« ブログのトップページに戻る

ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている理由

   投稿者 : 2020年2月20日 By Comments (0)

私は大手・中堅ブランドの越境ECサイトのマーケティングディレクターを2010年から10年間務めてきました。

2019年は海外だけで150億円の売上を作り、その中からある共通点を見つけました。
海外で”成長”する企業は「商品」や「広告」ではなく”ソフトウェア”に投資できる共通の思考をもっていました。
それはブランドの知名度、あなたの人脈・経歴など一切関係ないものでした。

「ソフトウェアに投資できる共通の成長思考」とは、一体どのようなものなのでしょうか。

なぜ、ブランドの海外展開にソフトウェア投資する必要があるのでしょうか。

実際に越境ECサイトで海外売上を作ってきたからこそわかる「ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている」現実を3月のセミナーで公開します。 具体的に知りたい方は、3月に開催される無料のセミナーに参加いただければ、中堅ブランドでも150億円を海外から売上る仕組みがわかります。

ソフトウェアが小売のゲームルールを変えている

京急百貨店「KEIKYU MEN’S」

京急百貨店「KEIKYU MEN’S」

これは京急百貨店の「オトコが目醒める、オトコに出逢う」として、30~40代の働き盛りのビジネスマンやトレンドを意識したビジネススタイルを着こなす男性をターゲットにした売場です。いわゆる中堅ブランドで、リアル店舗で売り場を作る仕掛け人プロデューサーがいて、コンセプトに沿った私たちの常識の範囲で理解できる売り場です。

一方で、ネット通販だとGoogle/Facebookの検索結果も売場です。こちらの売場にはコンセプトなど関係なく商品を露出する場合はソフトウェアの使用にそってデータを作成し作業をひたすら行います。私はこのブランドコンセプトのない売場で150億円もの売上を海外から作りました。

Google Shopping DataFeedによる広告

 

Facebook Datafeedによる ダイナミック広告

 

これがこの記事のタイトルでもある

「ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている」現実ということです。
詳しく知りたい方は、3月のセミナーで公開します。

関連する記事

「STORES.jp」と「BASE」 の機能サービスから読み解く、今後のECサイト運営法... 無料かつ簡単にECサイトが構築できる「STORES.jp」と「BASE」が、話題です。毎月、数千店というペースで、これらのサービスを利用して新しいECサイトが誕生しています。そして、その両サービスから毎月のように、新機能や運営サポートのリリースされているのはご存知でしょうか?その内容をみてみると、E...
日本語版サービス開始!Pinterestでホリディ・シーズンを攻める... 11月12日、アメリカ発の画像共有SNS「Pinterest」の日本語版サービスが、ウェブサイト及びモバイルアプリで開始されました。 Pinterestとは? Pinterestは、ピンボード風の画面に、ユーザーが興味のあること、イベント、趣味などテーマ別に画像を「ピン(選択)」してコレクション...
マレーシアのネット通販 2021年までに利用者数2000万人へ... この記事ではマレーシアのネット通販事情について見ていきましょう。 経済 マレーシアの人口は約3000万人、GDPは2,960億ドルである。1人当たりGDPは10,757ドルで、2021年には15,492ドルに達すると予想されている。2015年から2021年にかけて8.4%以上の高いCAG...
画像共有サイトにおけるEコマースの可能性... 個人によって収集された画像を共有するソーシャルメディア上でのEコマースがにわかに盛り上がってきました。楽天の出資で話題になったPinterestや、ハンドメイド商品のマーケットプレイスとして海外で盛り上がりをみせているEtsyなど、3つのサイトとEコマースの関係性についてみてみましょう。 Pint...
モバイルサイトの検索エンジン対策上、絶対に避けたい5つの間違い... 2011年末、Googleはスマートフォン版 Googlebot-Mobile を導入しました。スマートフォンユーザーを意識した初めての動きです。限られたスマートフォンの表示画面で、PCサイトと同様のユーザーの検索体験を提供する目的から、「PCサイトとは異なるルールを適用します」と示された瞬間でもあ...
なぜ社長はウェブサイトの数字を把握しなくてはならないのか?... 今日、ここに書いた事は常識的な見方に関するものである。 社長(もしくは経営幹部の人であれば)が、営業を構築し、マーケティングの質を向上し、会社のインフラを強化するためにシステム開発・システム採択の決定をする際に考えなくてはいけないことがある。それはデータによって意思決定をしている。世の中はデータ、...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ