« ブログのトップページに戻る

‘Youtube’ タグのついている投稿

2019年 主なGoogleのアップデート

2020年2月26日 水曜日

タイトルイメージ画像

前回はAmazonを取り上げたので、今回はGoogleを取り上げたい。Googleは何で収益を上げているのだろう。
Googleの親会社であるAlphabetは、売上の多くを広告に頼っているようだ。YouTubeを含むさまざまなコンテンツの広告売上高は、全体の80%以上に及んでいる。Googleの主な収益はGoogleオンライン広告、YouTube広告などだ。
2020年2月3日、Googleの親会社Alphabetは、YouTubeの広告売上と2019年通年の売上を発表した。Googleの2019年総売上高は1,620億ドル(約17兆9,57億円)近くで、Googleの広告売上は1,348億ドル(約14兆9,413億円)、YouTube広告は150億ドル(約1兆6,626億円)と公表された。
そして、売上の80%以上占めているGoogle広告は、昨年も多くのアップデートが行なわれた。例えば、スマート自動入札などは何度もアップデートが行われた。今回はGoogleのGoogle広告やGoogle検索アルゴリズム、YouTubeサイトの2019年の主要なアップデート内容を見ていこう。

(さらに…)

 

ユーザーの高い利用率 「YouTube」の強み

2020年1月29日 水曜日

タイトルイメージ画像

昨年12月19日、ニールセン デジタル株式会社はスマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2019年の日本国内のトータルデジタルとスマートフォンのインターネットサービスの利用ランキング、「Tops of 2019: Digital in Japan」を発表した。
この内容を見ると、トータルデジタル(PC、スマートフォンなどのディバイス)で利用するWEBサービスでは、トップが「Google」、次に「Yahoo Japan」、「YouTube」の順となっている。
スマホアプリ利用では、1位は昨年に続き「LINE」、2位には「YouTube」等がランクインしている。さらに、スマートフォンアプリの利用時間では、トップが「LINE」、2位が「YouTube」、3位に「Google Map」となっている。そして、この上位3位内全てにランクインしているが「YouTube」であった。
近年、「YouTube」は利用者が増加しており、YouTube広告もサイト誘導率が高いという調査結果もある。
今回は、このニールセンの「Tops of 2019: Digital in Japan」の内容を紹介しつつ、「YouTube」利用のメリットなど見ていこう。

(さらに…)

 

YouTube動画マーケティングで売り上げを伸ばす!

2016年10月25日 火曜日

イメージ画像

ネットを使って見込み客を集客(マーケティング)するには、インターネット動画を活用するのが効果的だ。もし、ECサイトなどで、集客が伸び悩んでいる場合、ECの商品の動画をインターネット動画の中でもYouTubeに動画をアップロードし、自社サイトにもYouTube動画を貼ることをお勧めする。今回はこの今、最も注目されているYouTube動画の魅力について見ていこう。 (さらに…)

 

Discovery Japanの紹介をYoutuberにやっていただきました

2016年3月22日 火曜日

Discovery Japanのウェブサイト紹介をYoutuberにしていただきました。商品のレビューもだいたいこんな感じになるのではないかと思います。

Discovery Japan紹介ビデオ (さらに…)

 

新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1

2014年6月29日 日曜日

新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 (さらに…)