« ブログのトップページに戻る

7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します

   投稿者 : 2014年12月11日 By

MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。
しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザインサービスを利用するのは高額だったりして、こうした悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないかと思います。
実は、未経験の方でも無料でグラフィックコンテンツを手軽に作成できるサイトがあります。
今回は、オススメの7つをご紹介したいと思います。

PhotoPin

Photo Pinは、クリエイティブ・コモンズの中から画像を探すことができます。適切な写真を見つけたら、PhotoPinがその写真をサイトやブログに載せるためのコードまで提供してくれます。
キーワードだけではなく、親しさ、適切さ、面白さという多彩な検索オプションもあり、閲覧者に自社の個性を知ってもらいたいと思っている方にオススメです。

イメージ写真

Unsplash

Unsplashもクリエイティブ・コモンズのデータベースであり、Tumblrを通して提供しています。Tumblrであるため、検索することは簡単ではありませんが、ハイ・クオリティな画像が多くあります。
気に入った画像を探すことは大変かもしれないけれど、サイトやブログをプロにデザインされたような質の高い印象に変えてくれることでしょう。

イメージ写真02

New Old Stock Photos

New Old StockもTumblrであり、ビンテージ画像を中心に取り扱っています。全てはパブリックドメインに入っているので、気軽に無料で使えるというところが魅力。
こちらも同じく検索機能が無いため、少しナビゲートしづらいかもしれませんが、クラシックな雰囲気を求めているとしたら、New Old Stock Photosは宝箱のようなところで。

イメージ写真03

Pinwords

Pinwordsは、画像の上にテキストを簡単に載せられるツールです。オプションは限られていますが、とても手っ取り早い方法で、誰でも簡単に使えるサービスです。

イメージ写真04

PicMonkey

PicMonkeyとは、初心者でも使える画像編集ツールです。パソコン、またはFacebookより画像をアップロードし、クロップ、色編集、修正、大きさ変更、テキストオーバーレイなど、様々な編集オプションを無料で使用できます。

イメージ写真05

Canva

Canvaではチラシ、発表、Facebookカバー、ポスターなどのテンプレートを選んで、グラフィックコンテンツを作成できます。その中から様々なレイアウトを選べるので、決まった形の物を作りたい時に大変便利なサイトです。

イメージ写真06

PlayBuzz

PlayBuzzを使えば、画像つきのオリジナルクイズや調査を作成できます。お客さんを商品に関係のあるクイズで楽しませたり、その結果をシェアできれば会社の宣伝にもなります。
大体のコンセプトが浮かんだら、PlayBuzzが最初から最後まで作り方を導いてくれます。完成したものは、簡単に会社のブログやソーシャルメディアページに載せることが出来ます。

参考イメージ写真

まとめ:

グラフィックコンテンツがEコマースに大きな影響を及ぼすことを、調査によっても、感覚によっても知ることが出来ます。それほど大事なことを疎かにせずとも、簡単に取り入れることが可能です。
ここで紹介したサイトが皆さんのグラフィック世界への扉であるように。

参考:

7 Content Creation Tools for the Graphically Challenged

関連する記事

マレーシアのネット通販 2021年までに利用者数2000万人へ... この記事ではマレーシアのネット通販事情について見ていきましょう。 経済 マレーシアの人口は約3000万人、GDPは2,960億ドルである。1人当たりGDPは10,757ドルで、2021年には15,492ドルに達すると予想されている。2015年から2021年にかけて8.4%以上の高いCAG...
決済プラグインにペイオニア(米国内用オンライン銀行)が登場... Live Commerce の決済プラグインに米国内の銀行送金で利用可能なペイオニア(米国内用オンライン銀行)が追加されました。 Live Commerceでは管理画面からプラグインを有効化し、Payoneer(ペイオニア)で指定された銀行振込口座を入力するだけで設定完了です。 ペイオニ...
観光庁がインバウンドで推進する「日本版DMO」って何?... 2017年はインバウンド旅行者数は2,869万人となった。日本政府は2020年、オリンピックイヤーでは、4000万人を目標としている。 充分に目標達成はされる数値であるが、政府は数値目標として、三大都市圏(埼玉、東京、千葉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫の8都府県)以外の地方部へのインバウ...
Facebookで集客するときの気をつけたいポイント8つ... 今年に入ってFacebookの「いいね!」のマークの種類が増えたのをご存じだろうか? 従来の「いいね!」が「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6種類に分けて、実装を開始した。この気持ちの分別、はたしてユーザーはついていけるのだろうか? 今回は、この...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。