« ブログのトップページに戻る

意外な効果?リピーターを増やすパッケージとは?

   投稿者 : 2014年8月19日 By

アマゾン

日本のEコマースで商品を注文した際、配送に使われるパッケージといえばなんとも味気ない段ボールがほとんどです。ユニークなものと言えばAmazonのロゴ入り段ボール箱くらいでしょうか。ところが海外では、パッケージを魅力的なカスタム仕様にしている企業が数多くあります。パッケージをユニークなものにするメリットとは? 企業の事例も参考にして、その効果を考えます。

意外に見られている、そのパッケージ

荷物を受け取って一番先に目に入るのはそのパッケージです。したがってカスタム仕様のパッケージであれば、どこから送られたものかすぐに分かりますし、それが可愛くておしゃれなものであればぐっと良い印象を持たれます。初めての注文客であればファンになっていただけるきっかけにもなり、リピーターであればより愛着を持ってもらえる可能性があります。
また最近では、FacebookやTwitterなどのSNSにおいて、「届いたよ!」とパッケージごと写真に撮って投稿するネットユーザーも増えており、ユニークなパッケージであればその分露出の機会も多くなります。ちなみに、海外では宅配便が家の前に放置されることもよくあるので、ご近所の目に触れる機会もあるのです。それでは、海外のユニークなパッケージを見ていきましょう。

1. Chegg

教科書のレンタルサービスを行っているChegg.comは、オレンジ色のパッケージで教科書などの書籍を配送しています。アメリカでは教科書が貸与制のため、こういったサービスへのニーズがあり成長を続けている企業です。このような鮮やかなオレンジ色のパッケージが小学生から大学生まで、多くの目を引くことは間違いありません。

Chegg

2. NatureBox

自然食品を販売するアメリカのNatureBoxでは、ナッツやドライフルーツなど5種類のスナックを、ライトグリーンとオレンジを基調としたデザインの箱に詰めて送ってくれます。企業イメージや商品のコンセプトとぶれることのない明るく健康的な印象を与えていて、届くのが待ち遠しくなるようなパッケージです。

ナチュラルボックス

3. BarkBox

アメリカのBarkBoxは、愛犬へのおもちゃやドッグフードなどを定期的に送ってくれるサービスを提供しています。パッケージは、「BarkBox」とロゴの入ったシンプルなものですが、荷物が届いて愛犬が喜んでいる様子を投稿する「BarkBuzz」というコーナーもあり、可愛いワンちゃんとシンプルな箱との組み合わせが何とも言えず微笑ましいですね。

4. Mantry

全米から選りすぐりのこだわり食品を、食にこだわる男性に毎月届けるサービスを提供しているMantry、こちらもシンプルですが味わい深い木箱のパッケージを使用しています。男性向けとあって、ワインの木箱にも似て趣きがあります。

モントレー

パッケージも大切なマーケティング・ツール

以上のような工夫をこらした事例を見れば、パッケージは「商品を送り届ける」という目的のみならず、重要なマーケティング・ツールでもあることが分かります。特に海外でEコマースを展開する際には、「単なる配送用の箱」と捉えずにパッケージの見栄えにも配慮したいものです。
参考:
How to use packaging to drive new business and repeat customers

関連する記事

越境ECサイト構築費用 オンライン見積シミュレーター... 越境ECサイト構築を依頼する時に、いくらかかるのでしょうか? ECサイトの構築依頼は制作会社によって料金体系はバラバラです。 そこで当社では、越境ECサイト構築を依頼する場合の費用をデザインや翻訳等詳細な分類に分けてオンライン見積もりができるツールを作成しました。 ASPの月額費用の他...
海外への販売可能性の判定ができるシミュレーターをリリース... 越境ECに挑戦する全ての企業様へ 当社では本日、越境EC事業における販売可能性の判定を簡単に行えるツールをリリースしました。 https://www.live-commerce.com/simulator/ 海外向けに日本の商品を販売する前に、該当商品が海外で販売可能性があ...
米Amazon社による物流サービス効率化の取組み... Eコマースにとって配送は非常に重要である。お客様がオンライン上で購入した商品は確実にお客様の手元に届けなければならない。商品到着の確実さ、速さ、安さがショップの価値を左右する。そして、Eコマースの物流では米Amazon社が世界を牽引していると言っても過言ではない。 米Amazon社では配送ト...
来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い... 米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということ...
2016年のデザイントレンドは何? WEBデザインは毎年、時代とともに目まぐるしく多様に変化している。新たなテクニックによる見せ方や新しいスタイル、ツールなどが常に交錯し、革新的なデザインが生み出されている。WEB業界では常にそのような最新情報に敏感に反応し、デザインのみならず、マーケティングやビジネスに応用することが求められる。...
集客効果があるといわれるリタゲ広告はどうなの?... ECサイトを運営されている方は一度は行ったことがあるだろうリターゲッティング広告。ディスプレイ型広告を使用したターゲッティング手法の一つで、自社サイトに訪問したユーザーに対して、ユーザーが他のサイトを訪問すると、自社サイトの広告バナーを表示させることができる仕組みが、リターゲッティング広告または...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。