« ブログのトップページに戻る

モバイルECサイトにレスポンシブデザインは必要ない!

   投稿者 : 2015年2月10日 By

イメージ写真

レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルで、パソコンとスマートフォン、タブレットなどそれぞれのディバイスに適したページを表示できるのが特長だ。
最近ではますます、このレスポンシブデザインでサイトをリニューアルしたいというユーザーが増えている。
ECサイトにもこの傾向が増えてきているようだが、今回は「ECサイトにレスポンシブデザインは必要ない」と題して、なぜ、ECサイトにレスポンシブデザインが不向きなのか、当社の見解を示したい。
レスポンシブデザインはGoogleも推奨する優れた手法だが、ECサイトに採用するには5つのデメリットがあることを知る必要がある。以下にその内容をまとめてみた。

1.悪いWebパフォーマンス性

レスポンシブデザインはまだ新しい技術であり、新たな発展と改善が絶えず行われているにもかかわらず、ほとんどのECサイトでは、完全に機能していない。
大きなファイルや画像は、パフォーマンスの低下させ、オンライン消費者の行動に大きな影響を与える、これは悪いユーザーエクスペリエンス(UX)である。
フォレスター・コンサルティングが実施した調査では、回答者の64%が、この悪いユーザーエクスペリエンスのため、他のショップで購入していると報告している。

2.スローロード時間

モバイル端末は回線速度が遅いため、スマートフォンユーザーは大幅にロード時間を強いられることになる。パソコンユーザー向けの重いデータをロードするため、どうしても表示までに時間がかかることになる。
これは、Eコマースにとって有害な事実である。Gomez and Akamaiの研究では、ソースをロードするために3秒以上かかる場合、40%がウェブサイトから離れると結論づけた。

3.高いショッピングカート放棄率

ユーザーエクスペリエンスを悪くしている事実として、高いショッピングカートの放棄率がある。
ショッピングカート放棄率とは、商品をショップカートに入れたにもかかわらず、商品購入までに至らないケースだ。このカート放棄率がモバイル端末だと高くなるということだ。
Harris Interactiveが実施した最近の研究によると、モバイル消費者の半数近く(47%)がチェックアウトプロセスまでが長すぎるので、彼らが購入を完了しなかったと述べた。
これは明らかにパソコンユーザーとモバイルユーザーで別々の最適化されたデザインを提供することに比べ、レスポンシブデザインがパソコンユーザーとモバイルユーザーに同じエクスペリエンスが提供されていないという事実である。

4.低いコンバージョン率

カート放棄率が高くなるということは、低いコンバージョン率(成約率)を意味する。
より高いコンバージョン率を確保するための唯一の方法は、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することである。
Econsultancyは、モバイルディバイスごとにウェブサイトを設計した場合、企業の62%が売上げを伸ばしたと結論付けた。

5.手ごろな価格でWeb開発ができない

サイト全体を再設計する必要があるため、優れたレスポンシブデザインのWebサイトの開発には時間と制作工数がかかる。また、レスポンシブデザインではデザインの制約が多く、デバイスに合わせた訴求性が出せない。
モバイル別に最適化されたウェブサイトの開発であれば、レスポンシブデザインのWebサイトと比較して、より手ごろな価格で開発できるのである。

 

どうやら、レスポンシブデザインには、このようなデメリットがあるようだ。
上記にあげた5つの内容はESサイトにレスポンシブデザインを採用する際に考慮されることが望まれる。
レスポンシブデザインはSEOに強いなど長所はある。だが、ECサイトでレスポンシブデザインを採用するということは、パソコン、スマートフォン、タブレットとモバイル別に違うパフォーマンスになることを前提として考える必要がある。
パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも“最高のパフォーマンス”を提供することが、これからの、求められるユーザーエクスペリエンスである。

参考:

http://room214.com/mobile/5-reasons-why-responsive-web-design-sucks-for-ecommerce-businesses

関連する記事

Search engine marketing, Search engine optimazatio... Won't you help me to popularize Japanese products around the world? I have a dream. That dream is to promote Japan throughout the world. I want t...
押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
ヨーロッパの意外な売れ筋商品 Ebay UK で実施される最新トレンドレポートが発表された。 そこで、現在、イギリス、ヨーロッパで最も売れている商品は何かをまとめてみた。価格を問わず、意外な商品が人気のようだ。   1.ボート漕ぎ 筋トレマシン オリンピックの影響からか、この商品が現在のEbayでのトップ商品...
3C分析で自社WEBサイトを強化するには 3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。 今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。   ●そもそも3C分析とは...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その2... 前回は、新しくEコマースサイトを立ち上げる際には、人気ブロガーなど自社商品の購買層に影響を与える「インフルエンサー」を探して、トラフィックの増加につなげよう、とお伝えしました。今回は、そのコンセプトにしたがって、さらに細かくソーシャルネットワークを利用する方法をお伝えします。 ソーシャルネ...
越境EC オーストラリアのポテンシャルは?... アメリカ、トランプ新大統領の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱宣言に対し、オーストラリア、マルコム・タンブル首相は「わが国はアメリカ抜きでもTPPを推進する。中国の参加を呼びかける。」などと語っている。 日本は、アメリカ抜きでもTPPを推進するのかが、注目されるところだが、今回はこの...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。