« ブログのトップページに戻る

ビジネスの最新進化系”経験経済”とは?

   投稿者 : 2014年10月15日 By

イメージ画像

現在、“経験経済”というものが顧客にとって重要な物だとされています。
例えばマーケティングを顧客の層に合わせたり、希望に添うようにすることが当たり前だと思いませんか?そうだとしたら、殆どの小売商人が同意見を持っているはずです。・・・ところが、そうすることで現実味(Authenticity)を失い、信頼できなくなってしまうなんていう顧客がいるそうです。顧客が求めているものは現実味のある経験を得る販売なのです。これこそが“経験経済”による問題です。では、経験を得る販売“経験経済”とは一体どういうものか、簡単にご紹介していきたいと思います。

マネージメントコンサルタントのジョー・パインによると「現在、需要を作り出すのに最も手っ取り早い方法は、売り手が一手間掛けたり、顧客がお金を払いたくなるほど引き付けられる経験を提供すること。」とのこと。つまり、“本物”の実感を求められているということになります。

今回のテーマである経験経済は、ビジネスの最新進化系です。これを説明するために、ジョー・パインはコーヒー業界を例えに出しています。

コーヒーそのものは、豆にしか過ぎません。このように考えた時、コーヒー1杯は僅か数円数銭の価値にしか値しないでしょう。これは、最も基礎的な農業経済の例です。しかし、その豆を焙煎し、ただの豆ではなくて商品として売るようになれば、値段が何倍にも膨れ上がります。これは、農業経済を後継した産業経済の例となっています。更に、お客さんのためにそのコーヒーを淹れてあげたら、また値段が上がります。これは更なる進化系であるサービス経済の例です。

経験経済における例では、どうでしょう。スターバックスのようなお店を考えてみれば簡単に分かります。スターバックスに入るお客さんはコーヒーだけではなく、雰囲気や空間、すなわち「経験」も購入しているわけで、豆本来の価値に100倍以上の値段を付けているのです。これこそが現在の経験経済です。

お店であれば想像しやすいかもしれませんが、どうやったらEコマースにこのような“経験”を提供することが出来るでしょうか。
一つの方法は、ただ役立つ情報を届けるだけではなく、売り手自身の個性が溢れるコンテンツマーケティングによって、顧客との現実的な関係を生み出すということではないでしょうか。
例として、ソフトウェアメーカーであるVideo Copilotのサイトに載っているチュートリアル動画を参考にしてみてください。コンテンツマーケティングとして成立しながら、それ以上に会社本来の動画作成に対する情熱も伝わり、その点でお客さんと現実的な関係が発生しています。

もちろん、カスタマーサービスによっても経験を作ることができます。お客さんとの関わりが単なるビジネス的な関係ではなく、商品への興味や情熱を分かち合っている接点が伝わることで、顧客が自然に現実的な経験を感じられることでしょう。経験経済において、その経験を得たいために、同じところで再び商品を購入したくなるのではないかと思います。

 

まとめ

経験経済には様々な取り組み方があります。けれども店の雰囲気や空間に頼れないEコマースの場合、売り手との現実的で共通の興味に基づいた関係が、顧客にとっての“経験”を生み出すものです。どうしたらこの現実味を自分の企業に取り入れられるかを工夫し、是非取り入れてみましょう。

 

参考:

http://www.practicalecommerce.com/articles/74355-Rendering-Authentic-Ecommerce-Shopping-Experiences

http://www.videocopilot.net/

関連する記事

活況する中国越境EC 「天猫国際」レポートから... 2017年の中国第4四半期オンライン市場は1兆9,745億9000万元(3,116億9,000万米ドル/約33兆円)で前年比41%の増加と発表されている。 そして、アリババグループの運営するTmallの総取引は、2017年第3四半期で7.4%増加し、中国EC市場のシェア59%を占めトップを...
スモールビジネスの最初のステップーブランドを構築するには?... インターネット技術の急激な発達とイノベーションは、スモールビジネスに大きな変革とチャンスをもたらしている。従来のマーケティング活動といえば、予算のある大企業だけのマーケティングだったが、現在は、起業家も自らホームページを作成することが容易な時代である。 自由に予算内で自分に合ったWebマー...
ECサイトの売り上げを倍増させる“心理学テク15選”... ECサイトの最終の目標はコンバージョンを発生し、売上を上げることだ。売上を上げるには、お客様の購買心理を読み解く必要がある。この購買心理を読み解く一つの方法として行動心理学が応用されている。そして、この行動心理はECサイト構築のカート機能や商品のキャッチコピー、商品説明などに活用されている。 ...
越境ECセミナー『衰退か、成長か?』を博多で開催... 9月21日(金)、博多駅、JR博多シティ会議室 9階にて「越境ECセミナー」が開催される。 博多で行われるセミナーは2部構成で、第1部ではデジタルスタジオ代表取締役の板橋憲生が「衰退か、成長か? 『独自型サイトの逆襲 儲かる越境EC最前線2018年』」と題して講演する。 第2部では同社、営業...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。