« ブログのトップページに戻る

7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します

   投稿者 : 2014年12月11日 By

MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。
しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザインサービスを利用するのは高額だったりして、こうした悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないかと思います。
実は、未経験の方でも無料でグラフィックコンテンツを手軽に作成できるサイトがあります。
今回は、オススメの7つをご紹介したいと思います。

PhotoPin

Photo Pinは、クリエイティブ・コモンズの中から画像を探すことができます。適切な写真を見つけたら、PhotoPinがその写真をサイトやブログに載せるためのコードまで提供してくれます。
キーワードだけではなく、親しさ、適切さ、面白さという多彩な検索オプションもあり、閲覧者に自社の個性を知ってもらいたいと思っている方にオススメです。

イメージ写真

Unsplash

Unsplashもクリエイティブ・コモンズのデータベースであり、Tumblrを通して提供しています。Tumblrであるため、検索することは簡単ではありませんが、ハイ・クオリティな画像が多くあります。
気に入った画像を探すことは大変かもしれないけれど、サイトやブログをプロにデザインされたような質の高い印象に変えてくれることでしょう。

イメージ写真02

New Old Stock Photos

New Old StockもTumblrであり、ビンテージ画像を中心に取り扱っています。全てはパブリックドメインに入っているので、気軽に無料で使えるというところが魅力。
こちらも同じく検索機能が無いため、少しナビゲートしづらいかもしれませんが、クラシックな雰囲気を求めているとしたら、New Old Stock Photosは宝箱のようなところで。

イメージ写真03

Pinwords

Pinwordsは、画像の上にテキストを簡単に載せられるツールです。オプションは限られていますが、とても手っ取り早い方法で、誰でも簡単に使えるサービスです。

イメージ写真04

PicMonkey

PicMonkeyとは、初心者でも使える画像編集ツールです。パソコン、またはFacebookより画像をアップロードし、クロップ、色編集、修正、大きさ変更、テキストオーバーレイなど、様々な編集オプションを無料で使用できます。

イメージ写真05

Canva

Canvaではチラシ、発表、Facebookカバー、ポスターなどのテンプレートを選んで、グラフィックコンテンツを作成できます。その中から様々なレイアウトを選べるので、決まった形の物を作りたい時に大変便利なサイトです。

イメージ写真06

PlayBuzz

PlayBuzzを使えば、画像つきのオリジナルクイズや調査を作成できます。お客さんを商品に関係のあるクイズで楽しませたり、その結果をシェアできれば会社の宣伝にもなります。
大体のコンセプトが浮かんだら、PlayBuzzが最初から最後まで作り方を導いてくれます。完成したものは、簡単に会社のブログやソーシャルメディアページに載せることが出来ます。

参考イメージ写真

まとめ:

グラフィックコンテンツがEコマースに大きな影響を及ぼすことを、調査によっても、感覚によっても知ることが出来ます。それほど大事なことを疎かにせずとも、簡単に取り入れることが可能です。
ここで紹介したサイトが皆さんのグラフィック世界への扉であるように。

参考:

7 Content Creation Tools for the Graphically Challenged

関連する記事

「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
これからのECサイトに求められるウェブ接客とは?... eコマースの市場規模が大きくなるにつれ、その店舗間の競争は激化し、価格競争は加熱し、気がついたら半分以上が赤字というケースも無きにしも非ずである。これからの時代はeコマースにおいても実店舗と同じように接客を行う、つまり「One to Oneマーケティング」が必要であり、お客様のそれぞれの嗜好にあ...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−9月... 前回、2017年2月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか?今回も各ブラウザ毎に日本と世界を比較してみた。 ※掲載に使用したデータは「Stat...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
比較! こんなに違う日本とアメリカのランディングページ... 日本のランディングページはスタンダードではないとよく言われる。 ランディングページはその国の人々のニーズ、文化、習慣に合わせて、独自に変化してきたものであるので、グローバルな意味で同じ必要はないと思うが、今回は日本とアメリカのランディングページの違いについて、どのように違っているのかを調べて...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。