デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−9月

イメージ画像

前回、2017年2月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか?今回も各ブラウザ毎に日本と世界を比較してみた。

※掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2017年7月1日~2017年8月31日までのデータをグラフ化したものである。

出典:StatCounter Global Stats

 

●1.デスクトップ

 

デスクトップー日本

japan_desktop

Chromeは前回からほぼ横ばいで42.39%。IEが25.4%、Edgeが5.91%と前回数値より増加に転じている。その分、Firefox、safariは減少している。

 

デスクトップー世界

 

world_desktop

世界的ブラウザシェアはChromeが独占で、前回より1%ほど上昇させ、63.53%となっている。減少気味なのはFirefox、IE、Safariである。Edgeは僅かだが上昇傾向にある。いずれにしても、Chromeの成長傾向はまだまだ続いている。

 

●2.タブレット

 

タブレットー日本

日本のタブレットシェア

日本はipadのSafariが前回から69.6%と5%の減少となっている。Safariがダウンした分、Chromeが11%から14.5%と上昇し、同じくAndroidも13.4%と2%ほど上昇に転じている。

 

タブレットー世界

世界のモバイルシェア

タブレットの世界的ブラウザシェアの状況は1位がSafariが58.99%と横ばい状態と変化がない。また、2位のChromeが21.8%から24.7%と増加しており、その分、AndroidやUCBrowserは減少した結果となっている。

 

●3.スマートフォン

 

スマートフォンー日本

日本のスマートフォンシェア

日本のスマートフォンブラウザシェアはiPhone(Safari)がシェアを独占状態は相変わらずだが、前回68.9%から63.25%と若干減少している。その分、前回から増加傾向にあるのがChromeで、21.8%から27.7%と上昇している。
その他のブラウザ、Androidは3.5%と減少し、Samsung Internetなどは横ばい傾向が続いている。

今回、初登場なのが、Sleipnir(スレイプニル)、略称「プリ」は、日本のフェンリル社の柏木泰幸氏を中心に開発されてたウェブブラウザである。
「プリ」はWindowsOSとMacOS双方に対応しており、特徴的なのが、一つのウィンドウ上で複数ページを見ることができるタブ機能を持っている点である。

 

スマートフォンー世界

世界のスメートフォンシェア

世界的にはデスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが前回44.6%から50.3%とこちらも上昇している。その他、iPhone(Safari)は横ばいがつづき、UC Browserは14.7%と減少、SamsungInternetは若干上昇、Androidは減少傾向にある。 デスクトップのシェア同様、スマートフォンの世界的シェアはChromeが独占状態が続いている。

 

●デスクトップブラウザのIE対策はどこまで必要か?

デスクトップシェアは世界的にはChromeが優勢となってるが、日本ではまだまだ、IEで閲覧しているユーザーは多いようである。
下の図にあるように国内のブラウザバーション別シェアではIE11が23.9%とトップとなっている。 IE11のこの数字はSafariとFirefoxの全数値を足したものより多い数字である。
この数字を見ると日本ではIE対策はあたりまえだが、必須事項のようだ。 ブラウザバージョン別ではIE11が圧倒的に利用者が多く、ある統計によると、IE利用者のうち、IE11での閲覧者は95%、IE9での閲覧者は3%以下というデータもある。
このようなデータを見ると、IEのブラウザ対策はIE11については確実に行わなければいけないというが結論となる。
IE11のサポートは2025年10月まで続くが、IE10は2017年4月に、IE10は2016年1月にサポートを終了している。IE10、IE9はサポートは終了しているが、ユーザーは少なからず存在するので、こちらも注意は必要である。

日本のブラウザバージョン

 

●まとめ

今回の結果を見ると、デスクトップの世界的シェアはほぼ変化はなかったが、国内シェアではIE、Edgeが上昇傾向にあることが見てとれた。タブレット、スマートフォンのブラウザシェア関しては、Safariが下降傾向となっており、変わって、Google Chromeがシェアをさらに伸ばしているようだ。

関連する記事

顧客が購入していない31の理由:あなたのショッピングカートを最適化する方法... ECサイト構築にはショッピングカートが欠かせない。 ネットショップに必ずあるのが、「ショッピングカート」機能である。ショッピングカートとはオンラインショップが備える機能の一つで、簡単に言うと、商品を購入するまで、商品を一時的に保存しておく機能である。 オンラインショップでも、実店舗の買い...
ネットビジネスで使える基本的な心理学... ネットビジネスをしていくにおいて、マーケティングや戦略は必須だが、また、販売心理学を上手に利用し、自分の商品を購入してもらう方法もある。そうすると訪問者が商品を購入する確率もあがり、リピーターも増え、成約率が上がるとう仕組み。   ザイオンス効果 ザイオンス効果(単純接触効果...
比較! こんなに違う日本とアメリカのランディングページ... 日本のランディングページはスタンダードではないとよく言われる。 ランディングページはその国の人々のニーズ、文化、習慣に合わせて、独自に変化してきたものであるので、グローバルな意味で同じ必要はないと思うが、今回は日本とアメリカのランディングページの違いについて、どのように違っているのかを調べて...
ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
2019年 越境EC最前線『海外3モール+Google Facebook攻略セミナー』開催... 越境EC市場は、世界規模で拡大している。 昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。 今回は、この拡大する越境EC市場で、海外販売を最短...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ