« ブログのトップページに戻る

デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−9月

   投稿者 : 2017年9月7日 By

イメージ画像

前回、2017年2月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか?今回も各ブラウザ毎に日本と世界を比較してみた。

※掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2017年7月1日~2017年8月31日までのデータをグラフ化したものである。

出典:StatCounter Global Stats

 

●1.デスクトップ

 

デスクトップー日本

japan_desktop

Chromeは前回からほぼ横ばいで42.39%。IEが25.4%、Edgeが5.91%と前回数値より増加に転じている。その分、Firefox、safariは減少している。

 

デスクトップー世界

 

world_desktop

世界的ブラウザシェアはChromeが独占で、前回より1%ほど上昇させ、63.53%となっている。減少気味なのはFirefox、IE、Safariである。Edgeは僅かだが上昇傾向にある。いずれにしても、Chromeの成長傾向はまだまだ続いている。

 

●2.タブレット

 

タブレットー日本

日本のタブレットシェア

日本はipadのSafariが前回から69.6%と5%の減少となっている。Safariがダウンした分、Chromeが11%から14.5%と上昇し、同じくAndroidも13.4%と2%ほど上昇に転じている。

 

タブレットー世界

世界のモバイルシェア

タブレットの世界的ブラウザシェアの状況は1位がSafariが58.99%と横ばい状態と変化がない。また、2位のChromeが21.8%から24.7%と増加しており、その分、AndroidやUCBrowserは減少した結果となっている。

 

●3.スマートフォン

 

スマートフォンー日本

日本のスマートフォンシェア

日本のスマートフォンブラウザシェアはiPhone(Safari)がシェアを独占状態は相変わらずだが、前回68.9%から63.25%と若干減少している。その分、前回から増加傾向にあるのがChromeで、21.8%から27.7%と上昇している。
その他のブラウザ、Androidは3.5%と減少し、Samsung Internetなどは横ばい傾向が続いている。

今回、初登場なのが、Sleipnir(スレイプニル)、略称「プリ」は、日本のフェンリル社の柏木泰幸氏を中心に開発されてたウェブブラウザである。
「プリ」はWindowsOSとMacOS双方に対応しており、特徴的なのが、一つのウィンドウ上で複数ページを見ることができるタブ機能を持っている点である。

 

スマートフォンー世界

世界のスメートフォンシェア

世界的にはデスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが前回44.6%から50.3%とこちらも上昇している。その他、iPhone(Safari)は横ばいがつづき、UC Browserは14.7%と減少、SamsungInternetは若干上昇、Androidは減少傾向にある。 デスクトップのシェア同様、スマートフォンの世界的シェアはChromeが独占状態が続いている。

 

●デスクトップブラウザのIE対策はどこまで必要か?

デスクトップシェアは世界的にはChromeが優勢となってるが、日本ではまだまだ、IEで閲覧しているユーザーは多いようである。
下の図にあるように国内のブラウザバーション別シェアではIE11が23.9%とトップとなっている。 IE11のこの数字はSafariとFirefoxの全数値を足したものより多い数字である。
この数字を見ると日本ではIE対策はあたりまえだが、必須事項のようだ。 ブラウザバージョン別ではIE11が圧倒的に利用者が多く、ある統計によると、IE利用者のうち、IE11での閲覧者は95%、IE9での閲覧者は3%以下というデータもある。
このようなデータを見ると、IEのブラウザ対策はIE11については確実に行わなければいけないというが結論となる。
IE11のサポートは2025年10月まで続くが、IE10は2017年4月に、IE10は2016年1月にサポートを終了している。IE10、IE9はサポートは終了しているが、ユーザーは少なからず存在するので、こちらも注意は必要である。

日本のブラウザバージョン

 

●まとめ

今回の結果を見ると、デスクトップの世界的シェアはほぼ変化はなかったが、国内シェアではIE、Edgeが上昇傾向にあることが見てとれた。タブレット、スマートフォンのブラウザシェア関しては、Safariが下降傾向となっており、変わって、Google Chromeがシェアをさらに伸ばしているようだ。

関連する記事

ECサイトのユーザビリティ10の心得 ECサイトのユーザビリティは週単位、月単位で見直してみる必要がある。かっこいいビジュアルデザイン、おしゃれなデザイン、それも大事ではあるが、ECサイトでは一番ベースになくてはならないのはユーザビリティである。 "デザインとは機能である"と言ったのはスティーブ・ジョブスだが...
2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...
ヨーロッパのモバイルショッピングの傾向... ヨーロッパ全域をカバーするドイツのマーケティング会社のZanoxは、先日、ヨーロッパとアメリカ、ブラジルのモバイルショッピングの傾向についての分析資料を発表した。 これは各国の4300社、特に小売、旅行、金融部門を対象に調査している。今回の調査で一番取引が多くなる時期についての調査では、特に...
35歳までの生き方で決定的に違う未来が確定してしまう?... このブログを読んでいる人はおそらく20代から40代だと思われる。特に多いのが30代だ。 30代と言えば、圧倒的に実力の差がつく年代で、特に35歳を境に決定的に違う未来が確定してしまうとされる年齢である。 ここで、信じるかどうかはあなた次第だが、世界のロックスターがピークに到達する平均年齢も...
商品数が多いお客様向けの検索サジェスト機能... 商品数が多いお客様向けに、Google の検索サジェスト機能をLive Commerceの検索でもご利用いただく事ができる様になりました。 動作はGoogle の検索フォームと同一になります。Google と同一の検索サジェストを返すため多言語にも対応しています。 オンラインデモ 商品...
7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します... MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。 しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザイ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。