« ブログのトップページに戻る

feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコマースのかたち

   投稿者 : 2013年4月30日 By

私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。

今回は、最近リリースされたネットショッピングをより楽しくする購買支援サービスから、新しいEコマースのかたちをみていきます。

注目のネットショッピング購買支援サービス

ハイベロシティ「feedbuy」

業界初のオーディエンスコマース「Feedbuy」は、商品情報をFacebookやTwitterで投稿(フィード)するに従って価格が下落して行き、最大100%OFFにもなるというサービスです。

ユーザーにとっては興味ある商品の値段がリアルタイムで下がっていく楽しみ、お得に購入できるメリットがあります。販売主にとっては、ソーシャルメディア上の潜在見込ユーザーに商品をプロモーションできるメリットがあります。

売上をあげる目的より、ユーザーとのコミュニケーションの場をつくるために活用できそうです。2013年5月上旬頃にローンチ予定です。

リブセンス「cospa」

「cospa」は、限られたEコマースサイトの価格だけを比較するのではなくインターネット上のあらゆる商品の価格を比較し本当の最安値を紹介するサービスです。

これまで価格比較サイトの検索結果に商品情報を表示させるには、加盟店契約や提携業者への商品データ登録が必要でしたが、その手間をかけずに消費者にリーチするチャンスが得られます。

ただし、従来の価格比較サイトならば、検索結果に表示させたくない商品データは掲載しないという選択肢もありますが、この「cospa」の場合は、インターネット上にある商品情報すべてが対象になるサービスですので注意が必要になるでしょう。

wondershake「Locari」

「Locari」は、世界中の掘り出し物を、1時間ごとに発見し購入できる、2013年4月下旬頃にローンチ予定の女性向けのタイムセールアプリです

スマートフォン対応サービスということもあり、ユーザーがいつアクセスしても楽しめるよう設計されていて、市場にあふれた商品ではないこと、短時間で商品が入れ替わるなど、ユーザーへの提案型ECサービスといえそうです。

操作画面はまだ公開されていませんが、スマートフォンからすぐにソーシャルメディア上に投稿できるので友人同士で楽しめそうですね。

まとめ

いずれのサービスも人とのつながりやリアルタイム性、サプライズに富んでおり、ネットショッピングをより楽しませてくれるサービスです。今後、ますますソーシャルメディアの利用者が増加するに伴い、こうした潜在見込み顧客の購買心理に影響を与えるサービスは増えてくるでしょう。ただし、いずれもEコマースにおいて、売上拡大や顧客満足度アップのための一つの手段に過ぎないという点も忘れてはいけません。

関連する記事

ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...
Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選... 近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップやSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。 そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。 ...
「夢展望」にみる、SPA型ファッションECのビジネスモデルの可能性... 10代~20代前半の女性向けファッションECを手掛ける夢展望が2013年6月7日に、東証マザーズ市場に新規上場すると発表しました。(上場予定日は同年7月10日) ファッションEC企業では、スタイライフ、マガシーク、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)、エニグモ(BUYMA)に次ぐ5社目の上場です...
海外ECサイト運営を成功に導くための5つのポイント... 日本国内でECサイトを立ち上げて、一気に成長して伸び幅が少なくなってきた人もいれば、なかなか芽が出てこない人もいるでしょう。そんなときに、「海外に進出しよう!」という考えが浮かんでくるのも不思議ではありません。ECサイトはオンラインビジネスですので、開業にかかるコストがあまりかからず、海外進出するに...
Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...

タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。