを設ける

関税Q&Aを事前に設置しておくことで、海外購入者の疑問を解決することができるだろう。
さらに、詳しい関税料金を知りたい消費者には「関税 自動計算ツール」などのURLを明記するのも良いだろう。

Live Commece関税計算プラグイン

Live Commerceでは、「ZONOSの関税計算APIサービス」を提供している。
ZONOSの関税計算APIサービスとは、越境EC専用の関税計算システムである。
越境EC事業者は商品登録の際に、HSコードを登録することで、ZONOS関税計算APIサービスを利用して、WEBサイトに関税金額を表示することが可能となっている。
関税計算はチェクアウト時に行われ、海外購入者は商品代金と一緒に支払うことができる。

図

詳細はこちら「越境ECサイトの関税率計算 BY ZONOS」で確認。

まとめ

越境EC事業者は関税トラブルで返品などとならないように、関税の支払いについては、商品を買った海外購入者に義務があることをサイト内でしっかりアナウンスことが重要である。

参考:【eBay輸出】関税を支払いたくないバイヤーの対処法は?

関連する記事

越境ECを始める前に知っておくべき基礎知識【アメリカ編】... アメリカは2013年までは、世界第1位のB2C Eコマース市場規模だった。2017年、現在では、急成長の中国に1位の座を奪われたが、市場規模は世界第2位で、前年比の成長率は12.1%の3,603億米ドル(約41兆円)(2016年数値)となっている。 越境EC市場規模でもアメリカは世界第2位...
ユーザーは何を基準に選んでいる? アメリカと中国の違い... 越境ECサイトを構築されるお客様で、見落としがちな点は、海外ユーザーの「集客」である。 お客様の中には、越境ECサイト構築を行う際「集客」をどのように行うかを考えずに、サイト構築を進めるケースがある。 つまり、お客様としては、日本で売れた商品であれば海外でも売れる。良い商品と良い越境EC...
越境ECにメリット EUの新制度「IOSS」とは... EU(欧州連合27カ国)では、2021年7月1日より、非欧州ECに関して適応していた付加価値税(VAT)に関する一連の規則や指令の改正し、新たに輸入ワンストップショップ 「IOSS」を導入、実施した。 「IOSS」に登録すれば、輸入VATが免除されるため、通関はスムーズに短時間で対応するこ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019年12月)... 今年も1年の最後の月、12月に入った。12月は旧暦では師走(しわす)とも呼ばれ、師走は「師が忙しく走り回る時期(僧侶も仏寺で忙しく走り回る)」からきており、一年で一番忙しい時期である。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...

タグ: , ,

コメントをどうぞ