新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1

新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。

ユーザーへのアクセスを増やそう

トラフィックを増やすには、販売している商品に興味を持っているユーザーへのアクセスをたくさん確保したいものです。まず今回は、その基本的なコンセプト、実行に移す方法をご紹介します。

1. ブログや動画サイトで人気サイトを探す

仮に、販売を開始する商品がヘアアクセサリーである場合、ヘアアクセサリーに興味を持つユーザーの消費行動に影響を与える「インフルエンサー」はどんな人でしょうか?まずは、髪のおしゃれに関心があるユーザーが参考にしていそうなブログを探してみましょう。

例えば、Amebaブログの「ヘアアレンジ」ジャンルで、人気の高いブログを検索してみます。美容関係の仕事をしている個人の方、ヘアサロン、ヘアアクセサリーを販売している方など、さまざまな形でヘアアレンジに関わっている人のブログを見つけることができます。
 
Ameba人気ブログランキング:ヘアアレンジ

また、動画サイトYoutubeでも同様に、「ヘアアレンジ」で動画を検索してみます。こちらもヘアサロンを中心に、ヘアアレンジについての情報を発信する人気サイトを見つけることができます。
 
Youtube検索結果:ヘアアレンジ

ちなみに海外では、InstagramがEコマースサイトを運営するにあたり、非常に効果的なため、Instagram専用の検索サイトを利用して、インフルエンサーを探すという手法も取られています。(こちらについては次回に詳しくご紹介します。)

このようにして人気サイトを見つけたら、サイトの性質を詳しく比較検討します。商品を紹介してもらいたい、使ってもらいたい、と思うようなサイトがあれば、連絡を取ってサンプルを送りお願いしてみる、など具体的な行動に移ることができます。

採用されて、Eコマースサイトへの被リンクを貼ってもらえたりすると、トラフィックが増えるだけでなく、すでにユーザーから好印象を持たれている場合も多いので売上にもつながりやすくなります。

2. 人気サイトについてブログで書いてみる

営業に自信が持てない、飛び込みでの売り込みは怪しまれるのではないか、など人気サイトへの働きかけに躊躇してしまうなら、別のアプローチもあります。

例えば、「チェックするべきヘアアレンジサイト10選」「Pinterestでのおすすめヘアスタイル画像」などといったタイトルで、人気サイトについて紹介するブログを書きます。そのうえで、ブログで紹介したサイトの著者に、「今回自社ブログで(貴社のブログ/Facebookページ/Pinterestページetc…)を紹介させていただきましたので、よろしければ被リンクをお願いします。」といったメッセージを送れば、よい反応が返ってくる可能性もあります。

ブログ記事を先に書くことで、人気サイト側に誠意を示し信頼を得られやすくなるため、自然な形でリンクを張ってもらえたり、その後の商品紹介などにもつなげられる可能性が広がります。

鍵はユーザーへのチャンネルを増やすこと

以上、今回はユーザーの消費行動に大きな影響を与える「インフルエンサー」を探し、ユーザーへのアクセス手段を増やすことが大切だという視点から、基本手順をご紹介しました。次回はより細かく、ソーシャルネットワークを利用する方法をお伝えします。

・6 Practical and Proven ways to drive Traffic to your New Online Store
http://www.shopify.com/blog/13869029-6-practical-and-proven-ways-to-drive-traffic-to-your-new-online-store

関連する記事

越境EC “言語”のハードルを超えるには... 越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。 日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザー...
YouTube動画マーケティングで売り上げを伸ばす!... ネットを使って見込み客を集客(マーケティング)するには、インターネット動画を活用するのが効果的だ。もし、ECサイトなどで、集客が伸び悩んでいる場合、ECの商品の動画をインターネット動画の中でもYouTubeに動画をアップロードし、自社サイトにもYouTube動画を貼ることをお勧めする。今回はこの...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
ECサイトのユーザビリティ10の心得 ECサイトのユーザビリティは週単位、月単位で見直してみる必要がある。かっこいいビジュアルデザイン、おしゃれなデザイン、それも大事ではあるが、ECサイトでは一番ベースになくてはならないのはユーザビリティである。 "デザインとは機能である"と言ったのはスティーブ・ジョブスだが...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
顧客を逃さない為のECサイトチェックポイント... ECサイトの目的は成約率をあげ、売上げを伸ばすことである。でも、サイトのどこをどうすれば良いのかわかない。ECサイトは構造が複雑でどこに問題点があるのか分かりにくいも事実である。 だた、押さえるところをしっかり押さえられていれば、売上げは伸びていくものと思われる。 今回は少しでも売上げア...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ