2015年に向けて押さえておきたい、これからのローカルサーチ

イメージ写真01

スマートフォンが普及し、いつでもどこでもインターネットがつながる環境も整い、「わからないことがあったら、とりあえずネットで調べる!」という行動は日常的なものになっています。
こうした流れはネットユーザーが近隣地域の情報を検索する、いわゆるローカルサーチにも及んでいて、身近にあるお店の情報をネット検索から得ようとする人は、ますます増えています。顧客や見込み客とつながるチャンスを逃さないために、今後のローカルサーチで押さえておくべきこととは何でしょうか? 来たる2015年に向けて、最新のトレンドをご紹介します。

ウェブサイトのモバイル対応は必須

2013年、2014年と検索エンジンのモバイル対応は、ローカルサーチにおいても急速に進められてきました。スマートフォンなどモバイルからのウェブ検索がパソコンからの検索数をしのぐ今、2015年もその流れは続きそうです。

モバイル対応に関しては、Googleなどの検索エンジンも各ウェブサイトに対策を講じるように薦めています。Googleが推奨しているのは、レスポンシブデザインですが、各端末に合わせたページを用意する形でもよいので、モバイル対応に努めることは必須です。
技術的に正しく対応できていないと、検索エンジン側からペナルティを受ける可能性もありますので、注意も必要です。

レビューや評価をより重視

2013年から2014年にかけて、Googleはローカルサーチの検索結果の表示において、レビューやレーティング(評価)を重視する傾向にあります。Googleとしては、地元の顧客から信頼性の高い口コミや評価を集めて、Google+をより成長させたいという目標を持っているため、今後もその傾向は続くでしょう。

こうした傾向を踏まえ、個々の企業やお店は顧客にレビューを書いてもらったり、評価を付けてもらえるように働きかけ、多くの口コミを集めることが必要となります。加えて、マイナスの評価に真摯に耳を傾けて改善に取り組むなど、全体の評価を上げる努力を続けることも大切です。

SNSからの流入も高評価

SNSからウェブサイトへのトラフィックが増えれば、検索エンジンから高い評価が得られます。有料リンクや、関連性が低い不自然なリンクなど、ペナルティを課せられる可能性のあるリンクに比べ、SNSからのリンクはローカルサーチのアルゴリズムにおいて今後も、「ユーザー同士のつながり」として重視される傾向にあります。
このように、ソーシャルメディアの活用は、マーケティング的な効果だけでなく、検索エンジンからの評価を高める効果もあるので、自然なトラフィックを増加させるためにも、SNSを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

ユーザーにとって心地のよいサイトを目指す

モバイル対応、レビューの充実、SNSでの情報発信など、ローカルサーチで重視されるポイントは、いずれもユーザーの利便性を高めるものばかりです。検索エンジンからの高評価は、検索するユーザーにとっては価値の高い、便利なサイトであるということを意味します。
ユーザー目線で便利なサイトを目指せば、おのずと結果はついてきます。今後のサイト改善のポイントとしてしっかり押さえておきましょう。

 

参考:

What Will 2015 Bring For Local Search
Small Businesses Don’t Need Local Search – Unless They Want Customers to Find Them

関連する記事

越境ECにも影響するEUの「GDPR」対策行ってますか?...   先日、フェイスブックが保有する5000万人のユーザー情報の外部流出に関して、CEOであるマーク・ザッカーバーグは正式に謝罪した。この事件は、フェイスブックへのデータへのハッキングや、データ管理の不手際で個人情報が漏れたものではない。 しかし、ザッカーバーグは「faceb...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.june)... 先週、6月7日(金)、東海、関東甲信、北陸、東北地方南部が一斉に梅雨入りした。6月は「水無月」とも呼ばれるが、「水無月」とは、”水の無い月”ではないらしい。 ”無”は”の”にあたり、意味的には”水の月”という事になる。6月の「水無月」は”水の月”という意味で、田に水を引いた光景を指している。 ...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-9月... 2016年9月時点のブラウザシェアを調べてみた。前回、6月では世界のディスクトップシェアではIEが3位に下降し、Firefoxが2位に上昇した状況となったたが、その後、Windows 10のEdgeがどこまでシェアを伸ばしてくるかが、今回の押さえどころでもある。   掲載に使用した...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
最新SNS利用状況とSNSインフルエンサー... Facebook、Twitter、Instagram、LINE、最近では新たにMastodon(マストドン)とSNS市場が賑わっている。 SNSの機能も日々進化しており、ユーザー数も日々増加しているようだ。新たな動きとしては、SNSインフルエンサーが注目されつつあるところだ。 今回は20...
今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ