デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−9月

イメージ画像

前回、2017年2月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか?今回も各ブラウザ毎に日本と世界を比較してみた。

※掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2017年7月1日~2017年8月31日までのデータをグラフ化したものである。

出典:StatCounter Global Stats

 

●1.デスクトップ

 

デスクトップー日本

japan_desktop

Chromeは前回からほぼ横ばいで42.39%。IEが25.4%、Edgeが5.91%と前回数値より増加に転じている。その分、Firefox、safariは減少している。

 

デスクトップー世界

 

world_desktop

世界的ブラウザシェアはChromeが独占で、前回より1%ほど上昇させ、63.53%となっている。減少気味なのはFirefox、IE、Safariである。Edgeは僅かだが上昇傾向にある。いずれにしても、Chromeの成長傾向はまだまだ続いている。

 

●2.タブレット

 

タブレットー日本

日本のタブレットシェア

日本はipadのSafariが前回から69.6%と5%の減少となっている。Safariがダウンした分、Chromeが11%から14.5%と上昇し、同じくAndroidも13.4%と2%ほど上昇に転じている。

 

タブレットー世界

世界のモバイルシェア

タブレットの世界的ブラウザシェアの状況は1位がSafariが58.99%と横ばい状態と変化がない。また、2位のChromeが21.8%から24.7%と増加しており、その分、AndroidやUCBrowserは減少した結果となっている。

 

●3.スマートフォン

 

スマートフォンー日本

日本のスマートフォンシェア

日本のスマートフォンブラウザシェアはiPhone(Safari)がシェアを独占状態は相変わらずだが、前回68.9%から63.25%と若干減少している。その分、前回から増加傾向にあるのがChromeで、21.8%から27.7%と上昇している。
その他のブラウザ、Androidは3.5%と減少し、Samsung Internetなどは横ばい傾向が続いている。

今回、初登場なのが、Sleipnir(スレイプニル)、略称「プリ」は、日本のフェンリル社の柏木泰幸氏を中心に開発されてたウェブブラウザである。
「プリ」はWindowsOSとMacOS双方に対応しており、特徴的なのが、一つのウィンドウ上で複数ページを見ることができるタブ機能を持っている点である。

 

スマートフォンー世界

世界のスメートフォンシェア

世界的にはデスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが前回44.6%から50.3%とこちらも上昇している。その他、iPhone(Safari)は横ばいがつづき、UC Browserは14.7%と減少、SamsungInternetは若干上昇、Androidは減少傾向にある。 デスクトップのシェア同様、スマートフォンの世界的シェアはChromeが独占状態が続いている。

 

●デスクトップブラウザのIE対策はどこまで必要か?

デスクトップシェアは世界的にはChromeが優勢となってるが、日本ではまだまだ、IEで閲覧しているユーザーは多いようである。
下の図にあるように国内のブラウザバーション別シェアではIE11が23.9%とトップとなっている。 IE11のこの数字はSafariとFirefoxの全数値を足したものより多い数字である。
この数字を見ると日本ではIE対策はあたりまえだが、必須事項のようだ。 ブラウザバージョン別ではIE11が圧倒的に利用者が多く、ある統計によると、IE利用者のうち、IE11での閲覧者は95%、IE9での閲覧者は3%以下というデータもある。
このようなデータを見ると、IEのブラウザ対策はIE11については確実に行わなければいけないというが結論となる。
IE11のサポートは2025年10月まで続くが、IE10は2017年4月に、IE10は2016年1月にサポートを終了している。IE10、IE9はサポートは終了しているが、ユーザーは少なからず存在するので、こちらも注意は必要である。

日本のブラウザバージョン

 

●まとめ

今回の結果を見ると、デスクトップの世界的シェアはほぼ変化はなかったが、国内シェアではIE、Edgeが上昇傾向にあることが見てとれた。タブレット、スマートフォンのブラウザシェア関しては、Safariが下降傾向となっており、変わって、Google Chromeがシェアをさらに伸ばしているようだ。

関連する記事

デジタル広告はついにテレビ広告を超えた... 日本のスマートフォンの利用状況は継続して増加しており、2018年の調査では「スマホのみ利用する」ユーザーは48%となっており、男女比においては、女性の58%がスマホのみ利用しているという、「ネットはスマホで見る」が当たり前の時代になりつつある。 また、デジタル化、モバイル化の傾向は、広告界...
アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始... 平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。 これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外...
ブルーオーシャンだが、越境EC参入が難しいベトナム... 本日、1月24日サッカーアジアカップ準々決勝が行われる。 日本の対戦相手はベトナムだ。 ベトナムと言えば、フォー、生春巻き、パインミーなど、ベトナム料理が有名だ。 今、ベトナムでは空前のサッカーブーム。そして、サッカー以外でも、昨年、2018年は経済的にもGDP成長率は6.81%と高水準...
意外な効果?リピーターを増やすパッケージとは?... 日本のEコマースで商品を注文した際、配送に使われるパッケージといえばなんとも味気ない段ボールがほとんどです。ユニークなものと言えばAmazonのロゴ入り段ボール箱くらいでしょうか。ところが海外では、パッケージを魅力的なカスタム仕様にしている企業が数多くあります。パッケージをユニークなものにす...
eBay 国際売買26%上昇 今月、eBay の2014年第2期のフィナンシャル結果が発表されたことを、皆さんは確認されたでしょうか。今回の結果はeBayにとって、善い点もあれば悪い点もあったわけですが、eBayを通してEコマースを行っている方には、この結果から時代に沿った戦略を見出すことが出来るのではないかと思います。...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ