« ブログのトップページに戻る

Eコマースをレベルアップさせるための4つのマーケティング戦略

   投稿者 : 2016年7月4日 By

ウェブサイトで起業したばかりの人がまずしなければならないこと、それは、確実なマーケティング戦略をすることである。誰もが知っている通り、店舗をもたない場合は、看板もなければ通行人が会社の存在を知るわけがない、つまり、ウェブサイトの内容が全て左右し、会社と商品のイメージにつながる。

Eコマースは、小さい規模の企業だけでなく、大企業のAmazon, Ebay, Alibabaなども競合に相当する。だから、小さい規模ほどブランディングを上手く構築することでビジネスに大きな違いがでてくることは確実である。トップ企業は、顧客の心を掴むようなマーケティング戦略をしている事がウェブサイト上でよくわかる。
サイトに自然に訪問してもらい、様々なマーケティングチャンネルを通じて購入しやすい仕組みづくりができているのだ。昨年度は、アメリカではChoxiがソーシャルメディアだけで月の35%の売り上げを記録し、利益は2倍に。この会社は、サーチエンジンとメールマガジンを月に平均67件送信している。

要するにマーケティング戦略がいかに重要なビジネスの成功ポイントがが分かる。そこで、ウェブ広告、マーケティング、ブランディングの観点からマーケティング戦略のレベルアップ基本項目4つをまとめてみた。

 

1. Facebookの広告で最初は試してみる 

ROI(投資利益率)が152%と言われているFacebook広告は今や最も強力なEコマースのプラットフォームになりつつある。ヘアアクセサリーから宝飾品まで様々なものが販売され、アメリカでは広告費の700パーセントのリターンがあるとの分析結果が出ている。

特にFacebookマーケティングのコツは、広く浅い範囲く宣伝すること、例えばスポーツ用品を販売する場合、地元のマラソンランナーだけをターゲットにするのではなく、もしかして、意外なところに顧客を発掘できるかもしれないのだ。

広告費を節約したい場合は、メッセージに、「限定品」「今だけお値打ち」「ラストチャンス」などの言葉を入れてみるのも良い。とにかく何度も試してみて反応を見て次の行動に移すのが良い。

 

2. 影響力のある人を使う

イメージ

セレブリティーを使ったマーケティングは広告と比べて2倍効果があるらしい。やはり広告よりも実際、消費者の声は最も人々の心を惹きつけるもの。しかし、これも、間違った情報やイメージを引き起こすこともあるので注意も必要。トップセレブでなくとも、商品のイメージにあう有名人を起用するとウェブサイトのブランド構築の強力なツールになる。必ず、正しいイメージを確立することが大切である。

 

3. メールマガジン

44%の顧客はメールマガジンからの購入を経験しているということである。

メールマガジンをスタートしたら、まず、月に4件のメールからスタートしてみる。その内容は、まず、なぜ消費者はなぜ自分の商品が売れるのか4つの理由をまとめておき、1つずつメールで送信する。

その後は、なぜこの商品が選ばれたのか、ショッピングカードに残っている商品数、様々な消費者の買い物傾向を分析して面白おかしくストーリーにまとめてみるのも良い。

 

4. リターゲティング広告

まず、リターゲティング広告とは何を意味しているのか? リターゲティング広告は、インターネット広告の配信方式のうち、広告主のWebサイトを訪問したことがあるユーザーの行動を追跡し、他サイトの広告枠上で同じ広告主の広告を表示させることで、再度の訪問を促す方式のことである。

Seventy percent 分析によると、オンラインショッピングする消費者の70%はリターゲティング広告から買い物をする確率が高いという結果が出ている。このツールは非常に有効であることが分かる。

さらにブランディングに着目すると、ユニークなセグメンテーションを広告ツールとして利用してみる。例えば、ある消費者があなたのサイトの特定の商品のページを一定の時間、訪問した履歴があるとすると、別のページを見ている間、その商品のバーケン情報がポップアップするように自動的に設定される。

 

まとめ

Eコマースの時代、オンラインショッピング人口も急速に増加している今、ウェブサイト広告戦略の旋風で経営者にとっては厳しい時代であるが、今後の傾向を察知して正しいマーケティング戦略をすることが成功のカギとなるだろう。

参考サイト:Take Ecommerce to the Next Level With These 4 Marketing Strategies

関連する記事

2015年に向けて押さえておきたい、これからのローカルサーチ... スマートフォンが普及し、いつでもどこでもインターネットがつながる環境も整い、「わからないことがあったら、とりあえずネットで調べる!」という行動は日常的なものになっています。 こうした流れはネットユーザーが近隣地域の情報を検索する、いわゆるローカルサーチにも及んでいて、身近にあるお店の情報をネ...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。