« ブログのトップページに戻る

ブログ派、ソーシャルメディア派。あなたはどちら?

   投稿者 : 2014年10月28日 By

イメージ写真

最新の企業間取引マーケティングと言えば、ブログではなくソーシャルメディアへと移り替わってきているようです。しかし、本当にソーシャルメディアこそが最も効果的なやり方なのでしょうか。

マーケティングに関する今月の調査を見てみると、細かいながらも注目すべき変化が現れています。2013年度、企業者に利用されたソーシャルメディアは87%、ブログが83%という割合でした。しかし今年に入り、ソーシャルメディアが93%と利用率の伸びを見せ、ブログは81%と低下気味である結果になりました。
ソーシャルメディア利用率の上昇、これはただの流行か、それともブログという形が効果を失ってきているということなのでしょうか。

確かに、ソーシャルメディアへ移行している傾向はあるようです。しかし、ブログには以下のような様々な有利益があります。

1.コントロール 

自社のブログであれば、全てがカスタマイズ可能であるということ。FacebookやTwitterのようなサイトとは違い、簡単にメディアを挿入したり、文字数限定を気にせず書く事が出来ます。
それに、ソーシャルメディアサイトには投稿者がコントロールできない広告も入り、それが顧客の注目を引いてしまう弊害もあります。

2.計りやすさ 

ブログであれば、どのページがよく見られているのか、ページを比較して人気の高いページを調べる等、手軽に知ることが可能です。Google Analyticsのようなツールを利用すれば、更に詳しい情報を手に入れることが出来ます。これはソーシャルメディアにはできない事の1つです。

3.SEO 

サーチエンジンがブログ一つ一つの記事も、それらが掲載されているドメインも認識してくれます。つまり、一つの記事を開いてもらうことで、そのブログ全体のSEOを上昇させられるということ。他のサイトであれば、こうした有利が無くなってしまいます。

4.アクセスしやすさ 

コンテンツマーケティングには、ニュースのような最新のことを扱うコンテンツもあれば、長期間を通して話題になるものもあります。常に消えつつあるソーシャルメディアフィードと違い、こうした区別をブログであれば簡単につけることが出来るので、古い記事でも読んでもらうことが可能です。
DVDに例えてみれば、ブログは実際に購入したもの、ソーシャルメディアはレンタルショップで借りたもの、というように考えることが出来るのではないでしょうか。

どこが中心?

自身のブログに載っている記事がコンテンツマーケティングの幹であり、FacebookやTwitterのようなサイトは幹から生える枝のように考えてみてはいかがでしょうか。
顧客を枝から幹へ興味を惹かせることを目的にしてみましょう。SEOによる有利の全てがブログに得られることにもなります。常に変化しつつあるソーシャルメディアの世界が変わるとしても、コンテンツマーケティングの中心部は変わらなくてもいいのです。

まとめ

コンテンツマーケティングには、ブログもソーシャルメディアも欠かせない味方となってくれます。問題は、どちらを使うのかを選択するのではなく、どのように上手く両方を供用するかということなのです。

参考:Is Blogging an Outdated Content Marketing Tactic?

関連する記事

Live Commerce にタイ語が追加 Live Commerce に本日タイ語のオプションが追加されました。 機能管理 > 追加オプション申請 > タイ語追加 よりオンラインから申込が可能です。 オンラインデモ 下記サイトにてオンラインデモサイトを公開しています。 タイのEコマース事情 人口:6...
顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?... スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。 そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
タクシーもスマホで呼ぶ時代?タクシー配車アプリ事情... スマホでタクシーを簡単に呼べるアプリをご存知でしょうか? 地図上で乗りたい場所を指定すれば、近くを走っているタクシーを探して配車してくれるサービスで、日本でも導入が進んでいます。 例えば、47都道府県117グループのタクシー会社と提携している全国タクシー配車では、地図上で乗りたい場所を...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−12月... 前回、2017年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか。Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか。Iphoneが販売され、シェアは伸びたのだろうか? 今回は12月の日本と世界の各ブラウザシェア...
フランスの越境EC、Eコマース事情 先週5月12日、フランスはパリでテロと思われる事件が、さらに、インドネシアでも「イスラム国」系の犯行と思われる事件があった。痛ましい限りだが、フランスでは今、結束してテロ撲滅とテロに屈することのなく、戦う姿勢を内外に示している。 フランスといえば、観光立国でもある。インバウンドでは年間観光...
このエントリーをはてなブックマークに追加