デザイン4原則でラクラクデザイン -その2:近接-

イメージ画像

UI(User Interface)デザインの基本としてあるのが、「近接=グループ化」するという方法だ。近接とは、関連する要素と要素どうしを近くに配置し、関係の薄いものは遠ざけるという原則である。
今回は前回の「整列」に引き続き、デザイン4原則「-その2:近接-」について見ていこう。

1.見やすい画面デザインをおこうための基本=近接の原則

画面デザインでは情報をグループ化する「近接の原則」は最も活用される手法だ。
この原則はゲシュタルト心理学の近接の要因「近接しているもの同士はひとまとまり=グループ化され認識される」から導きだされている。
つまり、同じ性質、要因のものは、視覚的、デザイン的に近くに配置し、関係の薄いものは離して配置することで、関係性が強化され認識しやすくなるのだ。認識しやすい=見やすい画面デザインを構築することができる。
下の例を見てみよう。(図1)のように情報の配置がバラバラだと、どこをどう見たらよいのか、情報がどうなっているのか、何をしたらいいのかユーザーには伝わらない。ユーザーは目的を達成するためにどうしたらよいか戸惑ってしまうだけである。
そこで、「近接=グループ化」を行い、ユーザー視線を考え、優先順位をつけて配置してみる。
(図2)のように情報をグループ化し、視線の順序を意識し、レイアウトすることで意味のある余白が生まれ、ユーザーに見やすい、伝わるデザインに改善することができる。情報のグループ化はとても重要なのである。

時計の購入内容の比較

「近接」とは、関連する情報をグループ化することである。関連する情報は近づけ、関連しない情報は遠ざける。さらに、優先順位を決め、視線の流れを意識して配置すること。

2.似た要素のものをまとめる

類似要素をグループ化し、関連性の少ない要素は離して配置する。「情報の階層化」も近接の手法の一つだ。
下の例を見てみよう。(図3)のように均等にバラバラにあるものは、文頭から中身をすべて読んでゆくことになり、知りたい情報を探すのに時間がかかる。右(図4)のように似た要素はグループ化し情報の階層化することで、情報が視覚化され、情報を素早く正確に伝え、欲しい情報が見つけやすくなる。

テキストを階層化

3.まとめ. 近接=関連する要素は近づけける

  1. 関連するものは近づけて、関連の薄いものは離す。
  2. 要素間に均等な空白を作らない。
  3. 優先順位を決め、視線に考え配置する。
  4. 似た要素はグループ化し固まりとして見せる。

近接の原則は、内容を理解し、情報の整理、整頓をすることが第一義である。整理したうえで、関連あるものはグループ化し、その塊(グループ)を意図して配置し、さらに関連あるもの、関連ないものに余白を作り意味づけする。
この原則を用いてデザインすることでサイトを訪れたユーザーが直感的に各要素の構成、内容を容易に理解することができる。
WEBデザイナーはECサイト構築の際、サイトの情報を整理し、関連性の高い要素をグループ化し配する、この「近接の原理」を基本とし訪れたユーザーにとって理解しやすいサイトを構築していただきたい。
次回は「3.繰り返し」について説明する。

関連する記事

新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
eBay 国際売買26%上昇 今月、eBay の2014年第2期のフィナンシャル結果が発表されたことを、皆さんは確認されたでしょうか。今回の結果はeBayにとって、善い点もあれば悪い点もあったわけですが、eBayを通してEコマースを行っている方には、この結果から時代に沿った戦略を見出すことが出来るのではないかと思います。...
反応してもらえるメールの書き方6つのポイント... メールの回答をもらうのに苦労していませんか?なぜ返答がないのだろうか?シンプルな回答のはずなのに時間が掛かりすぎていないだろうか、 どうすればもっと早く受信者に反応してもらえるのだろうか?これは皆が経験していることだと思われる。 そこで今回は反応してもらえる6つの重要なヒントをまとめてみた。...
ECサイト運営で欠かせない「チャージバック対策」... ECサイトの決済で主流となっているものにクレジットカード決済がある。 ECサイトのクレジットカードの利用が増えるに連れ、増えてきているのがクレジットカードの不正使用である。 日本クレジット協会によると、平成28年のクレジット不正使用の被害は約140億9000万円(前年比117%)、その中で...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...

コメントをどうぞ