新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1

新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。

ユーザーへのアクセスを増やそう

トラフィックを増やすには、販売している商品に興味を持っているユーザーへのアクセスをたくさん確保したいものです。まず今回は、その基本的なコンセプト、実行に移す方法をご紹介します。

1. ブログや動画サイトで人気サイトを探す

仮に、販売を開始する商品がヘアアクセサリーである場合、ヘアアクセサリーに興味を持つユーザーの消費行動に影響を与える「インフルエンサー」はどんな人でしょうか?まずは、髪のおしゃれに関心があるユーザーが参考にしていそうなブログを探してみましょう。

例えば、Amebaブログの「ヘアアレンジ」ジャンルで、人気の高いブログを検索してみます。美容関係の仕事をしている個人の方、ヘアサロン、ヘアアクセサリーを販売している方など、さまざまな形でヘアアレンジに関わっている人のブログを見つけることができます。
 
Ameba人気ブログランキング:ヘアアレンジ

また、動画サイトYoutubeでも同様に、「ヘアアレンジ」で動画を検索してみます。こちらもヘアサロンを中心に、ヘアアレンジについての情報を発信する人気サイトを見つけることができます。
 
Youtube検索結果:ヘアアレンジ

ちなみに海外では、InstagramがEコマースサイトを運営するにあたり、非常に効果的なため、Instagram専用の検索サイトを利用して、インフルエンサーを探すという手法も取られています。(こちらについては次回に詳しくご紹介します。)

このようにして人気サイトを見つけたら、サイトの性質を詳しく比較検討します。商品を紹介してもらいたい、使ってもらいたい、と思うようなサイトがあれば、連絡を取ってサンプルを送りお願いしてみる、など具体的な行動に移ることができます。

採用されて、Eコマースサイトへの被リンクを貼ってもらえたりすると、トラフィックが増えるだけでなく、すでにユーザーから好印象を持たれている場合も多いので売上にもつながりやすくなります。

2. 人気サイトについてブログで書いてみる

営業に自信が持てない、飛び込みでの売り込みは怪しまれるのではないか、など人気サイトへの働きかけに躊躇してしまうなら、別のアプローチもあります。

例えば、「チェックするべきヘアアレンジサイト10選」「Pinterestでのおすすめヘアスタイル画像」などといったタイトルで、人気サイトについて紹介するブログを書きます。そのうえで、ブログで紹介したサイトの著者に、「今回自社ブログで(貴社のブログ/Facebookページ/Pinterestページetc…)を紹介させていただきましたので、よろしければ被リンクをお願いします。」といったメッセージを送れば、よい反応が返ってくる可能性もあります。

ブログ記事を先に書くことで、人気サイト側に誠意を示し信頼を得られやすくなるため、自然な形でリンクを張ってもらえたり、その後の商品紹介などにもつなげられる可能性が広がります。

鍵はユーザーへのチャンネルを増やすこと

以上、今回はユーザーの消費行動に大きな影響を与える「インフルエンサー」を探し、ユーザーへのアクセス手段を増やすことが大切だという視点から、基本手順をご紹介しました。次回はより細かく、ソーシャルネットワークを利用する方法をお伝えします。

・6 Practical and Proven ways to drive Traffic to your New Online Store
http://www.shopify.com/blog/13869029-6-practical-and-proven-ways-to-drive-traffic-to-your-new-online-store

関連する記事

保護中: 中国Eコマース最新情報 Macyが中国ECを一時中断した理由とは?... Macy'sをご存知でしょうか? アメリカではとても有名な小売店でオンラインストアでも世界中のユーザーに支持されているサイトです。そのMacyですが、中国大陸にもマーケットを拡大しているようですが、結果的にはこのマーケットではうまくいっていないようです。やはり中国市場での越境ECは難しい...
あなたはいくつ知っている? EC業界キーワード... EC業界では専門用語やさまざまな独自のIT用語が日々飛び交っている。IoT、オムニチャンネル、O2O、など。今回はそんなEC業界で仕事をするうえでの、最近のトレンドとも言うべき、代表的なキーワードについて説明する。皆さんも一つでも聞いたことない用語などあったら、チェックし、詳しく調べてみると良い...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...
多様化するECサイトの決済サービス ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。 実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ