クリエイティブなECサイト7選

イメージ画像

優れたECサイトを構築するには分かりやすさ、使いやすさは重要なデザイン要素であるが、ECサイト全体が魅力的である、独創的であることも見逃してはならない。ECサイトはシンプルで明瞭で、使いやすく、魅力的であることが重要なポイントである。
今回は魅力的でクリエイティブなECサイトデザインでは、どんなサイトがあるか、海外のECサイトに焦点をあてて見ていこう。

 

Bugaboo

https://www.bugaboo.com/

ファーストビューはベビーカー片手の夫婦の何気ない日常の一場面である。全面背景画像(フルスクリーン画像)のこのサイトはオランダのバガブーベビーカーのECサイトである。
世界中のベビーカーのデザインに変革をもたらせたという、バガブーのベビーカーECサイトは商品写真のクオリティが非常に高い。商品ページでは商品を360度インタラクティブに回転できるところが特徴だ。


Nike Lidyana

ナイキ

http://nike.lidyana.com/

ファーストビューがフルスクリーンの動画で始まるのは、女性の2015年夏のスタイルを促進するナイキのECサイトである。右下のベルアイコンををクリックすると動画が始まる。インタラクティブな操作で、買い物をするという遊び心あるサイトである。ユーザエクスペリエンスを提供するECサイトといっても良いだろう。


Edwin-Europe

エドウィン

https://edwin-europe.com/

エドウィンジーンズの新しいECサイト。こちらはファーストビューは静止画から壁の一部にオンマウスすることで、動画が展開する仕掛け。商品ページの商品画像も大きく、シンプルで分かりやすい。エドウィンデニムブランドをビジュアルで体験できるECサイトである。


Whippingpost

ウィッシングポスト

http://whippingpost.com/

メッセンジャーバックのウィッピングポストのECサイト。このサイトは「The best of ecommerce web design」に選ばれている。
フルスクリーン表示のキービジュアルはストーリー的で好印象だ。トップページは下にスクロールすると動画による、商品イメージムービーが再生され、ブランドアイデンテティを発信している。


ユニクロ

ユニクロ

http://www.uniqlo.com/jp/introduction/

国内サイトも見てみよう。ここではユニクロのECサイトイントロページを紹介したい。サイト下部からどんどん商品が上昇してくるところが印象的なつくりだ。
マウスオーバーすると商品が拡大ズームする動きも面白い。下から流れてくる商品写真のレイアウトも新鮮で、ユニクロ盛況をコンセプチュアルに表現している。


Nice Laundry

Nice-Laundry

http://www.nicelaundry.com/

バガブーベビーカーのトップ画面に見られたような、日常的な何気ない画像に商品を盛り込むという手法。この写真から靴下のECサイトNice Laundryのサイトでるということが分かるのは、少数かもしれない。
人物の履いている靴下はNice Laundryの商品であり、ユーモアを感じ微笑ましい。そして、サイトにしばらく滞在してると、コンタクトの申し込みがポップアップされる。


James Richardson Furniture

James_Richardson_Furniture

http://jamesrichardsonfurniture.com.au/

オーストリアのジェームス・リチャードソン家具のECサイト。美しい家具をシンプルに見せる。
家具は展示物のように整然と並べられ、家具デザインもさることながら、こちらも商品写真がみごとに美しいものばかりだ。


まとめ

日々、WEBサイトの世界は移り変わり、技術、デザインはどんどん進化している。デザイナーもその進化に対応し、新しいものをお客様に提案できるよう努力が必要である。そのためのも日頃から海外、国内の優れたサイトを出来るだけ多く見て、情報収集が大切になってくる。
今回紹介した海外のECサイトを見ても分かるように、時代はフルスクリーン、レスポンシブ、シンプル、ユーザーエクスペリエンスがデザインキーワードである。

関連する記事

企業の取り組みは大丈夫? デジタルマーケティングの現状... スマートデバイスの普及により、企業のマーケティング戦略は大きな変革期を迎えている。 つまり、デジタル化の大きな波により、デジタルマーケティングを認識し、取組んでいかない企業経営は成り立たない時代になってきているということだ。 今年1月、「先進技術による新事業創造委員会」より『企業の成長シ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
2017年 日本の広告は何が牽引していた?... 先月、2月22日、電通は『2017年日本の広告費』を発表した。総広告費は前年比の101.6%の6兆3,907億円、その中でもインターネット広告費は前年比、115.2%の1兆5,094億円となっている。 世界経済の回復と企業利益の拡大、雇用の改善など日本の景気は上向き、総広告費は緩やかだが上...
モバイルECサイトにレスポンシブデザインは必要ない!... レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルで、パソコンとスマートフォン、タブレットなどそれぞれのディバイスに適したページを表示できるのが特長だ。 最近ではますます、このレスポンシブデザインでサイトをリニューアルしたいというユーザーが増えている。 ECサイトにもこの傾向が増えてきている...
エコシステムをご存知ですか? エコシステムとは、経営やIT分野の新語で、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーショップを組み、互いの技術や資本を生かしながら開発業者、代理店、販売店、宣伝媒体、さらに消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を越えて広く共存、共栄していく仕組みのこと。本来は、生物とその環境の構成要素を1つ...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ