意外な効果?リピーターを増やすパッケージとは?

アマゾン

日本のEコマースで商品を注文した際、配送に使われるパッケージといえばなんとも味気ない段ボールがほとんどです。ユニークなものと言えばAmazonのロゴ入り段ボール箱くらいでしょうか。ところが海外では、パッケージを魅力的なカスタム仕様にしている企業が数多くあります。パッケージをユニークなものにするメリットとは? 企業の事例も参考にして、その効果を考えます。

意外に見られている、そのパッケージ

荷物を受け取って一番先に目に入るのはそのパッケージです。したがってカスタム仕様のパッケージであれば、どこから送られたものかすぐに分かりますし、それが可愛くておしゃれなものであればぐっと良い印象を持たれます。初めての注文客であればファンになっていただけるきっかけにもなり、リピーターであればより愛着を持ってもらえる可能性があります。
また最近では、FacebookやTwitterなどのSNSにおいて、「届いたよ!」とパッケージごと写真に撮って投稿するネットユーザーも増えており、ユニークなパッケージであればその分露出の機会も多くなります。ちなみに、海外では宅配便が家の前に放置されることもよくあるので、ご近所の目に触れる機会もあるのです。それでは、海外のユニークなパッケージを見ていきましょう。

1. Chegg

教科書のレンタルサービスを行っているChegg.comは、オレンジ色のパッケージで教科書などの書籍を配送しています。アメリカでは教科書が貸与制のため、こういったサービスへのニーズがあり成長を続けている企業です。このような鮮やかなオレンジ色のパッケージが小学生から大学生まで、多くの目を引くことは間違いありません。

Chegg

2. NatureBox

自然食品を販売するアメリカのNatureBoxでは、ナッツやドライフルーツなど5種類のスナックを、ライトグリーンとオレンジを基調としたデザインの箱に詰めて送ってくれます。企業イメージや商品のコンセプトとぶれることのない明るく健康的な印象を与えていて、届くのが待ち遠しくなるようなパッケージです。

ナチュラルボックス

3. BarkBox

アメリカのBarkBoxは、愛犬へのおもちゃやドッグフードなどを定期的に送ってくれるサービスを提供しています。パッケージは、「BarkBox」とロゴの入ったシンプルなものですが、荷物が届いて愛犬が喜んでいる様子を投稿する「BarkBuzz」というコーナーもあり、可愛いワンちゃんとシンプルな箱との組み合わせが何とも言えず微笑ましいですね。

4. Mantry

全米から選りすぐりのこだわり食品を、食にこだわる男性に毎月届けるサービスを提供しているMantry、こちらもシンプルですが味わい深い木箱のパッケージを使用しています。男性向けとあって、ワインの木箱にも似て趣きがあります。

モントレー

パッケージも大切なマーケティング・ツール

以上のような工夫をこらした事例を見れば、パッケージは「商品を送り届ける」という目的のみならず、重要なマーケティング・ツールでもあることが分かります。特に海外でEコマースを展開する際には、「単なる配送用の箱」と捉えずにパッケージの見栄えにも配慮したいものです。
参考:
How to use packaging to drive new business and repeat customers

関連する記事

こんなに違う! 世界と日本のブラウザシェア... 現在、2015年の時点で、Webブラウザのシェアはいったいどうなっているいるのだろうか? ブラウザは日本国内、世界では多数混在しているが、Webブラウザは大きく分けるとインターネットエクスプローラー(IE)とグーグルクロム(Chrome)、ファイアフォックス(firefox)、サファリ(sa...
新型コロナ感染症に関する企業補助金・助成金+ 海外販売に関する最新補助金・助成金情報(4月)... 4月は旧暦では「卯月(うづき)」とも呼ばれ、「卯の花が咲く頃」という意味から来ている。 4月に入り、入学、入社シーズンと新たな年度となったが、新型コロナ感染症はさらに拡大し、様々なイベントに影響が出ている。 7日には新型コロナ感染の爆発的拡大を防ぐため、日本政府は7都府県に緊急事態宣言を...
おさえておきたい! WEBサイトリニューアルのポイント8つ... WEBサイトを運営していると、いろいろなところの問題点が明らかになり、その都度、変更、修復することとなる。WEBサイトはサイトの変更や修復など、その都度、調整できるところが良いところでもあるが、10年もの月日が経つと、デザインの問題であったり、情報が増えすぎ、整理ができなくなったり、そして、ます...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
Instagramの写真から即購入できる「ショッピング機能」とは... 昨年の流行語にもなった「インスタ映え」。その勢いは今も衰えを知らない。 日本のアクティブユーザーは2,000万人を突破し、6月21日のインスタグラム公式ページでは、ついに世界中の月間アクティブユーザーが10億人を突破と公表した。 多くの企業では、この勢いに乗ろうと、商品画像、動画など配信し...
ヨーロッパのクラウドベース物流サービス... ヨーロッパのEコマースは日々発展している。ヨーロッパはEU圏内といっても他国になるため、距離とは関係なく物流や決済が複雑である。 商品の販売規定もそれぞれの国で異なるため、販売を開始する前に、ヨーロッパの法律を統括する機関European Commissionで内容を調査をしなければならな...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ