« ブログのトップページに戻る

Eメールマーケティングの最新トレンドとは?

   投稿者 : 2014年10月20日 By

イメージ画像

ウェブマーケティングにおいては、ソーシャルメディアやモバイルアプリなど、新しい手法が注目されがちですが、実は今、最も注目されているのがEメールマーケティングです。Eメールマーケティングはコンテンツマーケティングと組み合わせることで、大きな力を発揮します。Eメールにより、ターゲットとする顧客層に相応しいコンテンツを適切なタイミングで発信することができるからです。そこで今回は、アメリカでの調査結果から、Eメールマーケティングの最新トレンドをご紹介したいと思います。

定期購読層に強い? 開封率の変化

米国でEメールマーケティングを手がけるYesmailの調査によれば、2014年に定期配信されたメールは2013年に比べて9ポイント増加しています。また、全体のメール開封率は3ポイント低下していますが、定期配信のメールに限れば開封率は6ポイント増加しています。

これはEメールマーケティングが、一定の効果を上げていることを示しています。ユーザーが受け取るメール総数は増えており、未開封のままにしておくメールも増えているものの、顧客や見込み客などに定期配信されたメールはより多く開封されるようになっています。

進むデータ活用、ターゲットがより鮮明に

「会員登録しているブランドのウェブサイトを久しぶりにのぞいて商品を閲覧したら、その後すぐにメールでクーポンが届いた」、「Amazonなどで、過去の購買商品に関連する商品をおススメするメールが送られてくる」といった経験は誰しもあるのではないでしょうか?

こうしたEメールマーケティングを可能にしているのが、テクノロジーの進化です。大量のデータを集め、これを管理、分析できるようになったため、ターゲットとする顧客層に対して、ピンポイントにかつ、顧客のニーズに適した形でメールを配信することが可能になっています。例えば、1通目のメールを開封した人にだけ追加でクーポン付きのメールを送る、などといった細かい設定が可能になっているのです。

また、最近ではスマートフォンなどのモバイルでも容量の大きいデータが閲覧できるようになったため、いつでもどこでもEメールを受け取れる環境が整いつつあります。調査結果でも、モバイルからのクリックや購入はPCからのそれに比べるとまだ低いものの、増加傾向にあることが示されています。

イメージ01

Email Marketing Compass-A Year in Review, Yesmail

今後のEメールマーケティングポイント

調査結果ではさらに、Triggered Message(=ショッピングカートの未購入商品の情報やその他購買行動を示すデータから、ユーザーの関心を引くような要素を入れたメール)を送った場合、一般的なキャンペーンを知らせるメールに比べて、2.5倍も開封率が高く、クリック率も2倍になるということが分かっています。

イメージ02

Email Marketing Compass-A Year in Review, Yesmail

 

これからのEメールマーケティングでは、「今すぐに買う気はないけれど、興味はある」という潜在顧客を、いかに買う気にさせるかがポイントになります。購入履歴、ソーシャルメディアでの行動、ウェブサイトでの行動パターンといった大量に存在するデータを活用することで、顧客類型の細分化や、それに基づくターゲティングがますます進むでしょう。顧客に応じて最も効果的なアプローチを行うことこそが、成功へのステップになります。

米の調査会社Forresterによれば、Eメールは今後、マーケティングにおいてさまざまな媒体をクロスさせる包括的な役割を担っていくだろうと予測されています。これを機に、自社のEメールマーケティングを一度見直してみてはいかがでしょうか。

参考:
Marketing Email Year-Over-Year Benchmarks and Trends
Email Marketing’s Day in the Sun

関連する記事

独身デーに見る中国の最新Eコマース事情... 11月11日の「独身デー」は中国における一大ショッピングデーです。「1111」とシングルを表す1が4つ並ぶことから1990年代に中国の大学生の間で始まったイベントデーですが、中国最大のEコマース事業者アリババが、2009年に独身デーを「ネット販売の特売日にしよう」と決めたことで、最近ではあらゆる...
Fulfillment by Amazon(FBA)サービスをご存知ですか?... オンライン企業を行っている方々は、このような調査結果をご存知でしょうか?Eコマース業界で成功した200人以上の営業家に調査を行ったところ、内84%の人は、現在、Amazon.comで商売を行っていると答えたそうです。Amazonのようなマーケットプレイスを使うことでの有益は山ほどありますが、...
Live Commerce 福岡セミナー開催のお知らせ... 今週は明日24日に福岡でセミナーがあります。 急なお知らせではありますが、九州地域の方、現地でお会いできることを楽しみにしています。 基本的には12月の東京開催で行ったセミナーとは同じタイトルになっているのですが、今回のの福岡セミナーでは「売る力」について説明します。ちょっとだけセミナー...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
2018年日本の広告費 インターネット広告がテレビ広告を超える日... 2月28日、電通は2018年の総広告費の媒体別・業種別広告費を発表した。 それによると、2018年の総広告費は、6兆5,300億円、前年比102.2%で7年連続でプラスと緩やかながら成長した結果となった。 しかし、全体的に各メディアが伸長しているわけではなく、伸びているのは「インターネッ...
海外展開に関する補助金・助成金情報 (2016.Sep)... 9月の補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は審査があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は海外展示会、見本市出展に対するものや海外向けホームページ構築な...
このエントリーをはてなブックマークに追加