« ブログのトップページに戻る

7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します

   投稿者 : 2014年12月11日 By

MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。
しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザインサービスを利用するのは高額だったりして、こうした悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないかと思います。
実は、未経験の方でも無料でグラフィックコンテンツを手軽に作成できるサイトがあります。
今回は、オススメの7つをご紹介したいと思います。

PhotoPin

Photo Pinは、クリエイティブ・コモンズの中から画像を探すことができます。適切な写真を見つけたら、PhotoPinがその写真をサイトやブログに載せるためのコードまで提供してくれます。
キーワードだけではなく、親しさ、適切さ、面白さという多彩な検索オプションもあり、閲覧者に自社の個性を知ってもらいたいと思っている方にオススメです。

イメージ写真

Unsplash

Unsplashもクリエイティブ・コモンズのデータベースであり、Tumblrを通して提供しています。Tumblrであるため、検索することは簡単ではありませんが、ハイ・クオリティな画像が多くあります。
気に入った画像を探すことは大変かもしれないけれど、サイトやブログをプロにデザインされたような質の高い印象に変えてくれることでしょう。

イメージ写真02

New Old Stock Photos

New Old StockもTumblrであり、ビンテージ画像を中心に取り扱っています。全てはパブリックドメインに入っているので、気軽に無料で使えるというところが魅力。
こちらも同じく検索機能が無いため、少しナビゲートしづらいかもしれませんが、クラシックな雰囲気を求めているとしたら、New Old Stock Photosは宝箱のようなところで。

イメージ写真03

Pinwords

Pinwordsは、画像の上にテキストを簡単に載せられるツールです。オプションは限られていますが、とても手っ取り早い方法で、誰でも簡単に使えるサービスです。

イメージ写真04

PicMonkey

PicMonkeyとは、初心者でも使える画像編集ツールです。パソコン、またはFacebookより画像をアップロードし、クロップ、色編集、修正、大きさ変更、テキストオーバーレイなど、様々な編集オプションを無料で使用できます。

イメージ写真05

Canva

Canvaではチラシ、発表、Facebookカバー、ポスターなどのテンプレートを選んで、グラフィックコンテンツを作成できます。その中から様々なレイアウトを選べるので、決まった形の物を作りたい時に大変便利なサイトです。

イメージ写真06

PlayBuzz

PlayBuzzを使えば、画像つきのオリジナルクイズや調査を作成できます。お客さんを商品に関係のあるクイズで楽しませたり、その結果をシェアできれば会社の宣伝にもなります。
大体のコンセプトが浮かんだら、PlayBuzzが最初から最後まで作り方を導いてくれます。完成したものは、簡単に会社のブログやソーシャルメディアページに載せることが出来ます。

参考イメージ写真

まとめ:

グラフィックコンテンツがEコマースに大きな影響を及ぼすことを、調査によっても、感覚によっても知ることが出来ます。それほど大事なことを疎かにせずとも、簡単に取り入れることが可能です。
ここで紹介したサイトが皆さんのグラフィック世界への扉であるように。

参考:

7 Content Creation Tools for the Graphically Challenged

関連する記事

実例に学ぶ!Twitterをカスタマーサービスに使う方法... 手軽に顧客とやり取りできる手段として、ソーシャルメディアをカスタマーサービスに利用する企業が増えています。今回はそのなかでも、Twitterを上手に活用している企業の例から、そのメリットについてご紹介します。 1. とにもかくにも早いレスポンス 飛行機利用者にとって、遅延があるかどうかといっ...
こんなに違う! 世界と日本のブラウザシェア... 現在、2015年の時点で、Webブラウザのシェアはいったいどうなっているいるのだろうか? ブラウザは日本国内、世界では多数混在しているが、Webブラウザは大きく分けるとインターネットエクスプローラー(IE)とグーグルクロム(Chrome)、ファイアフォックス(firefox)、サファリ(sa...
反応してもらえるメールの書き方6つのポイント... メールの回答をもらうのに苦労していませんか?なぜ返答がないのだろうか?シンプルな回答のはずなのに時間が掛かりすぎていないだろうか、 どうすればもっと早く受信者に反応してもらえるのだろうか?これは皆が経験していることだと思われる。 そこで今回は反応してもらえる6つの重要なヒントをまとめてみた。...
問われるキュレーションメディア! 今後はどうなる?... 先日、キュレーションサイト「Welq」の内容に不適切な記事が掲載されていたとして、株式会社DeNAは謝罪し、非公開とした。キュレーションメディアは今年のトレンドとして多いに伸びた分野だ。キュレーションサイトは、PV数も多く稼げるというメリットなどから、アクセス目的でサイトを立ち上げるなどあったこ...
Live Commerce の世界展開が始まる Live Commerceでは、現在新プロジェクトの準備を行っておりまして、本日時点ではまだすべてをお伝えできないのですが、Live Commerceが2008年にオープンソースとしてリリースし、現在のASPという形で進化をしてきましたが、今回の新プロジェクト(アップデート)は、今までで最も大規...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その2... 前回は、新しくEコマースサイトを立ち上げる際には、人気ブロガーなど自社商品の購買層に影響を与える「インフルエンサー」を探して、トラフィックの増加につなげよう、とお伝えしました。今回は、そのコンセプトにしたがって、さらに細かくソーシャルネットワークを利用する方法をお伝えします。 ソーシャルネ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。