越境EC “言語”のハードルを超えるには

イメージ画像

越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。
日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザーに正しく情報を伝えるためには、正確な表記が求められる。さらに商品が随時追加、変更するECサイトの場合は、正確性、即時性が求められる。
Live CommerceではGoogleが提供する有料の翻訳機能で翻訳することを推奨していが、今回はGoogle翻訳サービス以外にどのような翻訳代行サービスや自動翻訳サービスがあるか見ていこう。

 

1.翻訳代行サービス

翻訳代行とは、人的翻訳サービスで、メリットはプロが翻訳をするという点である。基本的には1文字いくらで計算され、テキストデータと紙の場合で料金が異なる。翻訳代行サービスの最大のメリットは人が行う翻訳であるということである。
翻訳する人は、入稿された文章を読む人の立場に立って、より分かりやすく、正確に伝えるというスキルが活かされている点にある。

 

Gengo

gengo

翻訳会の単価が高い、質より量を重視、短時間での翻訳といった方にお勧めなのが、Gengo。価格は1文字が2.6円とリーズナブル。
テキスト量も10文字~100字の短いものでも対応しており、スタンダードプラン以外に品質を求めるなら、ビジネスプラン、ウルトラプランなども用意されている。

 

スピード翻訳GMO

スピード翻訳

スピード翻訳 by GMOは最短で30分からスピード納品が可能な翻訳サービス。サイト上で見積もりできるフォームや注文状況を閲覧できる機能がある。日本語から英語の翻訳であれば、200文字以内であれば、30分以内で対応が可能でる。
価格は14400文字までは一律1文字7円という設定で、翻訳時間は文字数によって異なるが、短いテキストの翻訳が緊急に必要になったときのために、覚えておきたいサービスである。

 

YAQS(ヤックス)

ヤックス

翻訳依頼から納品までをWEB上で完結されるYAQS(ヤックス)翻訳サービスは用途で選べる3種類の翻訳レベルが特徴だ。翻訳依頼と翻訳スタッフが自動化され、少量の依頼なら、翻訳スピードが早い。WEB上での納品であるが、 人の手による翻訳で、スピード納品と納得の品質を実現している。
翻訳レベルは、初級レベルで1文字あたり5円、中級レベルで10円、上級レベルで15円となっている。

 

2.機械翻訳サービス

インターネット機械翻訳サービスはWEBページにテキストを入力し、翻訳する言語を選択し、自動的に翻訳される機械翻訳エンジンによるサービス。
無料のものが多いが、翻訳がしっかりした有料のものもある。

 

自動翻訳『熟考Z』

熟考

『熟考Z』は初期費用としての「アカウント料」と翻訳利用前に支払う「オプション料」が必要な費用がかかる分高精度な翻訳が期待できる自動翻訳である。オプション料はポイントを購入して翻訳を依頼する。
オプションポイント(1年間有効)は、20,000ポイント、42,000ポイント、80,000ポイントの3種類から選択し購入できる。1文字につき1ポイントの料金体系である。

 

Cute007横断翻訳

キュート007

無料の自動翻訳ではGoogle翻訳エキサイト翻訳Yahoo!翻訳/などいろいろあるが、Cute007横断翻訳は一気に複数サイトでの翻訳が可能な自動翻訳サイトである。
翻訳機能は英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語の7カ国語のあり、一気に複数サイトでの翻訳結果を比較確認することができるところがユニークだ。

 

3.まとめ

越境ECでは日本語以外に、英語、中国語(簡体字、繁体字)での翻訳が必要不可欠である。身近なところに翻訳スタッフがいないところでは、やはり翻訳会社に頼らざるを得ない。
従来では翻訳料金も日本語1文字につき、15円前後であった価格も、ここ数年で、クラウド翻訳や、ソーシャルワーカーに翻訳を依頼するクラウドソーシングビジネスにより、低価格で高品質なものが多くなったようだ。

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード

ECサイト構築 , 海外販売, 越境ECならLive Commerce

関連する記事

ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
越境EC 台湾のポテンシャルは? 越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。 今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ