« ブログのトップページに戻る

ディバイス毎のWebブラウザシェア 2016-2月

   投稿者 : 2016年2月5日 By

イメージ画像

ディスクトップにおけるブラウザのシェア争いでは、とうとう、日本でもIEがChromeにブラウザシェアが追い抜かれるという事態になっている。
今回は前回10月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを調べてみた。
掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2016年1月1日~2月1日をグラフ化したものである。

 

1.デスクトップ

 

日本シェア

日本ではデスクトップの国内ブラウザシェアは、前回10月の時点ではIE11.0が34%でトップであったが、今回は27.4%に減少し、Chromeが28.6%とIEを追い抜く形となった。
Chromeは、Chrome for Android、Chrome47.0、Chrome48.0を合計すると約37%のシェアとなり、徐々に日本も世界のデスクトップのブラウザシェアと様相が似てきた。

 

世界シェア

世界的には、Chromeが41.0%、IE11.0が11.1%、Firefox43.0が約10.2%と続き、今回も、Chromeはversion47.0、48.0を合計すると、約46%と他を大きく引き離し独壇場は相変わらずである。

 

2.タブレット

 

日本シェア

日本はipadのSafariが68.5%と少し減少し、その分、Androidが18.23%と上昇した状態となっている。

 

世界シェア

世界の状況もタブレットブラウザにおいては日本ほど極端ではないが、1位がSafariが61%、2位がChromeが17%、3位がAndroidが16%と基本的には変わっていない。

 

3.スマートフォン

 

日本シェア

日本のスマートフォンシェアは相変わらず、iPhone(Safari)が64%と独走状態は相変わらずである。変化はとしてはChromeは19%と上昇し、Android(ブラウザ)が13%と減少しつつある。

 

世界シェア

世界的には、デスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが37.6%とトップ、2位にはUC Browserの18.6%と3位のSafariが18.3%と前回から、順位が入れ替わっている。
UC BrowserブラウザはSafariを追い抜いた形となった。世界的にはAndroidは減少傾向にあるようだ。
2位の「UC Browser」ブラウザアプリは、モバイルに対応した、中国発のアプリである。言語こそ日本語には対応していないが、表示速度が早く、非常に多くの利用環境を想定したアプリとして世界的に定着しつつある。

 

出典
StatCounter Global Stats:http://gs.statcounter.com/

 

まとめ

今回は日本でもとうとう、IEがChromeにシェアを奪われ、デスクトップブラウザではChromeがトップなったところが大きい。タブレットでは日本、世界ともSafariがトップであり、スマートフォンでは日本では、Safariが世界ではChromeといったところに定着しつつある。
ブラウザシェアを確認しておくことは重要である。ブラウザの違いや、バージョンごとに挙動が変わったり、バグが発生したりと大変である。すべてのブラウザ、バージョン毎にデバック処理ができればよいが、そこは優先順位をつけ、行うことになる。そのような時にWEBブラウザのシェアを把握しておくことが必須になってくる。
今後も、各ディバイス毎のブラウザシェアについて、日本と世界と状況を調べ、紹介してゆきたい。

関連する記事

eBay出品ツールの登場 日本語対応 ヤフオクストアとの在庫連携も... eBay に出品できるようになりました eBay 出品ツールを完全日本語対応版をリリースいたしました。 eBayの複雑な管理画面を使わずに、当社が開発したeBay専用画面でeBayに出品できるツールです。ヤフオクとの在庫連動機能を搭載し、Best Offerによる価格交渉時の利益計算ツール...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.September)... 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。 また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッ...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...
ローカル企業のウェブサイトに求められること... スマホ普及率が20代では8割、30代では7割、40代では6割に上る今、インターネット利用のハードルは格段に下がり、“何でもその場で手軽に”検索することが日常の光景になっています。 このような環境において、身近に存在する「ローカル企業」が検索される回数も格段に増加しています。店舗があって地元...
デザイン4原則でラクラクデザイン -その4:コントラスト(強弱)-... デザインの良い、悪いを決める大きな要因であるコントラスト。 コントラストとは強弱、メリハリをつけることで、見る人に印象づけ、面白みをあたえるテクニックである。コントラストには2つの要素が必要である。2つの要素に違いをつけることで、生まれるデザインだ。 2つの要素に違いをつけるにはいろいろ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。