ヘルプフルコンテンツアップデートとは? 役に立たないコンテンツサイトは要注意!

ヘルプフルコンテンツアップデート

2022年8月25日Googleは新たなアルゴリズム、「ヘルプフル コンテンツ アップデート(Helpful Content Update)」を導入した。
現在は、英語圏だけの導入で日本への適用時期については公表されていない。
だが、遅かれ早かれ日本語のWEBサイトに関しても適用されるだろう。
ここでは、その準備として行うべき、ヘルプフルコンテンツアップデートの内容についてまとめた。

ヘルプフルコンテンツアップデートとは

Googleサイト「Googleのヘルプフル コンテンツ アップデートについてクリエイターが知っておくべきこと」によると、ヘルプフルコンテンツアップデートとは、

「訪問者に満足感を与えているコンテンツを高く評価し、訪問者の期待に応えていないコンテンツとの差別化を図ることを目的としています。」

となっている。

また、コンテンツが良い評価を得るには、「Googleのこれまでのアドバイスとガイドラインに従って、検索エンジン向けではなくユーザー向けにコンテンツを作成することです。」ともある。

つまり、ヘルプフルコンテンツアップデートとは、「ユーザーファーストなコンテンツを作成する」「検索エンジンファーストのコンテンツを作成しない」の2点がポイントとなる。

テスト段階でヘルプフルコンテンツアップデートにより影響を受ける傾向にあったと思われるコンテンツは以下の4ジャンルとなっている。

  • オンライン学習教材
  • 芸術、エンターテインメント
  • ショッピング
  • テクノロジー関連

上記ジャンルのサイトについては、コンテンツ配信の際は関して注意すべきだろう。

クラシファイア システム(AI)とは

ヘルプフルコンテンツアップデートには、クラシファイア(classfier)というAIが使われている。

このクラシファイアAIとは、一般的に「分類器」と呼ばれており、文字通り様々なデータを、分類していくシステムのこと。
分類するものは、複数の文書であったり、複数の画像であったり、様々あり「コンテンツ」をその種類・性質・系統などの特徴に従って分類し、同類のものをまとめ、いくつかの集まりに分ける。
Googleによれば、ヘルプフルコンテンツアップデートのAIは、「役に立つ/立たない」の二択ではなく、「役に立つ度」を数値化したグラデーションで判定する。

クラシファイア システム(AI)

ヘルプフルコンテンツアップデートで留意すべきこと

ヘルプフルコンテンツアップデートは、2012年に導入された「パンダアップデート」に近いものがある。
パンダアップデートは、「品質の低いコンテンツを量産しているサイトを排除するために行われたもの」だ。

今回のヘルプフルコンテンツアップデートは、「さらに、良質なコンテンツを作成することに注力せよ」というメッセージが込められているように思う。

留意すべき点は「Googleのヘルプフル コンテンツ アップデートについてクリエイターが知っておくべきこと」に詳細は書かれているが、要点をまとめると以下のようになる。

  • 訪問者がコンテンツを有用だと感じてくれるコンテンツを作成する
  • コンテンツは独自性や専門性の高いものを作成する
  • SEOに注力するのではなく、訪問者のために有用なコンテンツを作成する
  • AIなどの自動プログラムでコンテンツを生成しない
  • 他社のサイトからコンテンツをコピーして作成しない
  • トレンドだからという理由でコンテンツを作成しない

まとめ

ヘルプフルコンテンツアップデートは今後、日本でも導入されるだろう。
その準備としてポイントとなるのは、コンテンツライターは「この記事はユーザーにとって有用なコンテンツかどうか」を意識してライティングし、リライトすること。
それが最も有効なSEO対策となり、流入を集めるということにも通ずる。

参考:

Googleのヘルプフル コンテンツ アップデートについてクリエイターが知っておくべきこと

Helpful Content Update(ヘルプフルコンテンツアップデート)をGoogleが導入、役に立たないコンテンツの評価を下げるアルゴリズム更新

 

関連する記事

アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
越境ECに効果絶大! Googleのデータフィード広告とは... 自社ドメインで越境ECサイトをオープンした後、重要となるのが、海外消費者を自社サイトに集客するということである。 海外で自社商品が売れるようにするには、まず、ECサイトの商品などその国の検索サイトに多く露出させ、集客につなげなければならない。 そして、海外検索サイト、つまり、Googe検...
Googleアナリティクス(UA)がGoogleアナリティクス4(GA4)に移行。今すべきこととは?... 米Googleの2022年1月〜3月期決算は23%の増収だったが、利益が8%減って増収減益と発表された。 そのGoogleの3月16日のアナウンスによるとGoogleのアクセス解析・Googleアナリティクス(UA)が、2023年7月1日より利用不可となる。 現行のGoogleアナリティ...
最新のSEO対策「Core Web Vitals」とは WEBマーケティングの手法の一つに「SE0対策」がある。検索結果で、自社サイトを、多く露出させ、そして検索表示を1ページから3ページに掲載されるように行う対策である。 検索エンジン最適化とも呼ばれている。日本の検索サイトのシェアナンバーワンは「Google」であるが、SEO対策は、Goog...
今さら聞けない? SEO内部対策の基本 前回はユーザビリティについて書いたが、今回はSEO対策についても再確認してみたいと思う。こちらもユーザビリティと同様に継続的な見直しが必要な項目である。SEO対策とはズバリ、googleなどの検索エンジン対策である。 検索エンジンは日々サイト内の情報を収集し、その情報やコンテンツは評価され、...
今さら聞けないモバイル ファースト インデックスとは?... 昨年11月、Googleはモバイル ファースト インデックスのテストを開始したと発表した。本年、早々にでもこのモバイル ファースト インデックスが開始されるだろうと言われており、そのためかどうか、最近はGoogle検索の順位が日々変化しているとの指摘もある。 今回はこの検索結果の順位を大き...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。