« ブログのトップページに戻る

デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−9月

   投稿者 : 2017年9月7日 By

イメージ画像

前回、2017年2月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか?今回も各ブラウザ毎に日本と世界を比較してみた。

※掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2017年7月1日~2017年8月31日までのデータをグラフ化したものである。

出典:StatCounter Global Stats

 

●1.デスクトップ

 

デスクトップー日本

japan_desktop

Chromeは前回からほぼ横ばいで42.39%。IEが25.4%、Edgeが5.91%と前回数値より増加に転じている。その分、Firefox、safariは減少している。

 

デスクトップー世界

 

world_desktop

世界的ブラウザシェアはChromeが独占で、前回より1%ほど上昇させ、63.53%となっている。減少気味なのはFirefox、IE、Safariである。Edgeは僅かだが上昇傾向にある。いずれにしても、Chromeの成長傾向はまだまだ続いている。

 

●2.タブレット

 

タブレットー日本

日本のタブレットシェア

日本はipadのSafariが前回から69.6%と5%の減少となっている。Safariがダウンした分、Chromeが11%から14.5%と上昇し、同じくAndroidも13.4%と2%ほど上昇に転じている。

 

タブレットー世界

世界のモバイルシェア

タブレットの世界的ブラウザシェアの状況は1位がSafariが58.99%と横ばい状態と変化がない。また、2位のChromeが21.8%から24.7%と増加しており、その分、AndroidやUCBrowserは減少した結果となっている。

 

●3.スマートフォン

 

スマートフォンー日本

日本のスマートフォンシェア

日本のスマートフォンブラウザシェアはiPhone(Safari)がシェアを独占状態は相変わらずだが、前回68.9%から63.25%と若干減少している。その分、前回から増加傾向にあるのがChromeで、21.8%から27.7%と上昇している。
その他のブラウザ、Androidは3.5%と減少し、Samsung Internetなどは横ばい傾向が続いている。

今回、初登場なのが、Sleipnir(スレイプニル)、略称「プリ」は、日本のフェンリル社の柏木泰幸氏を中心に開発されてたウェブブラウザである。
「プリ」はWindowsOSとMacOS双方に対応しており、特徴的なのが、一つのウィンドウ上で複数ページを見ることができるタブ機能を持っている点である。

 

スマートフォンー世界

世界のスメートフォンシェア

世界的にはデスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが前回44.6%から50.3%とこちらも上昇している。その他、iPhone(Safari)は横ばいがつづき、UC Browserは14.7%と減少、SamsungInternetは若干上昇、Androidは減少傾向にある。 デスクトップのシェア同様、スマートフォンの世界的シェアはChromeが独占状態が続いている。

 

●デスクトップブラウザのIE対策はどこまで必要か?

デスクトップシェアは世界的にはChromeが優勢となってるが、日本ではまだまだ、IEで閲覧しているユーザーは多いようである。
下の図にあるように国内のブラウザバーション別シェアではIE11が23.9%とトップとなっている。 IE11のこの数字はSafariとFirefoxの全数値を足したものより多い数字である。
この数字を見ると日本ではIE対策はあたりまえだが、必須事項のようだ。 ブラウザバージョン別ではIE11が圧倒的に利用者が多く、ある統計によると、IE利用者のうち、IE11での閲覧者は95%、IE9での閲覧者は3%以下というデータもある。
このようなデータを見ると、IEのブラウザ対策はIE11については確実に行わなければいけないというが結論となる。
IE11のサポートは2025年10月まで続くが、IE10は2017年4月に、IE10は2016年1月にサポートを終了している。IE10、IE9はサポートは終了しているが、ユーザーは少なからず存在するので、こちらも注意は必要である。

日本のブラウザバージョン

 

●まとめ

今回の結果を見ると、デスクトップの世界的シェアはほぼ変化はなかったが、国内シェアではIE、Edgeが上昇傾向にあることが見てとれた。タブレット、スマートフォンのブラウザシェア関しては、Safariが下降傾向となっており、変わって、Google Chromeがシェアをさらに伸ばしているようだ。

関連する記事

売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
ebay.comで人気の日本の商品(2016−Sep)... 前回、6月にも行ったが今回も引き続き、世界的に有名なアメリカのオークションサイトebay.comでは今、どんな日本の商品が売れているか? 9月27日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解...
顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?... スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。 そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには...
越境ECサイト構築費用 オンライン見積シミュレーター... 越境ECサイト構築を依頼する時に、いくらかかるのでしょうか? ECサイトの構築依頼は制作会社によって料金体系はバラバラです。 そこで当社では、越境ECサイト構築を依頼する場合の費用をデザインや翻訳等詳細な分類に分けてオンライン見積もりができるツールを作成しました。 ASPの月額費用の他...
色の持つイメージ:黒=負のイメージから、高級、エレガントへ... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、...
経済産業省が発表! 2014年のEC市場調査... 経済産業省は5月29日、 「平成26年度我が国情報経済社会における基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 この調査は2014年の我が国のBtoB 及び BtoC の電子商取引市場動向、利用実態を調査したもので、平成10年度より実施され、今回で17回目の発表となる。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。