« ブログのトップページに戻る

おさえておきたい! WEBサイトリニューアルのポイント8つ

   投稿者 : 2016年4月20日 By

イメージ画像

WEBサイトを運営していると、いろいろなところの問題点が明らかになり、その都度、変更、修復することとなる。WEBサイトはサイトの変更や修復など、その都度、調整できるところが良いところでもあるが、10年もの月日が経つと、デザインの問題であったり、情報が増えすぎ、整理ができなくなったり、そして、ますます、いろいろな箇所に弊害が出てくようになると、大幅なWEBサイトリニューアルの検討をする必要があるだろう。
今回は、このWEBサイトのリニューアルする際におさえておきたいにポイント8つを見ていこう。

 

1.目的と目標を再設定する

WEBサイトのリニューアルを行う際に、もっとも重要なのは「なぜ、リニューアルするのか?」その目的と目標を明確にして明文化することである。
サイトリニューアルの目的と目標を決定は「何のために」「どのような状態にする」を明らかにすることであり、これらの内容が曖昧のまま、複数の人がリニューアルに携わると、バラバラなデザインのものに仕上がったり、違う方向性のものになってしまいかねない。
「今回のサイトリニューアルは何のために行うのか?」の目的と「リニューアル後はどのような状態にし、問題を解決するのか?」の目標を明確化、明文化することが重要である。

 

2.問題点をあらいだす

イメージ写真

目標が明確になったら、次にその目標に対して、現状で目標に達していないのは「何が問題となっているからなのか?」をあらいだす必要がある。サイトのネガティブ要素の抽出である。
例えば、アクセス数が少ない。検索機能、登録機能が古く、機能していない。コンバージョン率が伸びていない。使い勝手が悪い。サイトの作りが古くイメージが良くないなど。
現状サイトの問題点をあらいだしたら、その後、対策を施していくが、設定した目標値に対して何をどの程度改善するかをここでしっかり明文化し要件定義する。

 

3.競合を他者を調査する

デザインやコンテンツの差別化のためには、競合他者のリサーチも重要なポイントである。競合、他のWebサイトを閲覧し、どのような見せ方をしているか?そして我が社ではどのような差別化を図るか、できるかを検討する。

 

4.ターゲットの再確認

問題点をあらいだしの際、同時に現状の分析も同時に行う。現状分析ではターゲット層を詳細に設定することが重要である。接続先のドメインをみれば、企業からのアクセスなのか、個人からなのか、BtoBかBtoCなのかを把握することができる。
BtoBの場合は、大企業なのか中小企業なのか、どの立場の担当者なのかなど解析できると良い。BtoCの場合は、アクセスが集中している時間帯などから、ターゲッ層が見えてくる。平日の昼間アクセス数が多いのか、夜中に多いのかでターゲットを絞り込むことができる。

 

5.ターゲットが求めるコンテンツを作る

ターゲット層設定の後は、ターゲットの求める情報をリサーチし、ターゲットに合わせたコンテンツの見直しが必要だ。また、検索上位表示(SEO対策)のために、ターゲットに合わせた効果的なキーワードを選定し、配置する。さらに、ターゲットのページ遷移、動線の解析によりその遷移に沿った最短の動線でコンテンツツリーを計画する。

 

6.集客方法を具体化する

サイトリニューアルでは集客率アップが使命とも言える。集客率アップ、売上アップ、会員登録数アップ、コンバージョン率アップとつながる。具体的にはSEOを意識したブログ記事コンテンツの用意やSNSの活用、リスティング広告などサイトの目的、目標に基づき最適な施策を行う。

 

7.ディバイス対応を検討する

ディバイスの対応方法は早期に決めておく必要がある。どのディバイス(PC、スマホ、タブレットなど)に対応したリニューアルサイトにするのか、さらにレスポンスシブデザインを採用するのか。または各ディバイスに対応したドメインを設定するのか?など、メリット、デメリットをよく検討し、早期の段階で決定することが肝要だ。なぜなら、その対応方法によってはリニューアルコストや運営コストが大きく異なってくるからである。

 

8.最新のデザインでユーザービリティを向上

デザインで大切なことは、リニューアルして使い勝手が悪くなった、以前の方が良かったという結果にだけにはしたくない。「使いやすさとは何か」を、もう一度しっかりとおさえる必要がある。
ユーザーをしっかり狙い通りに誘導すること。さらに、文章は読みやすいか?情報量は適切か?ボタンは押しやすいか?ボタンを押すことでどうなるか予想できるか?迷ったら戻ることができるか?などユーザーの立場に立ってもう一度、再検討すべきである。
また、デザインテイストも重要だ。トーン&マナーをしっかり設定し、最先端の魅せ方、動きを盛り込むことで企業の感性を訴求することができる。WEBサイトデザインはユーザー・ターゲットがどのように感じるかが全てである。見込み客がサイトを見たとき、使ったときどう感じるのかを意識し、デザインを最適化していただきたい。

 

まとめ

サイトリニューアルには他にもセキュリティに関することやリニューアル後の運営に関することなど、今回の内容以外にもたくさんのポイントはあるだろう。その中でも重要な部分はリニューアルではサイトの目的と目標、ゴールを決めるところがもっとも重要である。
そしてリニューアルする部分を要件定義として明文化し、デザインサンプルを作り、仕様を細かく決め、プロトタイプを試作しながら、リニューアルを進めていっていただきたい。

関連する記事

懇親会・Live Commerce交流会 開催について... 2月19日・東京渋谷で開催されるLive Commerceの次回のセミナーですが、セミナー終了後、同ヒカリエ内にて懇親会を開催します! 参加のメリット セミナーでは聞きづらかったことや、目的意識を共有できる参加者様同士の交流、またセミナーではお話しできなかった裏話など、参会者の皆さまと交流...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−2月... 前回2016年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、Microsoft Edgeのシェアは普及し、どこまで伸びたのだろうか? 今回も各ブラウザ毎に日本と世界で見ていこう。 ※掲載に使用したデータは「Stat...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。