中小企業に必見!Black MilkにみるPinterest活用術

イメージ写真トップ

2009年にオーストラリア人の青年が立ち上げたレギンス及び衣料品メーカー「Black Milk」は、SNSでファンを獲得することにより、今や世界中に商品を販売する人気メーカーに成長しました。
Instagramでは75万人のフォロワー、Facebookでは60万もの「いいね!」を獲得しているBlack Milkは、Pinterestの活用法も秀逸です。 Pinterestでもすでに3万人を超えるフォロワーを獲得しているBlack Milk。ユーザーの心をつかむポイントはどんなところにあるのでしょうか? 
今回は、その手法をご紹介します。

Black MilkのPinterest活用法

1. 商品を際立たせる、シンプルなつくり

Black Milkのプロフィールページは、一番上に最新のコレクションを集めたボード、そのあとに古いコレクションやイベントのボードが続くよう、日付順に見やすく整理されています。ボードに掲載されている商品画像も非常にシンプルです。商品以外のアイテムは黒で統一するなど、商品に視線が集まりやすいように工夫されており、着こなしを提案するといった演出は極力抑えられています。
シンプルに整理整頓されたプロフィールページやボードを提供することで、ユーザーが欲しい商品を見つけやすいように配慮されているのです。

イメージ写真01

Toasties Ammo 11.08.14(Black Milk Clothing)

2. お客さまの声には即回答!

各商品の画像に投稿できるコメント欄では、ユーザーとBlack Milkのスタッフとのやり取りが頻繁に行われています。
質問に対するスタッフの回答は迅速で、ユーザーはEメールを書くような手間をかけずに気軽に投稿できます。そのやり取りは他のユーザーも参考にできるだけではなく、Black Milkとしても商品に対するユーザーの反応をコメント欄から知り、率直な意見を今後の商品開発に活かせます。

Pinterestのコメント欄が、まるでカスタマーサービスの延長のように活用されており、ユーザーとメーカー双方にとって風通しのよい関係づくりに役立てられているのです。

イメージ写真02

Scribble Gym (Black Milk Clothing)

3. ユニークなネーミングアイデア

Black Milkの商品には、奇抜でユニークなコレクション名や商品名が付けられており、ホームページや全てのSNSにおいて同じ名称が使われています。
例えば、前出のトレーニングウェアには、「Scribble Gym(Scribble:殴り書き、走り書き)」というコレクション名が付けられていて、「殴る」「走る」といった運動と、殴り書きのような柄を掛けています。
また、真ん中の商品は「Ninja Pants」と名付けられるなど、個別の商品名も凝っています。
こうしたネーミングは、ユーザーにとってちょっとしたサプライズであり、ありきたりな商品名よりも関心を抱きやすくなりますし、SNSで話題にされたり、シェアされたりしやすくなります。また、商品について言及する際に判別がしやすいというメリットもあります。

4. 舞台裏を見せる

ユーザーにとって魅力的なコンテンツとしてよく上げられる、「舞台裏を見せる」アイデアですが、Black MilkがPinterestで披露している舞台裏は、ブランドを愛するユーザーとスタッフの気取らない姿であふれています。
ブランドが主催するパーティのボードでは、Black Milkの服を着て楽しむファンの画像が多数載せられていますし、「Staff Style」というボードでは、スタッフがお気に入りの商品に身を包み、表情豊かにスタイルを提案しています。
SNSを通じてファンが増えたブランドらしく、親しみやすい舞台裏の映し方は参考となることでしょう。

イメージ写真03

Sharkiecon 2013!(Black Milk Clothing)

5. コンテスト結果の発表

ユーザーに親近感を抱いてもらうためのイベントとして、Black Milkではユーザーからテーマに沿った画像を投稿してもらうコンテストを実施しています。
コンテストはPinterestで実施されているわけではありませんが、エントリーの中から高評価を得た作品をPinterestのボードで紹介しています。
ボードによってコンテストの認知度が上がるだけでなく、コンテストを知らなかった人を次回の参加に促す効果もあり、ユーザーとブランドとをつなぐのには有効なアイデアです。

イメージ写真04

Galaxy Flat Lay Challenge(Black Milk Clothing)

魅力的なコンテンツで多様な交流を

Pinterestにはボードという区切りがあり、画像をテーマ別に陳列できるところが魅力です。 Black Milkはこうした特徴をうまく活かして、商品だけでなくイベント等の多様なボードを用意しています。
Pinterestの中だけでも複数のアプローチでユーザーとの交流を図ることができます。 こうした手法は、アパレル企業に加えて、あらゆる分野の中小企業にとっても参考になるのではないでしょうか。

参考:

Pinterest: 5 Big-brand Tactics for Smaller Ecommerce Merchants
ソーシャルメディア活用のお手本。個人で立ち上げたレギンスのECサイト「Black Milk

関連する記事

補助金・助成金の申請はどうすればいいの?... 補助金・助成金とは「新しい設備を導入したい」「新規に事業を進めたい」「人材育成に投資したい」など、会社が国や地方公共団体、民間団体などからお金をもらうことができる制度である。 大きな特徴は融資ではなく「返済不要」という点である。 お金は公的な資金から出されるものなので、誰でももらえるわけ...
SEO対策 今年のキーワードを知ってますか?... 企業やショップなどのサイトの目的は集客し、売り上げに貢献することにある。 サイトを開設して、何もしなければ、お客様はサイトに訪れることもないだろう。 そして、サイトにお客様を呼びこむには集客する必要があるだろう。代表的な集客手法としては、SEO対策と広告(リスティング広告やアフェイエイト広...
デザイン4原則でラクラクデザイン -その3:反復(繰り返し)-... WEBサイト構築の際、デザインに統一感とオリジナリティを出すためには、今回の「反復の原則」つまり、「反復=繰り返し」を利用するとよいだろう。 「反復の原則」とは、全体を通して、同じデザイン要素を繰り返して使うことで、デザインに統一感、共通性を与え、全体としてのリズムを生み出す手法である。 ...
海外ビジネス向け「海外送金サービス」比較... インターネットのおかげで海外とのコミュニケーションだけでなく、貿易、物流、金融など様々なモノの取引が便利な時代になった。その中でも、税金や海外送金については、未だに頭を悩まされているビジネスオーナーは多いらしい。 海外ビジネス取引において海外送金は頻繁に行われるのでコストも削減したいもの。 ...
Eコマースをレベルアップさせるための4つのマーケティング戦略... ウェブサイトで起業したばかりの人がまずしなければならないこと、それは、確実なマーケティング戦略をすることである。誰もが知っている通り、店舗をもたない場合は、看板もなければ通行人が会社の存在を知るわけがない、つまり、ウェブサイトの内容が全て左右し、会社と商品のイメージにつながる。 Eコマースは、...
SNS最新事情とSNSマーケティングの課題... 今年の流行語大賞に「インスタ映え」が選出されたのは皆さんもご存知だろう。 今年は確かにInstagramは成長著しかったようだ。 ある調査によると、 Instagramの投稿を見て、実際にお店に出かけ食べ物を食べてみた人や、買い物をした人の割合は42%に昇り、さらに集客アップに繋がったとさ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ