コンバージョンUPにもつながる!リターンポリシーの書き方

オンラインで商品を購入する場合、お客さまにとってリターンポリシーの内容はとても重要なものです。そこで今回は、リターンポリシーを設定するにあたって大切な、6つのポイントをご紹介します。また、実際にリターンポリシーに力を入れているサイトもご紹介します。

1 返品期間はできるだけ長く

返品期間が、例えば8日間と短かく規定されたEコマースサイトを数多く見受けます。これを30日間や、あるいは60日間に伸ばしてみてはいかがでしょうか?たいていの人は、注文確定の際の安心材料としてリターンポリシーを確認するのであって、実際に返品する人は案外少ないものです。従って、お客さまが注文しやすくするためにも、返品期間は長く設定するほうがよいのです。

2 条件があるならはっきり書く

特定の方法でしか返品を受け付けない、決まった住所に返送する必要がある、などといった条件がある場合は、それを明確にサイトで示しておきましょう。なるべく「条件」は少ない方がよいですが、ある場合には、できれば画像などを用いて、誰が見てもわかるようにしておく配慮が必要です。

3 返品事例を紹介する

ネットショッピングの場合、どうしても返品の受け入れを求められることは避けられません。そうした事例を紹介し、「ちゃんと返品に対応してもらえてよかった」というお客さまの声を載せておけば、これから購入するお客さまに対して安心感を与えることができます。

4 商品の交換についても詳しく書く

お客さまが間違った製品番号で発注したり、サイズ選択を誤ったりしたことが原因の返品はよくあります。従って、返金ではなく商品の交換で対応できることも多々ありますから、簡単に商品が交換できるということもアピールしておきましょう。

5 返品理由は?問題を放置しない

お客さまから返品があれば、必ずその理由を聞くようにしましょう。返品理由はリストにして整理し、例えばサイズ間違いが多いのであれば、サイズ表記をより細かく説明するなど、問題を発見したらすぐに対応できるような体制を整えておきましょう。

6 リターンポリシーをアピールする

お客さまにとってわかりやすく親切なリターンポリシーを整備すれば、お客さまからの信頼が高まり、コンバージョン率にもよい影響を及ぼします。たかがリターンポリシーと思わずに、ウェブサイトのホームページ、商品購入ページ、決済確認ページなど、なるべく多くのページにその存在をアピールしておきましょう。お客さまもあらゆる場所でリターンポリシーを目にすれば、「このサイトは顧客の立場を大事にしてくれているんだな」という好印象を抱きます。

最後に、リターンポリシーを丁寧に記載しているサイトをご紹介しましょう。まずは、Amazonです。Amazonでは、「服&ファッション小物」「シューズ&バッグ」「食品&飲料」など、商品によって返品の条件が異なるため、商品分類ごとにページを分けて説明しています。返品方法や返金、交換についても項目ごとに詳しく書かれており、知りたい情報が見つけやすいように整理されています。

もうひとつご紹介したいのが、靴・カバンなどのファッションアイテムを扱うLOCOND.jpです。「買ってから選ぶ」と副題がついているとおり、返品・交換に柔軟に応じています。30日以内、室内での試着のみ、など一定の条件を満たせば、無料で返品に対応しており、返品の仕方も丁寧に図入りで説明されています。

 

まとめ

このように、購入前から返品についての詳細情報を把握できれば、お客さまは安心して「とりあえず買ってみよう!」という気持ちになります。それこそがコンバージョン率UPに導いてくれる鍵になります。ぜひ一度、リターンポリシーを見直してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...
なぜAmazonと提携しない?「DtoC」というビジネスモデル... アメリカでは、新型コロナウイルス感染症数、21万6000人(4月1日現在)という急激な拡大により、入国制限、移動規制、外出禁止などあらゆる手段で、コロナ封じ込めが実施されている。 アメリカ消費者は外出禁止、自粛を余儀なくされ、アメリカのおいてもネットショッピングによる消費が高騰している。 ...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...
ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加...   最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年...
年間9億ドルを売り上げるEtsyに続け!「共感」を出発点とするマーケットプレイス型Eコマース3選... 世界中からハンドメイド好きの人が集まり、年間9億ドルを超える商品が売買されている人気のマーケットプレイス「Etsy」をご存知でしょうか?「Etsy」は、創業者の「オンラインで物を販売できるEコマースはeBayくらいしかないが、アーティストの作品を販売するには適切ではない」という思いからローンチしたハ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ