« ブログのトップページに戻る

意外な効果?リピーターを増やすパッケージとは?

   投稿者 : 2014年8月19日 By

アマゾン

日本のEコマースで商品を注文した際、配送に使われるパッケージといえばなんとも味気ない段ボールがほとんどです。ユニークなものと言えばAmazonのロゴ入り段ボール箱くらいでしょうか。ところが海外では、パッケージを魅力的なカスタム仕様にしている企業が数多くあります。パッケージをユニークなものにするメリットとは? 企業の事例も参考にして、その効果を考えます。

意外に見られている、そのパッケージ

荷物を受け取って一番先に目に入るのはそのパッケージです。したがってカスタム仕様のパッケージであれば、どこから送られたものかすぐに分かりますし、それが可愛くておしゃれなものであればぐっと良い印象を持たれます。初めての注文客であればファンになっていただけるきっかけにもなり、リピーターであればより愛着を持ってもらえる可能性があります。
また最近では、FacebookやTwitterなどのSNSにおいて、「届いたよ!」とパッケージごと写真に撮って投稿するネットユーザーも増えており、ユニークなパッケージであればその分露出の機会も多くなります。ちなみに、海外では宅配便が家の前に放置されることもよくあるので、ご近所の目に触れる機会もあるのです。それでは、海外のユニークなパッケージを見ていきましょう。

1. Chegg

教科書のレンタルサービスを行っているChegg.comは、オレンジ色のパッケージで教科書などの書籍を配送しています。アメリカでは教科書が貸与制のため、こういったサービスへのニーズがあり成長を続けている企業です。このような鮮やかなオレンジ色のパッケージが小学生から大学生まで、多くの目を引くことは間違いありません。

Chegg

2. NatureBox

自然食品を販売するアメリカのNatureBoxでは、ナッツやドライフルーツなど5種類のスナックを、ライトグリーンとオレンジを基調としたデザインの箱に詰めて送ってくれます。企業イメージや商品のコンセプトとぶれることのない明るく健康的な印象を与えていて、届くのが待ち遠しくなるようなパッケージです。

ナチュラルボックス

3. BarkBox

アメリカのBarkBoxは、愛犬へのおもちゃやドッグフードなどを定期的に送ってくれるサービスを提供しています。パッケージは、「BarkBox」とロゴの入ったシンプルなものですが、荷物が届いて愛犬が喜んでいる様子を投稿する「BarkBuzz」というコーナーもあり、可愛いワンちゃんとシンプルな箱との組み合わせが何とも言えず微笑ましいですね。

4. Mantry

全米から選りすぐりのこだわり食品を、食にこだわる男性に毎月届けるサービスを提供しているMantry、こちらもシンプルですが味わい深い木箱のパッケージを使用しています。男性向けとあって、ワインの木箱にも似て趣きがあります。

モントレー

パッケージも大切なマーケティング・ツール

以上のような工夫をこらした事例を見れば、パッケージは「商品を送り届ける」という目的のみならず、重要なマーケティング・ツールでもあることが分かります。特に海外でEコマースを展開する際には、「単なる配送用の箱」と捉えずにパッケージの見栄えにも配慮したいものです。
参考:
How to use packaging to drive new business and repeat customers

関連する記事

ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
中国は日本にとっての大口顧客であることが分かる「ジェトロのアンケート調査」... 3月7日、日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)は2018年11月〜2019年1月にかけて、ジェトロのサービス利用企業、10,004社を対象に「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」を実施した。 そのうち、3,385社から回答を得た結果内容を公表した。 アンケート詳細内容は、「貿...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
越境EC マレーシアのポテンシャルは?... 9月3日、東京都は越境ECで中国向け販売、マレーシア向け販売を支援する事業を開始した。 これは中国とマレーシアの現地モールに特設サイトを開設し、販売するというものだ。中国では、「寺庫(スーク―)」モールサイトで、マレーシアは「11street(イレブンストリート)」での販売となる。 東京都...
押さえておきたい! SNS広告の基本と特徴... WEBサイトへの集客にはSEO、コンテンツマーケティング、ディスプレィ広告、SNSの運用など多義にわたる。 そして、SNSに関してはその国内利用者は、7500万人以上にのぼり、インターネット利用者であれば、なんらかのSNSを利用していると言われている。 このSNS利用者に向けて広告を配信...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。