« ブログのトップページに戻る

ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?

   投稿者 : 2018年3月2日 By

イメージ画像

2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。
ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進出したが、2002年には撤退している。現在は日本には海外に販売するebay.japanがあるのみである。 今回は、買収された「Qoo10(キューテン)」の概要と今後の日本EC市場でのebay展開の強みなどを検証してみた。

 

ebay(イーベイ)とは

イーベイ画像

eBayは、日本ではあまりメジャーではないが、世界ではAmazon、アリババにつぐインターネットECサイトである。世界中で1.6億人、Sellerは2,500万人(個人・法人含む)とインターネットオークションサイトでは世界最多の利用者を誇っている。 ebayはネットオークションサイトとして急成長したが、現在では固定価格で購入できる商品の割合が9割近くに達しており、通常のECサイトとして利用されていることが多い。

日本では、1999年10月に日本法人「イーベイジャパン」設立、NECと組んで2000年にオークションサイトとして日本に進出したが、すでにEC市場を席巻していた、Yahoo!オークションには太刀打ちできず、2002年3月に撤退した。その後、海外の消費者に商品を販売したい日本企業向けの越境EC支援ビジネスを2009年から日本で展開している。

今回、「Qoo10(キューテン)」を買収し、日本のEC市場に再上陸となるわけだが、デビン・ウィニグ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞社の取材に対して、「急拡大しているキューテンの日本事業の買収で、基盤を構築し、アジアでの事業拡大にもつなげたい」と述べている。
さらに、「日本のEC市場規模は世界で3番目に大きいがEC普及率はまだまだ低く、拡大の余地は大きい」とも強調した。

それでは、今回、買収された、日本でもあまり知られていない、「Qoo10(キューテン)」 とはどのようなサイトなのだろう。
このサイトを探ることで、今後のebayの日本での展開のヒントが見えてくるかもしれない。

 

Qoo10(キューテン)とは

Qoo10画像

Qoo10(キューテン)とは、ジオシスが運営がアジア地域5カ国7地域に展開するインターネットショッピングモールのことである。日本での運営は、ジオシスグループ傘下のジオシス合同会社が行っている。 Qoo10の日本での運営は2010年6月からサービスを開始し、17年1月時点で750万人の会員を抱えている。

サイトではどのような商品を扱っているだろうか?目立つのはアパレルやコスメ、化粧品、ダイエット食品、飲料製品など、女性をターゲットにした商品やバナー広告だ。 Qoo10の日本サイトは20代~30代女性がメインのユーザー層、ターゲットであることがわかる。

このサイトの強みは、若いユーザー層ともう1つ、海外Qoo10への出品が簡単であるところだ。販売設定時に海外販売対応を設定すれば、販売商品を海外のQoo10ユーザーにも閲覧、販売が可能になる仕組みである。

Qoo10(キューテン)と楽天市場を比較すると、メリットは、月額固定費が不要なので、出店しやすいこと。デメリットは「認知度の低さ」「集客力の差」と言ったところである。
このデメリットをebayがカバーし認知度をあげることに成功すれば、Amazon、楽天に次ぐショッピングモールサイトに成りうるだろう。

Qoo10(キューテン)のメリットを以下にまとめた。

  1. 月額の固定費が不要なので出店しやすい
  2. 若い女性層を中心とした集客力がある
  3. モールが発行するカートクーポンのお得度が高い(実質20%割引)
  4. プロモーションにかかるコストが低く、商品単体で高い売上を狙える
  5. アフィリエイト系の広告利用による集客力がある
  6. 海外Qoo10で販売できる

 

●今後ebayの展開は?

ebayのQoo10の買収は、越境ECの加速を促す起爆剤となるだろう。 米ebayのジュマン・パーク氏(アジア太平洋地域シニア・バイス・プレジデント)は、買収の狙いをこう語る。「成長著しいアジア市場の中でも規模が大きく、今後も成長が見込める日本市場に注力することで、競合に対するアジア市場での存在感を高めたい」と。
ebayはQoo10ユーザー、Qoo10出店者を取り込み、アジアを中心にした越境ECを展開に特化したショッピングモールECサイトを目標にしているのだろう。

そして、Qoo10には商品を出品すると、自動的に海外Qoo10サイトにも出品できる機能がある。今後はQoo10に出品した商品を、海外で展開するebayのECサイトに自動出品できる機能連携を実現予定である。
韓国で展開しているebayが運営するECサイトGmarketにはAPIを通じて海外ebayに自動出品できる機能がある。同様の機能をQoo10に搭載することで、1億7000万人いるebayユーザーに対し商品を販売することができ、ebayの越境ECを一気に加速させることだろう。

倉庫などインフラとしては、Qoo10の倉庫が活用されるだろう。 Qoo10では2016年に出店事業者が、Qoo10倉庫に商品を預けると自動的に海外Qoo10サイトに自動出品されるサービスがあり、この倉庫の規模は2015年から毎年、約2倍に拡大している。

 

●まとめ

買収額の正式な公表はされていないが、米メディアによると7億ドル(約750億円)程度で、これは大きな取引額である。
米ebayパーク氏は「今後3~5年で市場の平均成長率を大きく上回る成長を遂げ、楽天やAmazon.co.jp、ヤフーといった市場リーダーの一群に入ることを目指す」との目標を掲げている。
このコメントから米ebayの並々ならぬ意気込みが伝わってくる。 Qoo10買収手続きは2018年6月末までに完了する予定である。
eBayは、今回のアジアにおける最新の投資により、日本での存在感を強化することである。今年は日本のネット市場の競争が、ますます激化しそうである。

 

記事参考:
米イーベイ、日本でネット通販再参入 事業買収で
 eBayが日本のeコマースQoo10.jpを買収して日本でのプレゼンス強化に本気
4年間Qoo10(キューテン)に出店してみての評判とメリット・デメリット

関連する記事

越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
拡大する越境EC! 調査報告から読み解く... 日本政府は12月18日、訪日外国人旅行者が3,000万人を超えたと発表。 昨年の2,869万人を超え、初めて1,000万人を超えた2013年から、この5年で3倍に増えた計算になる。 インバウンド数が増加すると、同じように越境ECにおいても。近年、急速な成長を続けている。 そして、ペイパルは...
eBay 国際売買26%上昇 今月、eBay の2014年第2期のフィナンシャル結果が発表されたことを、皆さんは確認されたでしょうか。今回の結果はeBayにとって、善い点もあれば悪い点もあったわけですが、eBayを通してEコマースを行っている方には、この結果から時代に沿った戦略を見出すことが出来るのではないかと思います。...
越境ECを展開するための5つの方法 今年も越境ECは注目を浴びるだろうことは、前々回の経済産業省の報告書などで明らかであるが、越境ECを始めるにあたっては様々な展開方法があることをご存知だろうか? 海外消費者に向かってオンラインショップを展開する場合、つまり、越境ECを介して、海外消費者に商品を販売する場合、その展開方法は、...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加