« ブログのトップページに戻る

新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1

   投稿者 : 2014年6月29日 By

新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。

ユーザーへのアクセスを増やそう

トラフィックを増やすには、販売している商品に興味を持っているユーザーへのアクセスをたくさん確保したいものです。まず今回は、その基本的なコンセプト、実行に移す方法をご紹介します。

1. ブログや動画サイトで人気サイトを探す

仮に、販売を開始する商品がヘアアクセサリーである場合、ヘアアクセサリーに興味を持つユーザーの消費行動に影響を与える「インフルエンサー」はどんな人でしょうか?まずは、髪のおしゃれに関心があるユーザーが参考にしていそうなブログを探してみましょう。

例えば、Amebaブログの「ヘアアレンジ」ジャンルで、人気の高いブログを検索してみます。美容関係の仕事をしている個人の方、ヘアサロン、ヘアアクセサリーを販売している方など、さまざまな形でヘアアレンジに関わっている人のブログを見つけることができます。
 
Ameba人気ブログランキング:ヘアアレンジ

また、動画サイトYoutubeでも同様に、「ヘアアレンジ」で動画を検索してみます。こちらもヘアサロンを中心に、ヘアアレンジについての情報を発信する人気サイトを見つけることができます。
 
Youtube検索結果:ヘアアレンジ

ちなみに海外では、InstagramがEコマースサイトを運営するにあたり、非常に効果的なため、Instagram専用の検索サイトを利用して、インフルエンサーを探すという手法も取られています。(こちらについては次回に詳しくご紹介します。)

このようにして人気サイトを見つけたら、サイトの性質を詳しく比較検討します。商品を紹介してもらいたい、使ってもらいたい、と思うようなサイトがあれば、連絡を取ってサンプルを送りお願いしてみる、など具体的な行動に移ることができます。

採用されて、Eコマースサイトへの被リンクを貼ってもらえたりすると、トラフィックが増えるだけでなく、すでにユーザーから好印象を持たれている場合も多いので売上にもつながりやすくなります。

2. 人気サイトについてブログで書いてみる

営業に自信が持てない、飛び込みでの売り込みは怪しまれるのではないか、など人気サイトへの働きかけに躊躇してしまうなら、別のアプローチもあります。

例えば、「チェックするべきヘアアレンジサイト10選」「Pinterestでのおすすめヘアスタイル画像」などといったタイトルで、人気サイトについて紹介するブログを書きます。そのうえで、ブログで紹介したサイトの著者に、「今回自社ブログで(貴社のブログ/Facebookページ/Pinterestページetc…)を紹介させていただきましたので、よろしければ被リンクをお願いします。」といったメッセージを送れば、よい反応が返ってくる可能性もあります。

ブログ記事を先に書くことで、人気サイト側に誠意を示し信頼を得られやすくなるため、自然な形でリンクを張ってもらえたり、その後の商品紹介などにもつなげられる可能性が広がります。

鍵はユーザーへのチャンネルを増やすこと

以上、今回はユーザーの消費行動に大きな影響を与える「インフルエンサー」を探し、ユーザーへのアクセス手段を増やすことが大切だという視点から、基本手順をご紹介しました。次回はより細かく、ソーシャルネットワークを利用する方法をお伝えします。

・6 Practical and Proven ways to drive Traffic to your New Online Store
http://www.shopify.com/blog/13869029-6-practical-and-proven-ways-to-drive-traffic-to-your-new-online-store

関連する記事

顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
カゴ落ち対策を行っていますか? お店に買い物に行って、料理などのいろいろな食材をカゴに入れ、レジ並んでる間に気が変わって食材を棚に戻すことがある。ECサイトの場合は「カートに入れる」までは完了したが、決済や配送のステップで気が変わり、別のサイトに移ってしまう。 このようにカートに商品を入れたにもかかわらず、途中でページから...
今、ECサイトに効果的な「カード型デザイン」がトレンド... Webデザインは時代ごとに変化してきている。今やWebデザインはパソコンやタブレット、スマホなどたくさんのディバイスに対応するため、従来のサイドバーを活用したWebデザインよりシングルカラムのデザインが主流になりつつある。そして、2015年は特にレスポンシブに対応した「カード型デザイン」が注目さ...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
お客様はここで離脱してるかもしれない:クレジットカード入力を最適化する8項目... ECサイトでは通常、お客様情報を入力した後に、決済(支払い)方法に遷移する。 その時、クレジットカード決済を選択した場合には、お客様は、カード番号や有効期限などのカード情報を入力する必要がある。説明が不十分なために、ここで離脱する割合が多い。 今回は、クレジットカード情報の入力内容で気を...
これはやってはいけない! ECサイトデザイン... Web技術は日々進化してる。それを支えているのはブラウザである。 現在はブラウザシェアで最大ユーザーを誇っていた、Internet Explorerは過去のものとなり、国内、海外でのシェアナンバーワンはGoogle Chromeである。Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされ、アップ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加