Eメールマーケティングの最新トレンドとは?

イメージ画像

ウェブマーケティングにおいては、ソーシャルメディアやモバイルアプリなど、新しい手法が注目されがちですが、実は今、最も注目されているのがEメールマーケティングです。Eメールマーケティングはコンテンツマーケティングと組み合わせることで、大きな力を発揮します。Eメールにより、ターゲットとする顧客層に相応しいコンテンツを適切なタイミングで発信することができるからです。そこで今回は、アメリカでの調査結果から、Eメールマーケティングの最新トレンドをご紹介したいと思います。

定期購読層に強い? 開封率の変化

米国でEメールマーケティングを手がけるYesmailの調査によれば、2014年に定期配信されたメールは2013年に比べて9ポイント増加しています。また、全体のメール開封率は3ポイント低下していますが、定期配信のメールに限れば開封率は6ポイント増加しています。

これはEメールマーケティングが、一定の効果を上げていることを示しています。ユーザーが受け取るメール総数は増えており、未開封のままにしておくメールも増えているものの、顧客や見込み客などに定期配信されたメールはより多く開封されるようになっています。

進むデータ活用、ターゲットがより鮮明に

「会員登録しているブランドのウェブサイトを久しぶりにのぞいて商品を閲覧したら、その後すぐにメールでクーポンが届いた」、「Amazonなどで、過去の購買商品に関連する商品をおススメするメールが送られてくる」といった経験は誰しもあるのではないでしょうか?

こうしたEメールマーケティングを可能にしているのが、テクノロジーの進化です。大量のデータを集め、これを管理、分析できるようになったため、ターゲットとする顧客層に対して、ピンポイントにかつ、顧客のニーズに適した形でメールを配信することが可能になっています。例えば、1通目のメールを開封した人にだけ追加でクーポン付きのメールを送る、などといった細かい設定が可能になっているのです。

また、最近ではスマートフォンなどのモバイルでも容量の大きいデータが閲覧できるようになったため、いつでもどこでもEメールを受け取れる環境が整いつつあります。調査結果でも、モバイルからのクリックや購入はPCからのそれに比べるとまだ低いものの、増加傾向にあることが示されています。

イメージ01

Email Marketing Compass-A Year in Review, Yesmail

今後のEメールマーケティングポイント

調査結果ではさらに、Triggered Message(=ショッピングカートの未購入商品の情報やその他購買行動を示すデータから、ユーザーの関心を引くような要素を入れたメール)を送った場合、一般的なキャンペーンを知らせるメールに比べて、2.5倍も開封率が高く、クリック率も2倍になるということが分かっています。

イメージ02

Email Marketing Compass-A Year in Review, Yesmail

 

これからのEメールマーケティングでは、「今すぐに買う気はないけれど、興味はある」という潜在顧客を、いかに買う気にさせるかがポイントになります。購入履歴、ソーシャルメディアでの行動、ウェブサイトでの行動パターンといった大量に存在するデータを活用することで、顧客類型の細分化や、それに基づくターゲティングがますます進むでしょう。顧客に応じて最も効果的なアプローチを行うことこそが、成功へのステップになります。

米の調査会社Forresterによれば、Eメールは今後、マーケティングにおいてさまざまな媒体をクロスさせる包括的な役割を担っていくだろうと予測されています。これを機に、自社のEメールマーケティングを一度見直してみてはいかがでしょうか。

参考:
Marketing Email Year-Over-Year Benchmarks and Trends
Email Marketing’s Day in the Sun

関連する記事

加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?... 今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。 A...
時代は変わる 5G時代のEコマースの未来... 先週9月13日より、米アップルは新型「iphone11」の予約を開始した。新型iphoneはトリプルカメラの新機能など紹介されていたが、今回残念だったのは、第5世代(5G)の対応を見送ったことだ。アメリカではすでに5Gインフラが本格化している中での見送りだっただけに、中国に先を越された感が否...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
押さえておきたい! SNS広告の基本と特徴... WEBサイトへの集客にはSEO、コンテンツマーケティング、ディスプレィ広告、SNSの運用など多義にわたる。 そして、SNSに関してはその国内利用者は、7500万人以上にのぼり、インターネット利用者であれば、なんらかのSNSを利用していると言われている。 このSNS利用者に向けて広告を配信...
費用対効果が高い! Facebookダイナミック広告とは...   前回ブログ『広告運用者なら押さえておきたい「動的リマーケティング」とは』ではGoogle広告のリマーケティング広告について説明したが、今回は、Facebook広告のリマーケティング広告について見ていこう。 Facebook広告には画像広告、動画広告、スライドショー広告、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ