« ブログのトップページに戻る

今さら聞けない! 定期購入カート導入のポイントは?

   投稿者 : 2018年3月23日 By

イメージ画像

当社、開発のLive−Commerceでも後発ながら、4月より定期購入カートを実装できるようになる。 定期購入とはオンラインショップにおいて、お客様が決めた日に、希望の商品を配送する便利な購入方法である。
定期購入に適する商品は化粧品など日常的に消耗する商材、サプリメントや健康食品などであり、家具やインテリア商品のように一度購入した後には買い替えの必要がない商材には向いていない。最近ではTOTOやナンバーズなどの宝くじにも定期購入の仕組みが導入されているという。
顧客側の定期購入メリットとしては、商品がなくなる度に購入手続きを行う必要がなくなること、商品を安価で買うことができるなどメリットがある。 事業者にとっては、長期的な収益が見込めるなどメリットも多い。
今回はこの定期購入システムを導入する上でのポイントなどをまとめてみた。

 

●定期購入のメリット

事業者にとって定期購入は、売上予測が立ちやすいため、商品や人件費への投資計画も立てやすくなるというメリットがある。 また、オペレーションも、毎月、自動でメール送信やクレジット決済など行われるため、人件費を削減でき、その分の費用を顧客対応や広告費などにあてることができる。
さらに、定期購入をお客様に促すことで、通常の販売より、効率よく収益を見込めることがある。 以下に事業者メリットをまとめた。

  1. 継続的な収益が見込める
  2. 受注会数の予測ができるため、在庫の管理がしやすい
  3. 定期購入システムの導入により、毎回の受注業務を簡略化できる

 

●定期購入カートを選ぶときのポイントは?

ネットショップ運営のポイントは集客し、新規顧客を獲得して、リピーターへと育て、運営にかかるコストを最小限に抑えることである。そのためには定期購入の商品やサービスを増やし、顧客に継続的リピーターになっていただくことである。 定期購入システムカートにも様々な機能があり、下記にカートを選ぶ際のチェックポイントをまとめた。

 

(1)ライニングコスト

販売継続のために定期購入システムの月額料金、運営にかかるコストを最小限に抑えるため、機能と効率をのバランスを考えたランニングコストを設定すべきである。

 

(2)購入期間の設定種類が多い

定期購入機能では、顧客が求める購入期間を2週間毎、1ヶ月毎、隔月毎など、購入者が選択する種類が多いことが望まれる。

 

(3)決済のタイミング(一括決済か注文時毎の決済か)を確認する

定期購入カートによっては決済のタイミングが異なっている。 初回に注文時に一括請求するケースや、指定期間毎の注文時に請求するケースがある。 どちらでも設定できれば良いが、サービスによっては決済のタイミングが、一括回収または、期間毎の回収と決まっている場合があるので必ず確認していただきたい。

 

(4)フォーム一体型(ランディングページ型)

フォーム一体型とは、ランディングページ内に、注文や申し込みフォームを設置できる機能のことである。 この機能はカゴ落ちを防ぐなど有効な方法で、ランディングページと注文フォームが、1ページで完結していれば、ランディングしてきた顧客を離脱させることなく、注文につなげることができる。
コンバージョンにつなげられるかは、ランディングページの精度に関わってくるので、ランディングページでは、商品のメリット、他社商品との違い、利用者の声などしっかり伝えることが重要である。

 

(5)ステップメール機能

ステップメール機能とは顧客の属性に合わせて、段階的にメールを自動配信する機能である。 ステップメールとはメルマガ機能の一種で、一定期間に複数通のメルマガの配信予約ができ、注文したユーザーに対して、段階的に自動メールを送り続けることがきる。
設定は最初の注文時、商品到着時、商品到着から1週間後、商品到着から1ヶ月後などの区切ることができる。設定に合わせてメルマガを自動配信されることで、追加注文を促す効果がある。

ユーザーは、初回利用時はとても良い商品だと思っても、お客様との接触がなくなると、2回目以降は利用しなくなるケースが多い。店舗側からの「商品はどうでしたか?」「そろそろ商品がなくなる頃でしょう?追加注文しますか?」というメールが届けば、お客様の中の数パーセントは再購入、リピート購入につながる可能性があるだろう。

 

(6)アップセル機能・クロスセル機能

アップセル機能とは、商品をカゴに入れたページ、または、購入確認画面でより上位の商品を勧める機能のこと。 クロスセル機能とは、家電製品を購入した顧客に、オプション商品(予備バッテリーや容量アップ提案など)も同時に購入を勧める機能のこと。
これら機能は追加で商品を提案するもので、商品の購入を決めたお客様に「今だけ、この特典が受けられます!」というボタンを用意し、より高額商品やオプション商品を提案できる機能である。

一度財布をあけたお客様は店舗側の追加提案にも応じやすい状態にあるので、最初に購入した商品が高額であればあるほど、またオプション商品は金額差が少ないほど良い。
アップセル機能・クロスセル機能があるかないかで、商品単価が大きく変わってくるので、定期購入システムカートにはこの機能は必須であるといえる。

 

●定期購入をお客様に利用してもらうためには

ネットショップで、お客様に商品を定期購入で成約いただくには、店舗に対する信頼が第一である。そして、定期購入していただくには、「最初の一歩」のハードルを下げることが重要である。 以下に定期購入を利用していただくためのポイントを整理した。

 

(1)定期購入の初回利用は低価格で提供する

初回の利用価格を低くすることで、顧客にとって定期購入の入り口のハードルが下がる。 注意すべき点は定期購入の継続回数をしっかり明示するということ。継続回数の明示が曖昧なために後々、クレームになるケースが多い。

 

(2)無料サンプルを配布する

無料サンプルを配布することで、大量の顧客リストを獲得することができる。 この大量の顧客に向けて定期購入促進のアプローチをすることができる。

 

(3)定期購入に特典を設ける

定期購入いただくお客様に数量限定や期間限定等、特別感を与えることで、定期購入の成約を促すことができる。ただし、いつも「限定」訴求していると、お客様の心象がわるくなるので、注意すべきである。

 

●代表的な定期購入システムカートの比較

定期購入システムには、ショップカートを提供しているサービス会社により、価格やサービス内容に違いがある。 代表的な定期購入システムカートのサービスの特徴などを下記に整理した。

 

●リピスト

リピストトップページ

  • 初期費用:29,800円(税抜)
  • 月額:14,800円(税抜)
  • 特徴: 「リピスト」は、単品通販に特化しているところが特徴である。 売上を向上させるための、2クリック申請フォーム「LPフォーム」によるカゴ落ち対策や「LPフォーム」からのアップセルに対応するなど、強力な販売機能が多数搭載されていいる。 また、スマホサイトの商品ページやショッピングカート周りの利便性においても、頭一つ抜き出ている。
  • URL:https://rpst.jp/?adcd=fanc70whest&a8=iPW5BP3UgAJrCRmqYpmRvA-LEts_mXW5SpmXSsJoRoVUgAW-NAWUNCWAKRFSOSjdloDRJ.W1lPW5Qs00000017917001

 

●たまごリピート

たまごカートトップページ

  • 初期費用:69,800円(税抜)
  • 月額:49,800円(税抜)
  • 特徴: 定期購入ショッピングカートにおいては老舗的カートである。化粧品・健康食品通販に特化しているという点が他社にはない特徴となっている。 そして、定期購入に必要なノウハウがシステムに凝縮されており、顧客管理や決済などの機能が設定でき、豊富な機能を使いこなすための、サポートも充実しており必要な機能を安心して利用できる。
  • URL:http://tamago.temonalab.com/

 

●侍カート

侍カートトップページ

  • 初期費用:100,000円(税抜)(ASPプラン)
  • 月額:70,000円(税抜)(ASPプラン)
  • 特徴:「侍カート」は、単品定期通販専門のショッピングカートで、ECサイト構築の基幹システムを備えつつ、顧客管理、顧客分析機能、WEB接客機能などを搭載したオールインワンECシステムとなっている。 特に定期購入の分析機能に注力しており、商品、広告ごとに分析しLTV(Life Time Value)を高めることができる。最近では、「Amazon決済」にも対応し、新規顧客の獲得やコンバージョン率の向上など、顧客を定期購入につなげられるようになった。
  • URL:https://www.samuraicart.jp/

 

●FutureShop2

future2トップページ

  • 初期費用:20,000円(税抜)
  • 月額:35,000円(税抜)(定期購入・スマホサイトオプション選択の場合)
  • 特徴:FutureShop2vはいち早くスマホサイト対応に取り入れるなど、多種多様な機能が充実しているショッピングカートである。 定期購入においてはまだ後発で、定期購入のみの専用のカートではないが、通常販売商品だけではなく、定期購入、頒布会販売(毎月違う商品をセレクトしてお届けできる)商品の設定でき、売上の安定化を図ることができる。
  • URL:https://www.future-shop.jp/
    https://www.future-shop.jp/function/customer/regular.html(定期購入・頒布会機能)

 

●カラーミーリピート

colormeトップ画面

  • 月額利用料:9,800円(税抜)
  • 初期費用:無料
  • 特徴: 「カラーミーリピート」は、LP一体型フォームを業界最安で利用できる2017年11月にGMOペパボ株式会社からリリースされたサービスである。 特徴はシンプルで直感的な画面で、商品登録から定期販売の決済機能付きランディングページ作成まで、最短10分で行うことができるところだ。
  • URL:https://colorme-repeat.jp/?utm_expid=.XR2J1xvGQtaOFsTH0fMANw.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

 

●定期購入トラブルを未然に防ぐために

JARO(日本広告審査機構)が受けるご意見の中に定期購入契約のトラブルが多くなっているという。埼玉県においても定期購入における相談件数は、2015年度は483件だったが、2016年度は12月31日現在で797件に増えているらしい。 トラブルは大きく分けると、(1)中途解約ができない、(2)初回の購入金額より2回目以降が高額で、その表示が極めて分かりにくい、(3)解約するために多額の違約金が発生する。3つの項目があがっている。
トラブルの原因は、ほとんど表示内容が曖昧なために起こっている事項のようだ。 対策としては

  1. 定期購入である旨の表示を分かり易くする
  2. 支払い金額の総額をはっきり明示する
  3. 解約はできないなどの表示がある場合はその旨を分かり易くする
  4. 事業者への途中解約の有無の表示
  5. 定期購入途中解約の為の規約表示

これらはいずれ、ガイドラインとして整備されてしかるべきだろう。 お客様との定期購入時のトラブルを避ける為には対策をしっかり行い運用していただきたい。

 

●まとめ

オンラインショップの定期購入機能は、お客様が店舗の商品やサービスを継続的に使い続けていただく為の重要な戦略的通販方法であると言える。 商品価格だけではなく、どのような付加価値をお客様に提供できるかを考え、定期購入機能を最大限に活用し、ショップ運営を心がけることが重要である。

 

4月にリリースするLive-Commerceの定期購入システムの詳細: https://www.live-commerce.com/subscription/

 

記事参考:

関連する記事

定期購入システム導入にあたってのオンラインセミナー(生放送)... 2018年3月30日(金)11時より、Live Commerce 定期購入システムのライブオンラインセミナーを行います。 定期購入システムのリニューアルを検討中の方や、定期購入通販にこれから新規参入を検討中の方、または越境ECサイトに定期購入商品を追加してリピート通販のようなビジネスモデル...
驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選... その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。 今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレット...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。