« ブログのトップページに戻る

越境EC “言語”のハードルを超えるには

   投稿者 : 2015年9月29日 By

イメージ画像

越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。
日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザーに正しく情報を伝えるためには、正確な表記が求められる。さらに商品が随時追加、変更するECサイトの場合は、正確性、即時性が求められる。
Live CommerceではGoogleが提供する有料の翻訳機能で翻訳することを推奨していが、今回はGoogle翻訳サービス以外にどのような翻訳代行サービスや自動翻訳サービスがあるか見ていこう。

 

1.翻訳代行サービス

翻訳代行とは、人的翻訳サービスで、メリットはプロが翻訳をするという点である。基本的には1文字いくらで計算され、テキストデータと紙の場合で料金が異なる。翻訳代行サービスの最大のメリットは人が行う翻訳であるということである。
翻訳する人は、入稿された文章を読む人の立場に立って、より分かりやすく、正確に伝えるというスキルが活かされている点にある。

 

Gengo

gengo

翻訳会の単価が高い、質より量を重視、短時間での翻訳といった方にお勧めなのが、Gengo。価格は1文字が2.6円とリーズナブル。
テキスト量も10文字~100字の短いものでも対応しており、スタンダードプラン以外に品質を求めるなら、ビジネスプラン、ウルトラプランなども用意されている。

 

スピード翻訳GMO

スピード翻訳

スピード翻訳 by GMOは最短で30分からスピード納品が可能な翻訳サービス。サイト上で見積もりできるフォームや注文状況を閲覧できる機能がある。日本語から英語の翻訳であれば、200文字以内であれば、30分以内で対応が可能でる。
価格は14400文字までは一律1文字7円という設定で、翻訳時間は文字数によって異なるが、短いテキストの翻訳が緊急に必要になったときのために、覚えておきたいサービスである。

 

YAQS(ヤックス)

ヤックス

翻訳依頼から納品までをWEB上で完結されるYAQS(ヤックス)翻訳サービスは用途で選べる3種類の翻訳レベルが特徴だ。翻訳依頼と翻訳スタッフが自動化され、少量の依頼なら、翻訳スピードが早い。WEB上での納品であるが、 人の手による翻訳で、スピード納品と納得の品質を実現している。
翻訳レベルは、初級レベルで1文字あたり5円、中級レベルで10円、上級レベルで15円となっている。

 

2.機械翻訳サービス

インターネット機械翻訳サービスはWEBページにテキストを入力し、翻訳する言語を選択し、自動的に翻訳される機械翻訳エンジンによるサービス。
無料のものが多いが、翻訳がしっかりした有料のものもある。

 

自動翻訳『熟考Z』

熟考

『熟考Z』は初期費用としての「アカウント料」と翻訳利用前に支払う「オプション料」が必要な費用がかかる分高精度な翻訳が期待できる自動翻訳である。オプション料はポイントを購入して翻訳を依頼する。
オプションポイント(1年間有効)は、20,000ポイント、42,000ポイント、80,000ポイントの3種類から選択し購入できる。1文字につき1ポイントの料金体系である。

 

Cute007横断翻訳

キュート007

無料の自動翻訳ではGoogle翻訳エキサイト翻訳Yahoo!翻訳/などいろいろあるが、Cute007横断翻訳は一気に複数サイトでの翻訳が可能な自動翻訳サイトである。
翻訳機能は英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語の7カ国語のあり、一気に複数サイトでの翻訳結果を比較確認することができるところがユニークだ。

 

3.まとめ

越境ECでは日本語以外に、英語、中国語(簡体字、繁体字)での翻訳が必要不可欠である。身近なところに翻訳スタッフがいないところでは、やはり翻訳会社に頼らざるを得ない。
従来では翻訳料金も日本語1文字につき、15円前後であった価格も、ここ数年で、クラウド翻訳や、ソーシャルワーカーに翻訳を依頼するクラウドソーシングビジネスにより、低価格で高品質なものが多くなったようだ。

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード

ECサイト構築 , 海外販売, 越境ECならLive Commerce

関連する記事

インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
「製造業の海外展開」 アプリケーション開発 その3... 皆さん こんにちは。アメリカ販売第一歩の続きです。 役員帰国後、再度打ち合わせを行い聞き取れた範囲の内容を確認し、開発に取り掛かります。引き合いを頂いたお客様のプラント設備の一部として納入を目指します。筐体設計変更からそれに伴う内容物の変更、電源仕様の変更等を行い、テスト機の製作・試験そし...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2017.January)... 2017年、酉年。新年に入り、今年も、気持ちも新たにスタートした。今年は、例年よりさらなる変化が予測され、その変化を早い段階で察知し対応してゆくことが事業成功の鍵となるであろう。 今回は今年、最初の海外展開に関わる、補助金・助成金の募集内容についてピックアップし紹介する。 ●補助金・助...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。