« ブログのトップページに戻る

2015年マーケティングトレンド予想

   投稿者 : 2014年11月11日 By

Eコマースの世界は常に進化し続けています。この進化と発展へ追いつくにはマーケティング戦略を定期的に見直すことが必要不可欠となります。では2015年には一体どのような形のマーケティングの形態を目指すべきなのでしょうか。Wheelhouse Advisorsは独自の経験ノウハウによって予想した2015年度トレンドリストを掲載しました。

 

1.コンテンツマーケティングの人気は上がる一方

現在、Eコマース運営会社の平均的なマーケティング予算4分の1以上をコンテンツマーケティングが占めているという統計があり、その平均的な数字も上がることが見込まれています。

 

2.マーケティングデータの使用

HubSpot, Infusion Soft, Marketo等のようなサービス導入により、様々な企業に関するデータを更に手にし易くなりました。2015年にマーケティング分析のための出費が60%ほど上がることが見込まれています。また、マーケティングオートメーションの機能も50%に上がると見込まれているようです。

 

3.マーケティング。ノイズの上昇

マーケティングノイズというのは、インターネット上に溢れ返っている、質が低くて役立つ情報のないコンテンツのことです。Googleの最新検索は、こういったコンテンツを排除するように改善されているものの、ネットに情報が増え続ける限り、マーケティングノイズも増殖し続ける懸念があります。

 

4.ゲストブログの低下

ゲストブログ(他の会社の者に記事を書いてもらうこと)の記事の平均的な報酬は$125程に及んでおり、現在では19.7%程度の会社のみがゲストブログを利用していくことを考えているという結果があります。

 

5.動画の取り組み

この数年間、マーケティングにおける動画の利用率が爆発的に上昇しています。質の良い動画は、売り上げを174%も上昇させることが可能だとか。調査によれば、多くの企業の社長のうち75%が毎週必ず動画をチェックし、その中でも65%の人が動画を見た後に会社のサイトを訪ねてみると答えています。

 

6.マーケティングソフトウェア取得

2015年には、新たなソフトウェア会社がより大きい会社に買収されることが見込まれています。FacebookやYahooも大金を出してまで、若い企業者を雇っているのです。つまり、Eコマースサイトにおいても、革新的で利便性の高い機能を期待できるということです。

 

7.個性化

顧客一人一人に向けたマーケティングが、これから主力になっていくと考えてもいいでしょう。顧客の74%が、自分の興味とは関係のないサイトにフラストレーションを感じることが報告されています。個人に向けたEメールを利用する会社がコンバージョン率10%の上昇が見られていることが現状です。

 

8.マイクロターゲティング細分化

TwitterやFacebookのようなサイトを用いることで、顧客についての情報を山ほど手に入れることができます。それにより、範囲を指定し、ターゲットを絞った買い手に対してマーケティングを行えます。一般のマーケティングよりも、ターゲットマーケティングは2倍もの効果があります。

 

9.モバイルが過半数を占める時代

現在、42%の売買がモバイルアプリによって行われており、その数字が上がっていくと見込まれています。モバイルマーケティングが買い物をしている時のみならず、顧客の様々な活動に向けることが可能となるでしょう。

 

10.オンラインアド出費の上昇

 多彩なターゲットアドも、様々データ分析ができるため、オフラインよりオンラインアドがこれからも支持され続けるでしょう。世界的に見て、オンラインアドへの出費が年度毎に10%上がり続けると見込まれています。

 

まとめ:

今回の記事で紹介されているトレンド傾向は、もう2014年現在でも既に見られています。気付いていなかったり、知らなかったことを今年の内に対策しておきましょう。皆さんは、時代に乗り遅れていないでしょう。

 

参考:

http://www.wheelhouseadvisors.net/10-marketing-predictions-for-2015-infographic-3/?utm_source=Wyzowl&utm_medium=Outreach&utm_campaign=10%20Marketing%20Predictions%20for%202015

関連する記事

今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
色がもつイメージ:多くのメッセージを伝える=グリーン効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。 色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
中堅ブランドをお持ちのやさしい海外販路開拓... 中堅企業が海外展開をおこなうには 日本のナショナルブランド? でもなく、いわゆるその業界で秀でてブランドを持っている日本の中堅企業というのは、展示会に行くと結構あります。 有名かというと、決して有名ではありません。あくまでも業界内でのブランド力はそこそこあるケースです。 業界内ではブ...
消費者の購買行動を後押しするコンテンツとは?... マーケティングリサーチ会社のニールセンによって最近実施された調査で、「消費者の購入決定に最も影響力の大きいコンテンツは、専門家によるレビューだ」という興味深い結果が出ました。 消費者の購買行動に焦点を当てたこの調査の内容を詳しく見ていきましょう。   購買行動に一番効果的なコンテ...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。