ホリデーマーケティングでおかしがちな過ち

イメージ写真

ホリデーシーズンが近付くにつれ世間も活気付いてくるのと共に、市場競争も激しくなっていきます。今の時期、この商機に合わせたホリデーマーケティング戦略を考えている頃ではないでしょうか。
コンテンツマーケティングにおいて、親切な接客を届けられる方法の一つと言えばEメールです。効率の良い方法である一方、Eメールという形式に伴う犯しがちな失敗があります。1年で最も重要とも言えるホリデーマーケティングを成功させるためには、以下のような過ちを避けましょう。

1. 計画のないホリデーマーケティング

最近、カレンダーを意識してご覧になっているでしょうか。もし、ホリデーシーズンの到来をうっかり忘れていたとしたら、今すぐ計画的に考え始めましょう。最新ホリデーコンテンツを準備していない会社が、それを求めている顧客からの評判を落としかねないからです。
このようなアイディアの検討をしてみましょう: 

  • クリエイティブなホリデーテーマのEメールテンプレートを考えること。
  • この季節の人気商品だけの特別なランディングページを作ること。
  • 顧客を感動させる動画をアップすること。
  • ソーシャルメディアをホリデーグラフィックで飾り、顧客からの問い合わせに普段よりも頻繁に返事を行うこと。

2. カスタマイズをしない

顧客のメールアドレスを得ている場合、初めての購入かどうか等、個人について何らかの情報を持っているはずです。過去に購入履歴があるとしたら、その情報に基づき顧客の興味を持っていそうな商品を紹介したメールを書くことが可能ですよね。
こうしたカスタマイズは中小企業ならでは出来ること。だからこそ、是非とも発揮させるべきです。顧客を幾つかのグループに分け、グループごとにマーケティングを行います。簡単に購入経験の有り無しを分けるだけでも、一人一人の顧客に適切な情報を送れることでしょう。

3. モバイルを利用しない

2013年ブラック・フライデーの販売の4割はモバイルによるものだったという調査があります。そして、この傾向が更に増加することは間違いありません。
では、モバイルを利用した商売で気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。

  • どのデバイスからでも、コンテンツへのアクセスが可能である。
  • モバイルでランディングページを容易に見られる。 
  • モバイルで、Eメールから購入までを容易に進められる。 

これらは絶対に欠かしてはいけない事項です。今後のスマートフォン普及率を考えても、モバイルデバイスからの購入が困難であれば、残念ながら競争に負けてしまうことが見えています。

4. ダイレクトマーケティングを活用しない

多くの理由からEメールによるマーケティングは非常に効果的です。ところが、インターネット企業であってもダイレクトマーケティングを行うことで効果を得られるということを忘れてはいけません。
ダイレクトでは、対象となる顧客へのセール広告付きポストカードを送付し、Eメールでは2014年ホリデーランディングページのリンクを送信する。このように2つを併せることで、劇的な効果が有ります。

 

まとめ

商品、サービス、情報が売買における重要要素であることは当然として、Eメールマーケティングが、この激しいQ4の競争に役立つはずです。更にインターネット企業としての垣根を越えたダイレクトマーケティングの実施も検討してみる価値があります。
ホリデーキャンペーンの実行は、今からでは早いということはありません。以上のような失敗がないかを確認してから行うことで、顧客の満足度は上昇し利益の上昇を見込めることでしょう。

 

参考:

http://www.clickz.com/clickz/column/2381085/dreaming-of-your-holiday-email-campaign-avoid-these-mistakes

関連する記事

海外で売れそうな商品をセレクト 今回は、海外で売れる商品を考えてみる。その国で何が必要とされているか、どのような製品が頻繁に利用されているか、さらに、その製品につながる付属製品、部品など、様々な可能性が無限大に広がっていくだろう。 1.オランダの場合 ハイテク・スマート自転車ロックに注目 ヨーロッパ諸国でもオランダは...
Google Analytics Eコマース解析設置を標準採用... 本日申し込み分より、Google Analytics (アクセス解析)の解析とEコマースタグの解析を標準にて実装するようにいたしました。 Live Commerce利用者様は自分でGoogle Analyticsのタグを設置しなくても納品時より契約時のメールアドレスにてGoogle Analyt...
集客につなげることができるECサイトのメディア化とは... ECサイトの集客といえば、SEO対策、メルマガ、リスティング広告といったものが連想されるが、その効果がいま一つ落ちてきているといわれる中、注目されているのが「ECサイトのメディア化」である。 ECサイトは単に商品写真を並べ、価格を表示し、商品説明を掲載するだけのものではなく、商品に関連した有...
第22回 越境ECセミナー 3/1 日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。 セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い... 米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ