« ブログのトップページに戻る

モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?

   投稿者 : 2015年3月2日 By

イメージ写真

「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。
Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラで撮った画像をもとに検索できるアプリが続々と登場している。
そこで今回は、実例を紹介しながらビジュアル検索の魅力を紹介する。

キーワード検索より欲しいものにたどり着きやすい

ビジュアル検索における最大のメリットは、キーワード検索よりも簡単に、そして素早く商品を探すことができる点にある。
キーワード検索で商品を探す場合、ユーザーが入力したキーワードと、商品掲載サイトのキーワードが合致しなければ、求める商品にたどり着きない。満足のいく検索結果が表示されなければ、何度も検索しなおさなければならない。
ところが、ビジュアル検索であれば、商品の色や形、サイズ、ブランドロゴなどにもとづいて画像を検索するため、キーワードよりも合致する確率が上がる。

写真からアパレル商品の検索ができるサービス

ウェブサイトやiPhone、Androidアプリで提供している、さまざまなアパレル商品の検索が可能なSNAP ITというサービスがある。
色、アイテム名、ブランド、価格帯を指定して商品を検索できるだけでなく、気になるアイテムの画像をアップロードするか画像のリンクアドレスを入力することで、類似するものを探しだしてくれる。
このSNAP ITというサービスを利用すれば、雑誌を見ていて気になったアイテムをスマートフォンで撮影し、その場で検索するということも可能なのである。

snap_it

snap_it_02
SNAP IT

ぴったり合う商品を探しやすい

雑誌やネットで見かけた商品を購入したいときに便利なのが、モバイルのカメラで撮影した画像によって商品を検索するタイプのモバイルアプリ。
撮影した商品と全く同じものや類似性の高いものを簡単に探すことができる。

名前や関連情報まで探してくれるアプリ

カメラで撮った写真をウェブ検索してくれるアプリCamFindを使うと、その場で商品に関する詳しい情報を得ることができる。
買い物途中で気になった商品を検索してネットでの販売価格と比較したり、買い物以外でも旅先で気になった建造物の情報を調べたりすることができる。


CamFind

雑誌やカタログの写真から商品の購入ができるアプリ

アメリカのディスカウント百貨店チェーンのTargetは、チラシやカタログなどの紙媒体を写真に撮ってTargetの商品を購入できるアプリIn a Snapを昨年夏に導入した。
バーコードをスキャンする、商品を検索するといった手間が不要で、紙媒体を写真に撮るだけで、気になるアイテムの詳細を調べ購入できる斬新なツールである。

in a snap
In a Snap

より身近になったビジュアル検索

Googleが、ビジュアル検索を実施していたLike.comを買収したのは2010年のことだが、近年スマートフォンが急速に普及したことにより、モバイルアプリを用いたビジュアル検索が手軽なツールとして注目されてきている。
ビジュアル検索はこれからもEコマースで存在感を増していくのか、今後も引き続きチェックしておいたほうがよさそうである。

 

参考:

Ecommerce Trend: Keep Your Eyes on Visual Search | Get Elastic
Target Testing Image Recognition App for Easy Mobile Shopping | A BULLSEYE VIEW
Trending in 2015 ? Visual Search

関連する記事

最新の Live Commerce 3.1 がリリースされます... 最新の Live Commerce 3.1 リリースの主な内容は下記の3点となります。   1.新しい管理画面 Live Commerceの管理画面がリニューアルされます。 約6年間運用してきた管理画面のデザインを刷新し使いやすさと効率性を兼ね備えたデザインにします。 &nbs...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。