モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?

イメージ写真

「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。
Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラで撮った画像をもとに検索できるアプリが続々と登場している。
そこで今回は、実例を紹介しながらビジュアル検索の魅力を紹介する。

キーワード検索より欲しいものにたどり着きやすい

ビジュアル検索における最大のメリットは、キーワード検索よりも簡単に、そして素早く商品を探すことができる点にある。
キーワード検索で商品を探す場合、ユーザーが入力したキーワードと、商品掲載サイトのキーワードが合致しなければ、求める商品にたどり着きない。満足のいく検索結果が表示されなければ、何度も検索しなおさなければならない。
ところが、ビジュアル検索であれば、商品の色や形、サイズ、ブランドロゴなどにもとづいて画像を検索するため、キーワードよりも合致する確率が上がる。

写真からアパレル商品の検索ができるサービス

ウェブサイトやiPhone、Androidアプリで提供している、さまざまなアパレル商品の検索が可能なSNAP ITというサービスがある。
色、アイテム名、ブランド、価格帯を指定して商品を検索できるだけでなく、気になるアイテムの画像をアップロードするか画像のリンクアドレスを入力することで、類似するものを探しだしてくれる。
このSNAP ITというサービスを利用すれば、雑誌を見ていて気になったアイテムをスマートフォンで撮影し、その場で検索するということも可能なのである。

snap_it

snap_it_02
SNAP IT

ぴったり合う商品を探しやすい

雑誌やネットで見かけた商品を購入したいときに便利なのが、モバイルのカメラで撮影した画像によって商品を検索するタイプのモバイルアプリ。
撮影した商品と全く同じものや類似性の高いものを簡単に探すことができる。

名前や関連情報まで探してくれるアプリ

カメラで撮った写真をウェブ検索してくれるアプリCamFindを使うと、その場で商品に関する詳しい情報を得ることができる。
買い物途中で気になった商品を検索してネットでの販売価格と比較したり、買い物以外でも旅先で気になった建造物の情報を調べたりすることができる。


CamFind

雑誌やカタログの写真から商品の購入ができるアプリ

アメリカのディスカウント百貨店チェーンのTargetは、チラシやカタログなどの紙媒体を写真に撮ってTargetの商品を購入できるアプリIn a Snapを昨年夏に導入した。
バーコードをスキャンする、商品を検索するといった手間が不要で、紙媒体を写真に撮るだけで、気になるアイテムの詳細を調べ購入できる斬新なツールである。

in a snap
In a Snap

より身近になったビジュアル検索

Googleが、ビジュアル検索を実施していたLike.comを買収したのは2010年のことだが、近年スマートフォンが急速に普及したことにより、モバイルアプリを用いたビジュアル検索が手軽なツールとして注目されてきている。
ビジュアル検索はこれからもEコマースで存在感を増していくのか、今後も引き続きチェックしておいたほうがよさそうである。

 

参考:

Ecommerce Trend: Keep Your Eyes on Visual Search | Get Elastic
Target Testing Image Recognition App for Easy Mobile Shopping | A BULLSEYE VIEW
Trending in 2015 ? Visual Search

関連する記事

商品ブランドを定着させる方法ーPart2 先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。  さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。 商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら 11.  ジャーナリストと繋がりを持つ 現在、...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
今、中国で最も熱い「Douyin」と「RED」を知ってますか?... 4月1日、新元号が「令和」と発表された。「令和」は、初めて日本の古典からの引用とされいるが、中国の漢書にも「令和」は存在した言葉でもあるようだ。 その中国では今後、中国消費者の中心となるのは、ジェネレーションZ(Z世代)と呼ばれる、2000年(もしくは1990年代後半以降)から2010年ま...
いまさら聞けない、オムニチャネルって何?... オムニチャネルという言葉を聞いたことがある方も多いと思うが、日本ではまだまだ、認知度が低いと思われる。アメリカでは認知度が高く、マーケッテング戦略の中心に変わりつつあるようだ。 Wikiによると、オムニチャネルとは『オムニチャネル(オムニチャネル小売り、Omni-Channel Retail...
越境ECにかかせない、海外配送料金を比較してみた... 海外に向けて商品を販売、運用するためには、海外発送、梱包方法、通関手続きのためのインボイス発行などさまざまなスキルが必要になってくる。 国内の競争から抜け出し、越境ECで新たなビジネスを展開する準備として、今回は海外配送としてメジャーなEMS(国際スピード)、ヤマト国際郵便、佐川急便の3社を...
色の持つイメージ:ピンク色は女性、幸福をイメージ... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ