« ブログのトップページに戻る

越境ECの落とし穴

   投稿者 : 2017年2月14日 By

人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。

よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携などが主なニュースです。

越境ECをインフラ周りで大企業が参入してきています。しかし、越境ECで大きく成長しているサービスや企業は一体何をしているのか?
越境ECの落とし穴とされる間違った事実をビデオで説明しています。
これから越境ECでビジネスを始めようと思う方はぜひご覧ください。

関連する記事

2008年にeBayでネットショップを開始、3年で11,200%ビジネスを成長させた女社長...   Live Commerceのブログでは海外向けネットショップに役立つ情報を中心に記事書いてきました。 なんと、世界で最も巨大なマーケットプレイス、7兆円市場の流通額があるeBayに関する最新情報を、現地アメリカより新しい2名のブロガーを迎えて、記事の執筆が開始されます。 ...
越境ECサイトのローカライズを実現させるための3つのポイント... 越境ECサイトを成功させるための戦略は、まず、消費者に着目する事である。ECサイトは急速に成長しており、今後、消費者の需要はさらに高まる傾向にある。 ここ最近、アメリカでは、カナダをはじめ、イギリス、オーストラリアなどの消費者向けの、比較的シンプルな海外向けECのサイトが存在するが、市場はグ...
2015年 ヨーロッパの越境サイト消費者調査から考察する... ヨーロッパの越境ECサイト消費者アンケート調査​ ​ ヨーロッパ22か国、4000人ネットショップ消費者を対象としたANEC調査結果によると、EUの消費者の63%は国内のサイトのみネットショップで買い物、ヨーロッパ他国のサイト利用は10%であった。この 調査結果で分かることは、欧...
海外で売れている日本製品 その2 海外で売れる日本製品 その1はこちら 海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。 1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。 2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。 1つ目を実行できるのは限られ...
スマホ上でトレンドとなっている”努力の無い商売” Zero Effort Commerce... スマホ上では努力の無い商売が標準化しています。これは日本で言うメルカリのようなビジネスが習慣化することです。 メリカリとは、スマホ上でフリマで必要な写真投稿から説明文、ユーザーとのコミュニケーションまでを全部完結できてしまうアプリのことです。売り手は販売する努力というよりも楽しんで売っている...
中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス... Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。 今回は中国決済...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。