« ブログのトップページに戻る

今更聞けない Google品質評価ガイドラインとは

   投稿者 : 2019年7月22日 By

イメージ画像

2019年5月16日Googleは「検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)」を更新した。前回は2018年7月だったので、約1年ぶりの更新となる。
Googleは検索結果の品質を高めるため、1万以上の検索品質評価者と契約している。
検索品質評価ガイドラインは、品質評価者がGoogle検索の品質を評価するための解説書になる重要なものである。
また、サイト制作者にとっては、ガイドラインを重視し、規定に沿ったものにすることで、長期的なSEO対策として大いに役立つものとなる。
このガイドラインの内容は膨大な量となるので、今回は「需要との一致」、「品質の高さ・信頼性」、「使いやすさ」の3つに要点をしぼりまとめてみた。

品質評価ガイドラインとは?

Google検索品質評価ガイドラインとは、WEBサイトにおけるGoogleの評価基準を定めたもので、Googleの検索アルゴリズムのデータの基礎となっている。
また、このガイドラインの目的は、Google検索の評価基準を示すことでもある。
「品質評価ガイドライン」には、Google がウェブサイトやページのどの点を、どのような基準で評価するかを明確に規定しており、その基準は「Needs Met(需要との一致)」「Page Quality(品質・信頼性)」「ユーザビリティ(使いやすさ)」とし、詳細に解説している。
このガイドラインを参考書として活用すれば、SEO対策に効果を発揮し、ウェブサイトの長期的な成功に役立つだろう。

品質評価ガイドラインのポイント

ガイドラインは導入部+全4章の計5パート構成となっている。
その中で、重要な項目は、
1章のPage Quality Rating Guideline、
2章のUnderstanding Mobile User Needs、
3章のNeeds Met Rating Guidelineである。
1章のPage Quality〜は「コンテンツの品質」であり、2章のUser Needsは「使いやすさ」であり、3章のNeeds Met〜は「ユーザー需要との一致」である。
この中で重要とされているのが、3章のNeeds Met〜で「ユーザーが必要とする情報を、適切な形で提供しているか」の評価である。

そもそもWEBサイトとは何か?

WEBサイトとは、「WEBサイト・サイトページ」は「ユーザーの役に立つために作られなければならない」という、大きな理念がGoogleにはある。
「ユーザーの役に立つために作られるもの」、ここが重要である。
そのページが何ために作られ、どのように役に立つのかを明確に示す必要がある。
「品質評価ガイドライン」にはWEBサイトの目的が挙げられている。

  1. あるトピックに関する情報を共有するものである
  2. 人的、社会的な情報を共有するものである
  3. 写真、動画、その他のメディアを共有するものである
  4. 意見や見解を表現するものである
  5. 楽しませるためのものである
  6. 商品やサービスを販売するためのものである
  7. 質問や回答を投稿できるものである
  8. ファイルを共有したりソフトウェアをダウンロードできるもの

である。つまり、「情報の共有、発信」、「意見の発信」、「商品・サービスの販売」などユーザーの役にたつものを提供するものでなければならない。
GoogleはこのWEBサイトの目的を起点として、評価の基準を「Needs Met(需要との一致)」「Page Quality(品質・信頼性)」「ユーザビリティ(使いやすさ)」としている。

重要なGoogleのガイドラインの主要な項目

次にこの3つについて、要点をまとめてみた。

①Needs Met(需要との一致)の評価

「Needs Met(需要との一致)」は、WEBページのコンテンツが、「ユーザーの需要に合った質・量の情報を最低限の手間で提供できるか」を評価する。
評価は以下の5段階である。

  1. Fully Meets (FullyM)は最高評価である。特定のクエリ・検索結果だけに適用される、特殊な評価である。
  2. Highly Meets (HM)は高評価。ユーザー需要に一致し、かつPage Qualityが高いことも必須。
  3. Moderately Meets(MM)は普通。
  4. Slightly Meets(SM)は低評価。価値が無いわけではないが、大きな欠点があるページが該当する。
  5. Fails to Meet (FailsM)は最低評価。ユーザーの需要に合致していないコンテンツである。「スパム」「メインコンテンツ無し」など、無益なページを指す。

では、高評価を獲得するにはどうすれば良いか。
一つは、ユーザーが求めている情報を適切な量で、余分なものを含まないことである。
そして、ユーザーが迅速にかつ、最低限の手間で目的を達成できるように設計することである。
ユーザーは特定の情報を求めており、そのようなユーザーに対して、「即座に」「完璧に」「明白に」その情報を提示することである。
つまり、「情報の質」「情報の量」「サイトの簡便性」のバランスである。
例えば、Amazon.com、Facebookアプリの評価はFully Meets(最高評価)である。

②Page Quality(品質の高さ・信頼性)の評価

「Needs Met(需要との一致)」をさらに補正する内容として、「Page Quality(品質の高さ・信頼性)」がある。
つまり、「情報が高品質であり、その情報は信頼できるか」を評価する。
需要は一致しているが、信頼性に欠けたもので、低品質な書き写し記事やまとめ記事だった場合は評価は低いだろう。
「PageQuality」の評価スケールは、Highest、High、Medium、Low、Lowestの5段階評価となっている。

  1. Highestは最高評価である。High評価の要件を満たしており、極めて高い専門性・質・評判のいずれかが傑出している。
  2. Highは高評価である。専門性・コンテンツの質・量・評判がいずれも極めて高く、ペー十の目的を確実に達成している。責任の所在も明確である。
  3. Mediumは普通である。
  4. Lowは低評価である。何らかの要素が欠落あるいは不足しており、そのためにページの目的を達成しにくくなっている。
  5. Lowestは最低評価である。要件の深刻な欠損や、フェイク・ヘイト・常識外れのページ。つまり、「ユーザーの役に立つことなく、ただ収益を得ることだけが目的」等というWebサイト・ページである。

WEBサイトの信頼性を獲得するはどんなことに留意しなければならないのだろうか?
この信頼性の獲得で重要になるのが、Googleでは「E-A-T」と「YMYL」という概念である。

■「E-A-T」

「E-A-T」とはExpertise=専門性、Authoritativeness=権威性、Trustworthy=信頼性の意味で、適切な「E-A-T」がない場合、評価は低下する。

  1. Expertise=専門性はコンテンツ作成者に、十分な専門知識があること。
  2. Authoritativeness=権威性はコンテンツ作成者やウェブサイトが、その分野の権威であること。
  3. Trustworthy=信頼性はコンテンツ作成者やウェブサイトが、信頼できること。
    つまり、「メインコンテンツの質と量」、「Webサイトに関する情報」、「Webサイトの評判」がGoogleが重要視する「E-A-T」の概念である。

■「YMYL」

そして、「YMYL」とは、Your Money or Your Lifeの頭文字をとった言葉である。
「YMYL」はユーザーの健康や財産に深刻な影響を与える「Your Money, Your Life」関係のコンテンツである。
これら「YMYL」コンテンツに関しては、Googleは高い「E-A-T」配慮を求めている。
以下が「YMYL」の5つの内容である。

  1. 商品の売買・金銭取引:通販サイトや銀行など、オンラインバンクでの購入・送金・支払い機能のあるページ。
  2. 財産に関する情報:投資・税・退職金運用・家の購入・学費支払・生命保険などの情報に関するページ。
  3. 健康。医薬系情報:肉体/精神面の健康・薬品・病気・栄養学などの情報やアドバイスを掲載するページ。
  4. 法的情報:離婚・養育権・遺言書作成・市民権獲得などの情報や助言を掲載するページ。
  5. ニュース・市民生活に関する情報:役所手続き・災害情報・社会福祉・ニュースなど。
    信頼性を担保するには、適切な引用も必要である。

記事のジャンルによっては引用元を開示できな記事は、低品質と見なされる可能性があある。

③ユーザビリティ(使いやすさ)の評価

Googleの品質評価の最後は、WEBサイトの「使いやすさ」である。WEBサイトのコンテンツが、いかに「役に立つ」「高品質」な情報であっても、操作しにくい・読みにくいなどストレスを感じるようでは価値が低下する。
ガイドライン内では特に「スマートフォンで使いやすいこと」と「ユーザーの目的達成を邪魔しないこと」が基本となっており、ガイドラインでは、以下の4点について言及している。

  1. データの入力が面倒:スマートフォンでのタイピングが難しく、音声入力も正確に認識されない。
  2. 画面が小さい:スマートフォン本体の機能・アプリ・Webページ等が使いにくい。
  3. スマートフォンで使いにくいWebページがある:メニューやナビゲーションリンクが小さすぎて、Webサイトの閲覧が難しい。ページによっては、横方向のスクロールが必要になることがある。また、画像のサイズが、画面サイズに合っていないケースなど。さらに、Flash等の機能を利用していて、大半のモバイル端末がアクセスできないもの。
  4. ネット接続が遅くて不安定:モバイルユーザーはネットワーク圏内・圏外を出入りするので、接続が不安定なもの。スマートフォンではアプリの起動・音声コマンドの認識・Webページの読み込みなどに時間がかかる。

結局、「Google検索品質評価」で最重要なのは何?

Google検索品質評価ガイドラインは膨大な量であり、このガイドラインの何に重点をおけば良いのだろう。
これについて、電通デジタルの記事では評価の優先順位は下記の内容であると記述している。

  1. Needs Met評価(需要の一致):ユーザーが求めている情報を求める量で提供する。
  2. Page Quality評価(品質が高い):高品質で信頼できる情報を提供する。
  3. User Needs(ユーザビリティ・使いやすさ):スマートフォンで使いやすい。
    としている。

理由は、「検索品質評価ガイドライン」の冒頭にある「ユーザーの需要に合わないページは、どんなに高品質でも評価は“最低”になる。役に立たないものは、役に立たないので。」という一文である。
つまり、WEBサイトの目的である、「WEBサイトとはユーザーの役に立つために作られるもの」というGoogle理念である。
どんなに使いやすいサイトでも、どんなに情報の質が高いコンテンツでも、ユーザーの役に立たなければ意味がない、「ユーザーの役にたつもの=Needs Met評価(需要が一致)」が最重要項目であると記している。
しかし、「Page Quality(品質の高さ・信頼性)」や「ユーザビリティ(使いやすさ)」を軽視してよいといわけではない。

2019年5月版で変更されたところは?

検索品質評価ガイドラインは、Google検索の品質を評価する際に評価者が参照する解説書である。元々は非公開であったが、2015年11月に一般公開された。
このガイドラインは不定期に内容が更新されているが、最新版が2019年5月19日に新たに公開された。
最新の2019年版ではこれまで、記した概要、内容を書きかえるほどの大きな変更点はない。強いて挙げるとすると、次の3点が比較的特筆すべき変更となっている。

  1. E-A-Tからページ品質へ
  2. 著者の専門性要件の緩和
  3. インタースティシャルへの言及

である。

1の「E-A-Tからページ品質へ」については、E-A-Tという専門用語が減り、代わりに “Page Quality”(ページ品質)という一般的な用語に置き変わった。

2の「著者の専門性要件の緩和」については、コンテンツ著者の専門性がほぼあらゆるサイトに求められるような傾向がガイドラインの更新のたびに強まっている。
特に「YMYL」に該当するサイトには特に高い品質が必要になる。

3の「インタースティシャルへの言及」は、インタースティシャルへの言及が拡大している。
インタースティシャルとはアプリとWebサイトのインタフェースにポップアップとして表示される広告のこと。
インタースティシャルでユーザー体験を阻害しているページは品質が低いとみなされる。このインタースティシャル広告について情報を追加している。

まとめ

「Googleの品質評価ガイドライン」の目的は、サイト制作者にユーザーに役に立つサイトを製作し、運営することを言及している。
そのためには、WEBサイトの目的、ページコンテンツの有用性を定めることが第一義である。
そして、ガイドラインの優先順位に沿って、ユーザーの目的、需要にあったコンテンツを作ること、さらにコンテンツの質を高めること、適切な情報量にする、コンテンツの専門性を高めることである。
さらに、ユーザビリティを考慮し、サイト設計し、情報の信頼性を高め、最終的にユーザーにこのページを訪問した後にどうなっていることが望ましいかを意識することが重要である。

関連する記事

Googleショピング広告で新規ユーザーを獲得しよう... 8月3日、消費者調査を手がける、マイボイスコムはスマホ広告に関する調査結果を公表した。 調査結果によると、過去1年以内に広告を意図的にクリックした経験がある人は13.8%と低い。また、スマホ広告が表示されないようにブロック対策をしている人は、15.6%。スマホ広告を閉じたとする人は、37....
今さら聞けないモバイル ファースト インデックスとは?... 昨年11月、Googleはモバイル ファースト インデックスのテストを開始したと発表した。本年、早々にでもこのモバイル ファースト インデックスが開始されるだろうと言われており、そのためかどうか、最近はGoogle検索の順位が日々変化しているとの指摘もある。 今回はこの検索結果の順位を大き...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-9月... 2016年9月時点のブラウザシェアを調べてみた。前回、6月では世界のディスクトップシェアではIEが3位に下降し、Firefoxが2位に上昇した状況となったたが、その後、Windows 10のEdgeがどこまでシェアを伸ばしてくるかが、今回の押さえどころでもある。   掲載に使用した...
【海外版】SEO対策 Google検索の仕組みについて... Google検索エンジンの利用者数は年々増加している。Googleは様々な機能を使い、日々検索機能は進化している。誰もが気になるSEO対策について、まず、Search Engine LandというGoogleが自ら発信している情報をもとに、基本的なGoogle検索の学習機能の技術について調べてみ...
越境ECに効果絶大! Googleのデータフィード広告とは... 自社ドメインで越境ECサイトをオープンした後、重要となるのが、海外消費者を自社サイトに集客するということである。 海外で自社商品が売れるようにするには、まず、ECサイトの商品などその国の検索サイトに多く露出させ、集客につなげなければならない。 そして、海外検索サイト、つまり、Googe検...
商品数が多いお客様向けの検索サジェスト機能... 商品数が多いお客様向けに、Google の検索サジェスト機能をLive Commerceの検索でもご利用いただく事ができる様になりました。 動作はGoogle の検索フォームと同一になります。Google と同一の検索サジェストを返すため多言語にも対応しています。 オンラインデモ 商品...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。