« ブログのトップページに戻る

Spike利用者が4万人突破!その魅力とは?

   投稿者 : 2014年12月12日 By

イメージ写真トップ

以前ご紹介した、手数料のかからないオンライン決済サービスSpikeの国内利用者が、ローンチからわずか7ヵ月で4万人を突破しました。
特にここ最近は、2014年末の数値目標として設定していた3万人を10月に早々達成したのち、わずか1ヵ月で4万人台へと利用者が急伸しており、その人気のほどがうかがえます。
新しく追加されたサービス内容も含め、多くの事業者を魅了している理由を探ります。

大企業からのオファーも増加

利用者が急増している背景には、当初想定していた中小の事業者、個人事業主からの引き合いに加え、大企業からのオファーが増えているという事実があります。どのような点が大企業にとっても魅力的なのでしょうか。

魅力1:決済手数料が無料、という圧倒的なメリット

Spikeの圧倒的な人気の秘密は、なんといっても決済手数料が原則無料であることにあります。

Spikeの決済手数料は、フリープランでは月間決済額100万円まで無料、ビジネスプレミアムでは月額利用料が3,000円ですが、月間決済額1,000万円まで無料で、超過分は2.5%+30円となっています。
つまり1,000万円未満の取引はすべて無料という大胆さです。

「パレートの法則(ビジネスでの売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している、といった経済活動における8:2の法則)を前提に、取引額の多いハイエンド企業からの収入で成り立ち、中小や個人事業主の方からはできるだけお金をいただかないサービスにしたかった」とMetaps代表の佐藤航陽氏は語っています。
それが結果的には、取引額の小さい事業主からだけでなく、ハイエンドの企業からも決済手数料の大幅な削減につながったと喜びの声が上がっていると言います。

魅力2:人気のECプラットフォームにも対応

決済手数料が劇的に安いという魅力に加え、EC-CUBEやMagentoといったECプラットフォームに対応した決済プラグインの提供を開始したことも、利用者が増加した理由に挙げられます。
元々、決済リンクをEコマースサイトに設置しわずか1分でオンライン決済が導入できるという簡易さはありましたが、普及率の高いECプラットフォームに対応したサービスを追加し、すでにそれらを利用する中規模、大規模のEコマース事業者を惹きつけることが可能となったのです。

海外も視野に入れた今後の展望

Metaps Pte. Ltd.(所在地:シンガポール)がSpikeのサービスを開始したのは今年4月のことです。そこからわずか7ヵ月で、プロモーションをほとんど行わずして大躍進を続けています。

Metapsは、アプリの収益性を最適化するサービスの提供を本業としており、アメリカ、中国、イギリスなど海外に7つの支店を持ち、収益の6割を海外で上げている国際的な企業です。Spikeについてもすでに英訳版のページが完成しており、佐藤氏は国際展開を明言しています。

国内的には、オンライン決済サービス大手GMOペイメントゲートウェイ(平成7年設立)の顧客数が約5万社であり、Spikeがその顧客数を抜く日もそう遠くない状況にあります。
Spikeのサービスは今後どこまで普及し、成長を続けるのでしょうか? 果たして、オンライン決済で主流となっていくのか、これからも注目のサービスです。

参考:

Japan’s Spike registers 40,000 merchants in seven months, closes in on epayment leader
手数料無料の決済サービス「SPIKE(スパイク)」  開始から7ヶ月で登録事業者数が4万件を突破  スモールビジネスから中規模事業者にも利用が拡大

関連する記事

ディバイス毎のWebブラウザシェア 2016-2月... ディスクトップにおけるブラウザのシェア争いでは、とうとう、日本でもIEがChromeにブラウザシェアが追い抜かれるという事態になっている。 今回は前回10月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを調べてみた。 ...
消費者の購買行動を後押しするコンテンツとは?... マーケティングリサーチ会社のニールセンによって最近実施された調査で、「消費者の購入決定に最も影響力の大きいコンテンツは、専門家によるレビューだ」という興味深い結果が出ました。 消費者の購買行動に焦点を当てたこの調査の内容を詳しく見ていきましょう。   購買行動に一番効果的なコンテ...
今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...
Instagramの写真から即購入できる「ショッピング機能」とは... 昨年の流行語にもなった「インスタ映え」。その勢いは今も衰えを知らない。 日本のアクティブユーザーは2,000万人を突破し、6月21日のインスタグラム公式ページでは、ついに世界中の月間アクティブユーザーが10億人を突破と公表した。 多くの企業では、この勢いに乗ろうと、商品画像、動画など配信し...
多様化するECサイトの決済サービス ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。 実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マ...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。