« ブログのトップページに戻る

SEOの考慮が正しくできたショッピングカートのシステムはあるか? に対するLive Commerceの回答

   投稿者 : 2014年10月14日 By

SEOの考慮が正しくできたショッピングカートのシステムはあるか

http://minnano-seo.com/superficial/post3300/

こちらの記事にがありました。ショッピングカートを提供しているASPとして、そしてこれから利用されるユーザー様にとって大変関心の高いことだと思います。
そこで、Live CommerceとしてどのようにSEO対策がされているのか、この記事を課題を1つ1つ検証してみます。

 

 

ECモールとの在庫連動
これがないと集客以前に話にならない。

Live Commerceの見解
ネクストエンジンと連携済み、ネクストエンジンを使えば全て解決する。


ブログ機能
WordPressやMTといった充実した機能を持つCMSを同一ドメインで動かすことができる。
これがSEOのキモとなる部分なのだが、これが非常に難しい。

Live Commerceの見解
プレミアムプランでWordPressのインストールが独自ドメイン直下で運用可能。
例 www.sample.com でECサイトを運用しているなら、 www.sample.com/blog/ でWordPressのインストが可能。


noindex・nofollow対応
商品画像のポップアップといった検索エンジンから見て意味のないページへのリンクをnofollowにしたり、ページそのものをnoindexにできる。

Live Commerceの見解
テンプレートを修正すればすぐにできる。テンプレートはHTMLレベルで修正可能なので、nofollowにすべきか否かは各自の判断


類似ページ正規化
単に色違いであるだけといったページについてcanonicalで正規化する、あるいは代表的なページ以外をnoindexにすることができる。

Live Commerceの見解
類似ページがでないようにオプション(在庫管理項目選択肢)で対応し類似ページが出ないようにできる。


同一コンテンツ別URLの生成への考慮
商品一覧を見たときに1ページ目は、
/item/
で、2ページ目を見た時には、
/item/page2/
それで1ページ目に戻ってきたときに、
/item/page1/
となってしまうようであれば駄目である。完全に同一の内容であるにもかかわらず2つのURLが生成されるのはNGだ。

Live Commerceの見解
次期バージョンでURLを統一するように改善


sitemapの生成
これは人間が見るsitemap.htmlと検索エンジンが見るsitemap.xmlの2つだ。
特に1.2.が死活的に重要、他も重要である。

Live Commerceの見解
標準対応


 

他にやっているLive CommerceのSEO処理

  1. 基本中の基本、メタタグ
    商品、カテゴリ、メーカー、各種フリーページにはメタタグ、URLスラッグ(***.html)の指定が可能
     
  2. マークアップ
    H1やH2といった文書構造のタグによるマークアップ
     
  3. 多言語・他地域向けの国際化サポート
    詳しくはこちらを参照

  4. ページロード時間の高速化
    全ページのキャッシュ化(時間指定可能)
     
  5. タイトルタグ
    全ページがページ単位で異なるタイトルになるように最適化
     
  6. 静的なURL構造
    ?cmId=214582&targetCategoryId=2680&CID_ROOT=2194のような意味のない数字や記号が羅列された動的な長いURLではなく
    スラッシュ区切りのシンプルなURL構造
     
  7. 意味のない情報を出力しないレイアウト構造
    どのページに遷移しても、同じカテゴリメニューが逆L型のサイトではなく、
    カテゴリページには、商品のカテゴリ情報やカテゴリ内の商品ランキングを、商品詳細ページにはこの商品を買った人は、、関連商品やメーカーへのリンクとういう具合に、各ページに適した情報をアウトプットするようにレイアウトされている。つまり検索エンジンに余計な情報を伝えないように制御
     
  8. パンクズリスト
    各ページがどの階層にいるのかを認識できるようにヘッダ内に表示
     
  9. URLの統一化
    www.sample.com とsample.com が仮に同じコンテンツだとしても www.sample.com となるようにURLを統一している 
     
  10. スマホとフューチャーホンのサポート
    ヘッダ内に対応タグを出力
    詳しくはこちら

     

参考にしてください。
Live Commerce の30日間無料体験版はこちらから使えます。

関連する記事

Eコマースをレベルアップさせるための4つのマーケティング戦略... ウェブサイトで起業したばかりの人がまずしなければならないこと、それは、確実なマーケティング戦略をすることである。誰もが知っている通り、店舗をもたない場合は、看板もなければ通行人が会社の存在を知るわけがない、つまり、ウェブサイトの内容が全て左右し、会社と商品のイメージにつながる。 Eコマースは、...
“もの”+“インターネット”=“IoT“の取り組み... IoTとはあらゆる”もの”をネットワークでつなごうというのがコンセプトとなっている。つまり、クラウドやビックデータを活用してデータ分析し、フィードバックする構想である。 IoTビジネスは今後、社会や環境、経済に大きな影響力を持つものと考えられる。Google社のグーグ...
「ハイパーローカル」なジオターゲティングとは?... 「ジオ(=地域)ターゲティング」とは、パソコンのIPアドレスから閲覧者の居住地を解析し、その情報を利用する技術のことです。閲覧者の居住地を絞り込むことで、特定の地域に向けた広告や情報配信を行うことができ、特定の地域を意識したマーケティングを行うことが可能です。大まかにしか地域を特定できなかったI...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
日本国内におけるSNSの世代別利用状況は?... 総務省の「平成27年度版 情報通信白書」のSNSの利用率に見ると、国内利用率はLINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)、インスタグラム(6.0%)という下図のような結果となっている。 この統計内容の対象者は国内13歳以上の男女2000人で昨年20...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.February)... 今年も早いもので、もう2月に入り1月の30日には平成29年度補正予算も成立となり、新たに補助金・助成金の募集が開始されるようだ。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件が合致しても受給できない可能...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。