« ブログのトップページに戻る

パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?

   投稿者 : 2016年4月26日 By

タイトルイメージ

昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社は2015年の消費者のディバイス利用状況や、属性別の利用サービスの違いをまとめたレポート「Digital Trends 2015」を公開した。
今回はこのレポートから、パソコンとスマホのインターネット利用はどのように変化してきているのか、見ていきたい。

図01

 

 

 端末別のインターネットの利用状況

総務省データによるとの2014年末のインターネット利用者数は10,018万人(前年比0.3%減)、人口普及率は82.8%となっている。また、2014年末の端末別インターネット利用状況をみると、「自宅のパソコン」が53.5%と最も高く、次に「スマートフォン」(47.1%)、「自宅以外のパソコン」(21.8%)となっている。
この時点(2013年)でスマートフォンが自宅パソコンの利用と僅差になっていることが分かる。

図02

 

スマートフォンからのインターネット利用は僅かに増加

ニールセンが公開した「Digital Trends 2015」によると、2015年7~9月に、スマホからインターネットを利用した人は、平均が5,080万人と、2年前同時期の1.5倍増となっている。また、増加率については2013年では10%前後だったが2015年は4%と伸び率は低下している。

図:スマートフォンからのインターネット利用人口推移および増加率 出典:ニールセン

 

全年齢に普及しているスマートフォン

ディバイスごとのインターネット利用人口では、45歳以上だけがパソコンからのインターネット利用が多いが、それ以外の年齢にあってはスマホがパソコンを上回っているという結果だ。今後はスマホのキーターゲットとなるのは45歳以上ということとなるが、これからは、45歳以上の中高年層をどうスマホに取り込んでゆくかを、考えてゆく必要がある。

図04

図:PCとスマートフォンからのインターネット利用人口 2015年9月分 出典:ニールセン

 

アクセス数をみても、スマホ優位!

パソコンとスマホの利用者の多いサイトを見ると、500万人を超える利用のあるサイトはパソコンでは42サイトに対しスマーホサイトは104サイトとパソコンの2.5倍となっている。さらに100万人を超えるサイトにいたってはPCでは26サイト減少し逆にスマホでは93サイトの増加が見られる。これは完全に主流はスマホに移ったことを意味する数字であると言える。

図05

図:PCとスマートフォンからの利用者数別サイト数 2015年9月分 出典:ニールセン

 

まとめ

パソコンからのアクセスよりスマホからのアクセスが優位なのは、若者層に顕著に現れている。最近ではパソコンを持たない学生も増えている。インターネットやメールを行うだけなら、スマホで事足りるからだ。
学生にとっては、パソコンは今や必要性はないとも言えるが、ある統計によると日本の学生はパソコンスキルが先進国では最低レベルという結果もある。つまり、パソコンが基本的に使えない、パワポなどでプレゼン資料の作り方を知らないなどだ。パソコン所有率が低いため、いたしかたないが、今後さらにスマホ優位が大きくなれば、学生のパソコンスキルはますます貧弱になることだろう。

 

出典:ニールセン 2015年のまとめレポート DIGITAL TRENDS 2015を公開 ~スマホの成長は新たなステージへ~

関連する記事

EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
費用対効果が高い! Facebookダイナミック広告とは...   前回ブログ『広告運用者なら押さえておきたい「動的リマーケティング」とは』ではGoogle広告のリマーケティング広告について説明したが、今回は、Facebook広告のリマーケティング広告について見ていこう。 Facebook広告には画像広告、動画広告、スライドショー広告、...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
イギリス人はベッドでMコマース イギリスは2016年6月EU離脱を国民投票で選択し、今年、2019年3月に離脱となる予定だ。イギリスの「合意なき離脱」はヨーロッパ、そして世界経済に悪影響を及ぼすのは必至で離脱の延期が望まれるところである。 そして、イギリスはアメリカに次ぐEC大国として有名である。イギリス人消費者の51%...
スマートフォン広告は効率よく集客できる?... インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。 スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。 今回は今、広告媒体として注...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。