デザイン4原則でラクラクデザイン -その2:近接-

イメージ画像

UI(User Interface)デザインの基本としてあるのが、「近接=グループ化」するという方法だ。近接とは、関連する要素と要素どうしを近くに配置し、関係の薄いものは遠ざけるという原則である。
今回は前回の「整列」に引き続き、デザイン4原則「-その2:近接-」について見ていこう。

1.見やすい画面デザインをおこうための基本=近接の原則

画面デザインでは情報をグループ化する「近接の原則」は最も活用される手法だ。
この原則はゲシュタルト心理学の近接の要因「近接しているもの同士はひとまとまり=グループ化され認識される」から導きだされている。
つまり、同じ性質、要因のものは、視覚的、デザイン的に近くに配置し、関係の薄いものは離して配置することで、関係性が強化され認識しやすくなるのだ。認識しやすい=見やすい画面デザインを構築することができる。
下の例を見てみよう。(図1)のように情報の配置がバラバラだと、どこをどう見たらよいのか、情報がどうなっているのか、何をしたらいいのかユーザーには伝わらない。ユーザーは目的を達成するためにどうしたらよいか戸惑ってしまうだけである。
そこで、「近接=グループ化」を行い、ユーザー視線を考え、優先順位をつけて配置してみる。
(図2)のように情報をグループ化し、視線の順序を意識し、レイアウトすることで意味のある余白が生まれ、ユーザーに見やすい、伝わるデザインに改善することができる。情報のグループ化はとても重要なのである。

時計の購入内容の比較

「近接」とは、関連する情報をグループ化することである。関連する情報は近づけ、関連しない情報は遠ざける。さらに、優先順位を決め、視線の流れを意識して配置すること。

2.似た要素のものをまとめる

類似要素をグループ化し、関連性の少ない要素は離して配置する。「情報の階層化」も近接の手法の一つだ。
下の例を見てみよう。(図3)のように均等にバラバラにあるものは、文頭から中身をすべて読んでゆくことになり、知りたい情報を探すのに時間がかかる。右(図4)のように似た要素はグループ化し情報の階層化することで、情報が視覚化され、情報を素早く正確に伝え、欲しい情報が見つけやすくなる。

テキストを階層化

3.まとめ. 近接=関連する要素は近づけける

  1. 関連するものは近づけて、関連の薄いものは離す。
  2. 要素間に均等な空白を作らない。
  3. 優先順位を決め、視線に考え配置する。
  4. 似た要素はグループ化し固まりとして見せる。

近接の原則は、内容を理解し、情報の整理、整頓をすることが第一義である。整理したうえで、関連あるものはグループ化し、その塊(グループ)を意図して配置し、さらに関連あるもの、関連ないものに余白を作り意味づけする。
この原則を用いてデザインすることでサイトを訪れたユーザーが直感的に各要素の構成、内容を容易に理解することができる。
WEBデザイナーはECサイト構築の際、サイトの情報を整理し、関連性の高い要素をグループ化し配する、この「近接の原理」を基本とし訪れたユーザーにとって理解しやすいサイトを構築していただきたい。
次回は「3.繰り返し」について説明する。

関連する記事

甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果... 8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。 そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。 「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。 なぜ、「イン...
効果が高いと言われるロングテールSEOとは何ですか?... SEO対策で重要なのは、人気のあるビックキーワードの設定であることは、周知の事実だが、「ロングテールキーワード」の設定もないがしろにはできない。「ロングテール」という言葉は耳にしたことはあるが、きちんと理解していないという人もいるかもしれない。今回はこの「ロングテールSEO」についてまとめてみた...
カタログ通販のARカタログアプリがユーザーを増やす秘密... カタログ通販業界に、AR(拡張現実)の技術を活用したスマートフォンアプリを提供し、立体映像を見せるカタログが増えてきました。AR(拡張現実)とは ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を付加して表示することで、より多くの商品情報を提供する技術です。今回は、このAR技術を取り入れたカタログ通販...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−2月... 前回2016年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、Microsoft Edgeのシェアは普及し、どこまで伸びたのだろうか? 今回も各ブラウザ毎に日本と世界で見ていこう。 ※掲載に使用したデータは「Stat...
ECユーザーはパソコンからスマホへ移行するのか?... 2014年の消費者向けEC(電子商取引)市場の規模は、前年度比14.6%増の12兆7970億円と経済産業省の市場調査の結果として発表された。 また、EC市場内訳は「物販系分野」で6兆8043億円、「旅行などサービス分野」で4兆4816億円、「オンラインゲームなどのデジタル分野」で1兆5111...
海外ビジネス向け「海外送金サービス」比較... インターネットのおかげで海外とのコミュニケーションだけでなく、貿易、物流、金融など様々なモノの取引が便利な時代になった。その中でも、税金や海外送金については、未だに頭を悩まされているビジネスオーナーは多いらしい。 海外ビジネス取引において海外送金は頻繁に行われるのでコストも削減したいもの。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ