【動画コマース】YouTubeとTikTokの最新動向

 

これからの時代のECサイトは、商品購入ページに写真、商品名、商品説明以外に、当たり前のように動画も配置する時代となる。
そして、動画から商品詳細ページに誘導させ、購入を促す動画コマースという新たな動画ECチャネルが広がると思われる。
最近では、新型コロナ禍で動画コマースのひとつであるライブコマースというマーケティングがトレンドである。
今回は、2018年から市場が拡大しつつある、ECサイト上に掲載した動画コンテンツから、商品を購入できる「動画コマース」について、「YouTube」、「TikTok」の最新動向、そして「動画コマース」のメリット、デメリットついて整理した。

動画コマースとは

「動画コマース」とはライブコマース、動画ECなどと区別してた捉えられる事が多い。 つまり、ライブ動画ではなく、ECサイト内の動画を視聴しながら、直接商品を購入できる新たな通販システムを言う。

下のスクリーンショットは、ニトリの動画コマース「ウチソト」である。 この動画コマースは、期間限定でECサイトに公開された。
内容はシーズンに合わせた商品を動画で紹介し、動画内にサムネール表示された商品をタッチすることで、商品詳細画面や購入画面に移動し商品を購入することができるものだ。

動画コマースの良いところは、商品をきれいに並べただけではなく、その利用シーンを見せることでユーザーベネフィットを喚起し、購買意欲を高めることができるところだ。

「YouTube」「TikTok」の最新動向

(1)「YouTube」と「Shopify」が提携

「YouTube」は2021年から、YouTube上で見つけた商品を購入できる動画コマースを開発しているが、その見本となる仕組みが発表された。
それは7月20日、「Shopify Japan」はYouTubeとパートナーシップを締結することで「YouTube」から新たなショッピング体験を提供するというものだ。

「Shopify」導入企業でYouTubeチャンネル登録者数が1000人以上あり、資格要件を満たせば、「YouTube」上にショッピング環境を提供できるというもの。
現在は「ライブストリーミング」と「ストアタブ」の2つの機能が利用できるとしている。

  • ライブストリーミング:ライブストリーミング中の重要ポイントに商品をタグ付けできる機能。
  • ストアタブ:ストアタブオンデマンドビデオの下に商品欄を配置し、厳選商品のリストを表示することができる。

動画上タグや画像をクリックすると、「Shopify」の自社ECサイトに移動する仕組みである。
「Shopify」利用者にとっては、「YouTube」からの流入が格段にアップすることが期待できる。

(2)「TikTok」欧米でのライブコマース事業を断念

TikTokは、グローバルでのダウンロード数が30億回を超えた世界最大級のモバイル向けショートムービープラットフォームである。
海外TikTokの利用者数は、2021年9月時点で10億人を超えている。
そして、TikTokの本家、中国の抖音(中国版TikTok)や、アジア圏の国々では、ライブストリーミングを基盤としたeコマースが成功を収めている。

ヨーロッパでは今年上半期にはドイツ、フランス、イタリア、スペインの5カ国で、下半期には、米国でライブコマース機能の提供を開始する予定だった。
しかし、英国でのEC事業の展開に苦戦を強いられ、7月5日、「フィナンシャル・タイムズ」によると、欧州でEC事業展開を断念したことを明らかにした。

また、日本では7月11日、ショッピングカートシステムを提供する「OpenCart(オープンカート)」と「TikTok」が業務提携した。
今後は、「YouTube」と「Shopify」の提携と同様に、「OpenCart」利用者が「TikTok」上でキャンペーンを行ったり、TikTokムービーから、タブや商品をタップすることで商品ページと同期し、ECサイトで商品購入が可能となることだろう。

TikTokには潜在的に購買意欲の高いユーザーが視聴するというデータがあり、TikTokユーザーの3人に1人がTikTokで見つけたものをすぐに買った経験があるという。
7月18日のXinhua Newsによると、TikTokの本家中国では、コロナ禍でEC事業は停滞(実店舗が39.7%減、オンライン店舗が5.8%減)する中、ショート動画コマースの売上高は、60%増と大幅に伸びたことを伝えている。

動画コマースのメリット・デメリット

「ECサイトで動画を活用しても効果があるのだろうか?」。このような不安の声が聞こえてきそうだが、ここでは、動画コマースのメリット、デメリットを解説する。

【動画コマース 5つのメリット】

(1)ユーザーは動画を視聴することで多くの情報が得られる
(2)ユーザーは動画を視聴することで具体的な利用シーンが想像できる
(3)動画から一気に商品ページで購入できる
(4)いつでも視聴できる
(5)購入前の不安が解消される

(1)動画を視聴することで多くの情報が得られる

写真やコピーからは得られない多くの情報を動画では再現できる。
ファッションアイテムなら、素材感、様々な角度からの商品の見た目、実際の色、サイズ感など、静止画の5000倍の情報をユーザーに示すことができる。

(2)視聴することで具体的な利用シーンが想像できる

テレビショッピングが人気なのは、商品を具体的に使って見せているから。
つまり、商品の利用シーンが単純にイメージできるからである。 その商品を使った後、商品を購入した後のベネフィット、自分の姿がイメージでき、そのベネフィットは購入者が商品を使った後のミスマッチを防ぐことにつながる。

(3)動画から一気に商品ページで購入できる

動画コマースのメリットは、ユーザーが商品を購入する時にECサイトへ飛ばす必要がないこと。
ニトリの例にもあるように、動画をクリックするだけで、商品ページで購入が可能なところだ。
通常の動画では、動画を観る→動画を止める→サイトに移動→商品検索→商品ページ→決済ページと言う流れだが、動画コマースでは、「動画を観る→商品ページ→決済ページ」のステップとなる。ステップが少なくなれば、離脱率も下がるだろう。

(4)いつでも視聴できる

ライブコマースでは、インフルエンサーなどライブで商品を紹介している時間に合わせて視聴する必要があるが、動画が視聴できる環境さえあれば、いつでも動画を楽しく視聴できる。

(5)購入前の不安が解消される

Eコマースを利用する人は、返金、返品などの保証がどこまでなされるのか。
ショップは信頼できるのかなど、不安があるもの。 動画コマースなら、その不安のいくつかを解消することが可能だ。
例えば、企業の上層部が商品を説明することで、ショップの信頼度が上がるだろう。

【動画コマース 3つのデメリット】

(1)動画は時系列でしか視聴できない
(2)動画は魅力的でないと視聴されない
(3)動画制作にはコストがかかる

(1)動画は時系列でしか視聴できない

写真や文章であれば、飛ばし読みもできるが、動画は見たいところだけを見るというわけにはいかない。
そして、動画は出だしの部分が、面白くないと視聴してもらえないというリスクがある。

(2)動画は魅力的でないと視聴されない

(1)と同様で、ライブコマースなど、インフルエンサーではない素人の出演で魅力的な動画作りをするには、しっかりとしたシナリオ、出演者の選択、撮影、演出、編集、テロップの挿入に到るまで計画して、撮影し編集する必要がある。 つまり、製作に時間を要する。

(3)動画制作にはコストがかかる

(2)のように魅力的な動画を製作するにはそれなりに時間とコストがかかる。
したがって、動画製作においてはショップの売れ筋商品や商品の取り扱い方、組み立て方が難しいもの、ユーザーからのフィードバックの多い商品など、動画による説明があった方が商品理解がスムーズになるものに限定して効果的な動画を作る必要がある。

まとめ

このコロナ禍でインターネット動画がますます身近になってきており、SNSでも動画投稿を多く見かけるようになった。
また、動画コマースはランディングページ(LP)に活用しても効果があるだろう。 下に長く伸びる細かい商品説明を最後まで読んで、購入ボタンを押すという手間のかかる内容より、動画で商品メリット、ベネフィット、保証などをショートムービー化するシンプルなLPはコンバージョン(CV)率を高めるだろう。
動画は、画像や文章だけでは、わかりにくい、伝わりにくい内容をイメージし易くし、ユーザーに訴求できるメリットは大きい。

参考:

 

関連する記事

猛威をふるう新型コロナ 世界のECマーケットへの影響は?... 世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症、未だに事態の収束が見えない状況である。 日本においては4月7日、政府より7都府県を対象に緊急事態宣言が発令、感染の爆発的拡大を防止するため、多くの業種や市民に対して自粛要請がなされた。 世界においては、さらに厳格な自粛、いわゆるロックダウンと...
越境ECで失敗しないための5つのポイント... 日本では、人口減少から国内需要の縮小に伴い、国内ビジネスだけではますます、厳しい状況になるだろう。インバウンドが増加する中、解決策をインバウンドも視野に入れ、販路を海外に求める企業も増加している。 そして、企業は販路の拡大をアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸外国とECサイトを展開するようになっ...
Amazonに勝つために自社ECサイトがやるべき5つのこと... 日本のEコマース(BtoC-EC)市場は昨年2019年は9兆3609億円(前年比7.65%)と拡大成長した。EC化率も6.76%と増加した。このEコマース市場の中で一人勝ちとされているのが、Amazonである。 Amazonは幅広い品揃えと安価な商品、買いやすさ、送料・返品無料サービス、迅...
インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ... 本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年に...
新型コロナ禍 南米で急成長するメルカドリブレとは... 今、南米のECサイトで最も人気のあるEC企業はどこか? それは、Amazonではなく、メルカドリブレというECモールサイトである。 このメルカドリブレは株価的にも注目されており、新型コロナ禍でのロックダウンによる巣ごもり消費の恩恵を受け、5月のEコマースの売り上げは70.5%(前年同月比...
今、世界で最も成長著しいEC市場はどこですか?... 今年も続いている新型コロナ感染症のパンデミックは、地球上のほぼすべての人々、組織、国を新しい状況への適応へと駆り立てた。 現時点で世界の経済の回復にはばらつきはあるが、世界のどの国を見ても、オンラインショッピング、Eコマースの利用拡大は顕著な事実として認められる。 報告によると2020年...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。