2015年マーケティングトレンド予想

Eコマースの世界は常に進化し続けています。この進化と発展へ追いつくにはマーケティング戦略を定期的に見直すことが必要不可欠となります。では2015年には一体どのような形のマーケティングの形態を目指すべきなのでしょうか。Wheelhouse Advisorsは独自の経験ノウハウによって予想した2015年度トレンドリストを掲載しました。

 

1.コンテンツマーケティングの人気は上がる一方

現在、Eコマース運営会社の平均的なマーケティング予算4分の1以上をコンテンツマーケティングが占めているという統計があり、その平均的な数字も上がることが見込まれています。

 

2.マーケティングデータの使用

HubSpot, Infusion Soft, Marketo等のようなサービス導入により、様々な企業に関するデータを更に手にし易くなりました。2015年にマーケティング分析のための出費が60%ほど上がることが見込まれています。また、マーケティングオートメーションの機能も50%に上がると見込まれているようです。

 

3.マーケティング。ノイズの上昇

マーケティングノイズというのは、インターネット上に溢れ返っている、質が低くて役立つ情報のないコンテンツのことです。Googleの最新検索は、こういったコンテンツを排除するように改善されているものの、ネットに情報が増え続ける限り、マーケティングノイズも増殖し続ける懸念があります。

 

4.ゲストブログの低下

ゲストブログ(他の会社の者に記事を書いてもらうこと)の記事の平均的な報酬は$125程に及んでおり、現在では19.7%程度の会社のみがゲストブログを利用していくことを考えているという結果があります。

 

5.動画の取り組み

この数年間、マーケティングにおける動画の利用率が爆発的に上昇しています。質の良い動画は、売り上げを174%も上昇させることが可能だとか。調査によれば、多くの企業の社長のうち75%が毎週必ず動画をチェックし、その中でも65%の人が動画を見た後に会社のサイトを訪ねてみると答えています。

 

6.マーケティングソフトウェア取得

2015年には、新たなソフトウェア会社がより大きい会社に買収されることが見込まれています。FacebookやYahooも大金を出してまで、若い企業者を雇っているのです。つまり、Eコマースサイトにおいても、革新的で利便性の高い機能を期待できるということです。

 

7.個性化

顧客一人一人に向けたマーケティングが、これから主力になっていくと考えてもいいでしょう。顧客の74%が、自分の興味とは関係のないサイトにフラストレーションを感じることが報告されています。個人に向けたEメールを利用する会社がコンバージョン率10%の上昇が見られていることが現状です。

 

8.マイクロターゲティング細分化

TwitterやFacebookのようなサイトを用いることで、顧客についての情報を山ほど手に入れることができます。それにより、範囲を指定し、ターゲットを絞った買い手に対してマーケティングを行えます。一般のマーケティングよりも、ターゲットマーケティングは2倍もの効果があります。

 

9.モバイルが過半数を占める時代

現在、42%の売買がモバイルアプリによって行われており、その数字が上がっていくと見込まれています。モバイルマーケティングが買い物をしている時のみならず、顧客の様々な活動に向けることが可能となるでしょう。

 

10.オンラインアド出費の上昇

 多彩なターゲットアドも、様々データ分析ができるため、オフラインよりオンラインアドがこれからも支持され続けるでしょう。世界的に見て、オンラインアドへの出費が年度毎に10%上がり続けると見込まれています。

 

まとめ:

今回の記事で紹介されているトレンド傾向は、もう2014年現在でも既に見られています。気付いていなかったり、知らなかったことを今年の内に対策しておきましょう。皆さんは、時代に乗り遅れていないでしょう。

 

参考:

http://www.wheelhouseadvisors.net/10-marketing-predictions-for-2015-infographic-3/?utm_source=Wyzowl&utm_medium=Outreach&utm_campaign=10%20Marketing%20Predictions%20for%202015

関連する記事

問われるキュレーションメディア! 今後はどうなる?... 先日、キュレーションサイト「Welq」の内容に不適切な記事が掲載されていたとして、株式会社DeNAは謝罪し、非公開とした。キュレーションメディアは今年のトレンドとして多いに伸びた分野だ。キュレーションサイトは、PV数も多く稼げるというメリットなどから、アクセス目的でサイトを立ち上げるなどあったこ...
中国消費者にリーチする! 百度(バイドゥ)リスティング広告とは... 中国は2月5日(火)より、旧正月を祝う「春節」が始まる。中国では7連休である。 「春節」は中国のみならず、香港、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシアなど東南アジアでも祝日となる大型連休である。なかでも、中国はこの大型連休中に、海外旅行を楽しみ、特に日本各地へインバウンド観...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...
2017年 日本の広告は何が牽引していた?... 先月、2月22日、電通は『2017年日本の広告費』を発表した。総広告費は前年比の101.6%の6兆3,907億円、その中でもインターネット広告費は前年比、115.2%の1兆5,094億円となっている。 世界経済の回復と企業利益の拡大、雇用の改善など日本の景気は上向き、総広告費は緩やかだが上...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
ローカル企業のウェブサイトに求められること... スマホ普及率が20代では8割、30代では7割、40代では6割に上る今、インターネット利用のハードルは格段に下がり、“何でもその場で手軽に”検索することが日常の光景になっています。 このような環境において、身近に存在する「ローカル企業」が検索される回数も格段に増加しています。店舗があって地元...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ