« ブログのトップページに戻る

モバイルECサイトにレスポンシブデザインは必要ない!

   投稿者 : 2015年2月10日 By

イメージ写真

レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルで、パソコンとスマートフォン、タブレットなどそれぞれのディバイスに適したページを表示できるのが特長だ。
最近ではますます、このレスポンシブデザインでサイトをリニューアルしたいというユーザーが増えている。
ECサイトにもこの傾向が増えてきているようだが、今回は「ECサイトにレスポンシブデザインは必要ない」と題して、なぜ、ECサイトにレスポンシブデザインが不向きなのか、当社の見解を示したい。
レスポンシブデザインはGoogleも推奨する優れた手法だが、ECサイトに採用するには5つのデメリットがあることを知る必要がある。以下にその内容をまとめてみた。

1.悪いWebパフォーマンス性

レスポンシブデザインはまだ新しい技術であり、新たな発展と改善が絶えず行われているにもかかわらず、ほとんどのECサイトでは、完全に機能していない。
大きなファイルや画像は、パフォーマンスの低下させ、オンライン消費者の行動に大きな影響を与える、これは悪いユーザーエクスペリエンス(UX)である。
フォレスター・コンサルティングが実施した調査では、回答者の64%が、この悪いユーザーエクスペリエンスのため、他のショップで購入していると報告している。

2.スローロード時間

モバイル端末は回線速度が遅いため、スマートフォンユーザーは大幅にロード時間を強いられることになる。パソコンユーザー向けの重いデータをロードするため、どうしても表示までに時間がかかることになる。
これは、Eコマースにとって有害な事実である。Gomez and Akamaiの研究では、ソースをロードするために3秒以上かかる場合、40%がウェブサイトから離れると結論づけた。

3.高いショッピングカート放棄率

ユーザーエクスペリエンスを悪くしている事実として、高いショッピングカートの放棄率がある。
ショッピングカート放棄率とは、商品をショップカートに入れたにもかかわらず、商品購入までに至らないケースだ。このカート放棄率がモバイル端末だと高くなるということだ。
Harris Interactiveが実施した最近の研究によると、モバイル消費者の半数近く(47%)がチェックアウトプロセスまでが長すぎるので、彼らが購入を完了しなかったと述べた。
これは明らかにパソコンユーザーとモバイルユーザーで別々の最適化されたデザインを提供することに比べ、レスポンシブデザインがパソコンユーザーとモバイルユーザーに同じエクスペリエンスが提供されていないという事実である。

4.低いコンバージョン率

カート放棄率が高くなるということは、低いコンバージョン率(成約率)を意味する。
より高いコンバージョン率を確保するための唯一の方法は、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することである。
Econsultancyは、モバイルディバイスごとにウェブサイトを設計した場合、企業の62%が売上げを伸ばしたと結論付けた。

5.手ごろな価格でWeb開発ができない

サイト全体を再設計する必要があるため、優れたレスポンシブデザインのWebサイトの開発には時間と制作工数がかかる。また、レスポンシブデザインではデザインの制約が多く、デバイスに合わせた訴求性が出せない。
モバイル別に最適化されたウェブサイトの開発であれば、レスポンシブデザインのWebサイトと比較して、より手ごろな価格で開発できるのである。

 

どうやら、レスポンシブデザインには、このようなデメリットがあるようだ。
上記にあげた5つの内容はESサイトにレスポンシブデザインを採用する際に考慮されることが望まれる。
レスポンシブデザインはSEOに強いなど長所はある。だが、ECサイトでレスポンシブデザインを採用するということは、パソコン、スマートフォン、タブレットとモバイル別に違うパフォーマンスになることを前提として考える必要がある。
パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも“最高のパフォーマンス”を提供することが、これからの、求められるユーザーエクスペリエンスである。

参考:

http://room214.com/mobile/5-reasons-why-responsive-web-design-sucks-for-ecommerce-businesses

関連する記事

2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...
色がもつイメージ:最も光を反射する色=黄色効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もが知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのはその色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。 色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...
Eコマースに利用できるチャットボットって何?... 最近、特にEコマースではチャットボットによるサービスを提供しようという試みが増えている。EC業界では通販サイト「ロハコ」に導入された顧客サポートチャットボット”マナミさん”が有名だ。 また、Appleが提供するiphoneにもある呼びかけ質問に答えてくれたり、会話を楽しむAI機能の一つが、...
中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能... 世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。 ...
保護中: 中国Eコマース最新情報 Macyが中国ECを一時中断した理由とは?... Macy'sをご存知でしょうか? アメリカではとても有名な小売店でオンラインストアでも世界中のユーザーに支持されているサイトです。そのMacyですが、中国大陸にもマーケットを拡大しているようですが、結果的にはこのマーケットではうまくいっていないようです。やはり中国市場での越境ECは難しい...
越境ECのドメイン 7つの基本ルール 越境ECをはじめるときに重要なポイントなるのが、どのようなドメインが良いか?ということだ。ドメインは希望したものが取得できないケースもあるので、早めに行うのが賢明だ。 越境ECの場合、ドメインは国、地域ごとに分けたほうがいいのか?また、言語ごとのURLをどう設定するか?など、取得する前に迷...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。