« ブログのトップページに戻る

マレーシアのネット通販 2021年までに利用者数2000万人へ

   投稿者 : 2017年6月13日 By

この記事ではマレーシアのネット通販事情について見ていきましょう。

経済

マレーシアの人口は約3000万人、GDPは2,960億ドルである。1人当たりGDPは10,757ドルで、2021年には15,492ドルに達すると予想されている。2015年から2021年にかけて8.4%以上の高いCAGRを示すと予測されている。

ネット通販を利用するユーザーは1500万人、2021年までには さらに500万人へ増加し2,000万人に達する。インターネットユーザーは人口の77%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は74ドルで2021年までに129ドルへ増加する見込みである。

マレーシアのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ 

毎日インターネット利用を年齢層別に分類すると25歳未満が93%、25〜34歳が88%、35〜44歳が90%、45〜54歳が87%利用している。

以外にも高齢世代は頻繁にログインし、55歳以上の人は毎日のインターネット利用率は69%である。

 

マレーシアのインターネット利用者の年齢

ネット通販売上高は11億ドルで、2021年に26億ドルに達すると予測されている。現在主要な製品カテゴリーは電気製品とメディアであり、4億2,500万ドルの市場シェアを占めている。 家具および家電製品は2番目に多く、2億9,500万ドルを占めている。

2021年までに、家具・家電製品は11億ドルへ成長が見込まれる。 電気製品・メディアも6億1,100万ドルに成長が見込まれている。

マレーシアのネット通販で買われる商品カテゴリ

配送

2016年にまとめた世界銀行 物流ランキングによれば、マレーシアの物流は32位にランクされている。 マレーシアの人口の75%は都市部に住んでいる。

決済

マレーシアのオンライン消費顧客のうち、クレジットカードでの支払はわずか11%である。他の決済手段はモバイル決済が35%、プリペイドカード決済が45%、eWallet決済が6%を占めている。

 

マレーシアのネット通販で使われる決済方法

仕入元

中国が360億ドル、その他の輸入相手国は、シンガポール220億ドル、米国130億ドル、日本126億ドル、タイ106億ドル となっている。

マレーシアのネット通販事業者の商品仕入れ元

インターネット普及率

Internet penetration によればマレーシアのオンライン消費顧客の20%がモバイル端末からで買い物をしている。 72%はデスクトップ経由で購入し、最近6%はネット通販を行うためにタブレットを使用している。1%は他のインタネット手段を使われている。

マレーシアのインターネット接続端末状況

マーケティング

マーケティングの消費額は近年増加しており、すべての広告メディア媒体で増加している。
テレビ市場は15億ドルで最も大きく、次いで新聞媒体は14億ドルに達している。ラジオは3番目に高い市場で1億4,200万ドル、4位に高いインターネット広告市場はは6,900万ドルとなっている。

 

マレーシアの消費者が利用する広告手段

ソーシャルメディア

マレーシアのソーシャルメディアの普及率は2017年には43%で、2021年には50%を上回ると予測されている。Facebook、Whatsapp、GooglePlus、Instagram、WeChatが主要なソーシャルネットワークである。

マレーシアのソーシャルメディア利用状況

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦... 日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。 ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米A...
EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
時代は変わる 5G時代のEコマースの未来... 先週9月13日より、米アップルは新型「iphone11」の予約を開始した。新型iphoneはトリプルカメラの新機能など紹介されていたが、今回残念だったのは、第5世代(5G)の対応を見送ったことだ。アメリカではすでに5Gインフラが本格化している中での見送りだっただけに、中国に先を越された感が否...
2018年 国内EC市場,越境EC市場 成長は鈍化傾向... 5月16日、経済産業省は「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態、及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について、その内容を公表した。 「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」の...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加