« ブログのトップページに戻る

「Man Crates」に学ぶ、オンラインセールで成功する秘訣とは?

   投稿者 : 2015年2月27日 By

イメージ写真

昨年末のホリディセールに関するIBMの調査結果によれば、アメリカではサンクスギビングの週明けに設定されたオンラインショッピングデー「サイバーマンデー」の売上額が、過去最高額を更新した。2013年に比べると、8.5%の増加となった。
また、モバイルからのトラフィックが2013年よりも3割増の41.2%を占めるなど、モバイルコマースの割合も劇的に増加してきている。
こうした中、2013年のサイバーマンデーに比べ5倍近い売上を記録したEコマースサイトが「Man Crates」だ。創業3年目にして、大躍進を続けているMan Cratesの成功の要因はどんなところにあるのか? 
セール戦略や企業が最も大切にしているモットーなど、その秘訣を紹介する。

徹底した顧客満足の追求

Man Cratesは、アメリカで人気のある大学スポーツの応援ビールセット(ビールやおつまみ類、大学のロゴが選べるグラス等の詰め合わせ)やアウトドア・サバイバルセット(ナイフやコンパス、ビーフジャーキーなどアウトドアに必要なグッズの詰め合わせ)など、男性が喜びそうな、遊び心あふれるこだわりセットを販売しているサイトである。
木箱や弾薬を入れる箱など、ユニークなパッケージも魅力のひとつとなっている。

サイト写真

「Man Cratesは、お客様が大切な友人に、特別なギフトを贈る際の手助けをしたいのです」と同社のマーケティングチーフであるScott Ellis氏は語る。スポーツ関連のセットだけでも、NFLからゴルフ、大学スポーツに至るまで、幅広く用意されており、セットを構成する商品は吟味されている。
応援するチームのロゴや名前を入れることができる商品などもある。このように、パーソナライズの要素を多く提供することで、プレゼントを贈る人と受け取る人の双方にとって満足度の高いセットとなっているのが特長だ。
ギフトを贈った相手に喜んでほしいと願う顧客の思いに寄り添い、顧客からの意見をできる限り商品にフィードバックさせてきた同社の真摯な姿勢は、多くの人から支持を得て、わずか3年で人気企業へと成長している。

 

2014年のサイバーマンデー戦略は?

2014年のホリデーシーズンにおいて、同社は「Massive(=巨大な、大規模な) Man Crates Monday=MMM」と題したキャンペーンをさまざまなチャンネルで行った。
購入金額に応じたディスカウントに加えて、メールの定期購読者には特別なセールを実施したり、ライフスタイルを提案する複数の雑誌にギフトアイデアとして取り上げてもらったり、影響力の大きなラジオ番組に広告を打つなど、大規模かつ多方面へのキャンペーンで集客に成功した。
なかでも、ソーシャルメディアでのキャンペーンは、新たな顧客層の開拓に貢献している。
キャンペーンは、FacebookとTwitterでサポートしながらPinterestで実施され、Man Cratesはここ1年ほどPinterestでの発信に取り組んでいるが、同社のPinterestページのオーディエンスは、平均して65%から70%が女性であり、父親や交際相手などに喜んでもらうためのギフトとして購入する女性客からのコンバージョンを増やしている。

サイバーマンデー戦略

 

どんな企業にもある成功の可能性

Man Cratesの成功を見ると、規模の大小や販売形態などにかかわらず、「どうしたら顧客を驚かせ、喜んでもらえるか」ということをストイックに追求することがいかに重要であるかかがわかる。
一人ひとりの顧客満足がなければ、次の購入につながらず、ひいては企業の存続や成長にも良い影響を与えない。お客様と顔を直接合わせないEコマースであっても、顧客第一の姿勢が重要だと教えてくれる好例だと言える。

 

参考:

3-Year-Old Ecommerce Brand Man Crates Hits Record Cyber Week Sales ? And Their Customer Experience Strategy is Why
A Holiday Sales Strategy Analysis: How 2 Ecommerce Stores Made Cyber Week Their Best Yet

関連する記事

インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
ブルーオーシャンだが、越境EC参入が難しいベトナム... 本日、1月24日サッカーアジアカップ準々決勝が行われる。 日本の対戦相手はベトナムだ。 ベトナムと言えば、フォー、生春巻き、パインミーなど、ベトナム料理が有名だ。 今、ベトナムでは空前のサッカーブーム。そして、サッカー以外でも、昨年、2018年は経済的にもGDP成長率は6.81%と高水準...
これを知らないと損しているかも知れない!ユーザービリティ原則3つ... アドビシステムは今年の2月2日に「Adobe Marketing Discovery」を発表した。 これは、消費者の購買行動におけるデジタルメディアの影響力に関する調査結果である。 それによると、テレビ・新聞などメディアを見て気になった商品情報をサイトで調べる消費者が88.3%あり、店頭...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
参考にしたい! アメリカのインバウンド対策... 2017年の世界の観光客数でもっとも多かった国は、フランスの8,260万人で2位はスペインの8,178万人、第3位はアメリカの7,590万人となっている。 アメリカは2016年は2位であったが、2017年は3位と順位を下げた結果となった。アメリカは、2001年の同時多発テロ以降、一時は4,...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。