2021年国内BtoC-EC市場は20.7兆円、EC化率8.78%と復調傾向

8月12日、経済産業省は「令和3年度 電子商取引に関する市場調査 報告書」を公開した。これは2021年の国内BtoC-EC市場、BtoB-EC市場、CtoC-EC市場、越境EC市場における規模、さらに2021年のEC市場の特徴などをまとめたものである。

報告書によると、2021年の国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、20.7兆円(前年19.3兆円、前々年19.4兆円、前年比7.35%増)に拡大した。
また、BtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模も372.7兆円(前年334.9兆年、前々年353.0兆円、前年比11.3%増)と増加している。

特徴的と言えるのは、2020年は物販系分野の増大とサービス系分野の大きな減少だったが、2021年はサービス系分野が回復してきたところである。
今回は、2021年のコロナ禍にあって、BtoC-EC市場の各分野別市場はどうだったかその詳細を見ていこう。

2021年の国内BtoC-ECの市場概況

下のグラフは、2010年から2021年までの国内BtoC-EC市場規模の推移と物販系分野のEC化率である。2021年は国内BtoC-EC市場規模は20.7兆円(前年19.3兆円、前々年19.4兆円、前年比7.35%増)となった。

2020年のBtoC-EC市場規模はEC市場計測開始以来の減少となったが、2021年はコロナ前の2019年の19.4兆円を上回り増加に転じた。

それでは、各分野別に2019年、2020年と比較しながら、コロナ禍で拡大したカテゴリー、減少したしたカテゴリーなどを見ていこう。

物販系分野のBtoC-EC市場規模

2020年は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う巣ごもり消費の影響で物販系分野は大きく拡大成長した。
物販系分野のBtoC-EC市場規模は、2019年の10兆515億円、2020年の12兆2,333億円から、2021年は1兆532億円の増加で13兆2,865億円となり、伸長率は8.61%であった。
EC化率は前年より前年比0.7ポイント上昇し、8.78%となった。

各カテゴリー別では増加率が高い「食品、飲料、酒類」がトップとなり、2兆5,190億円で前年比14.10%の増と大きく成長した。
次いで「生活家電、AV 機器、PC・周辺機器等」が2兆3,485億円で前年比4.66%、「衣類、服装雑貨等」の2兆4,279億円で前年比6.71%の増、さらに「生活雑貨、家具、インテリア」の2兆2,752億円で前年比6.71%の増、などとなっている。

この上位4カテゴリーは、すべて2兆円を突破し、増加率も高く、この4カテゴリーだけで約73%を占めている。
増加率、市場ともトップだった「食品、飲料、酒類」の項目別にみると、肉類、生鮮野菜、生鮮果物、調理食品、酒類等が伸びている。
「食品、飲料、酒類」の増加は、コロナ禍による外出頻度が減少し、日々の食材購入や、ストック需要としての食品購入が多くなったためと推察している。

サービス系分野BtoC-EC市場規模

2021年のサービス系分野のBtoC-EC市場規模は、2020年の4兆5,832億円から4兆6,424億円と前年比1.29%増となった。
20220年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、サービス系分野では「旅行サービス」、「飲食サービス」、「チケット販売」が大きな影響を受けたが、2021年は「チケット販売」が持直しつつある。

各カテゴリー別に見ると「旅行サービス」は、2020年の1兆5,494億円から更に減少し、1兆4,003億円(前年比マイナス9.62%)となった。
ただ、「旅行サービス」カテゴリーは下落しているが、サービス系分野においては、市場規模が最も大きいことに変わりはない。
次いで「飲食サービス」も、1,037億円減少し、4,938億円で前年比はマイナス17.36%となった。

増加に転じたのはイベントなどの「チケット販売」で、3,210億円で前年比67.01%増であった。
2020年は減少率が一番大きかったこのチケット販売は規制緩和により、コンサートなどライブエンターテイメントが復活したことが要因である。

また、フードデリバリーの市場規模推計は2020年より新設されたものだが、こちらは、コロナ禍の影響で4,794億円と37.48%増となっており、まだまだ、成長が予測されるカテゴリーである。

デジタル系分野BtoC-EC市場規模

2021年のデジタル系分野のBtoC-EC市場は、コロナ禍の影響で巣ごもり消費が需要を拡大、伸び率に鈍化傾向はあるもの成長は継続している。

デジタル系分野のBtoC-EC市場規模は、2020年の2兆4,614億円から3,047億増の2兆7,661億円、前年比は12.38%増となっている。

デジタル系分野で最もBtoC-ECの市場規模が大きいカテゴリーは、「オンラインゲーム」の1兆6,127億円で前年比7.82%の増である。
次いで「電子出版」の5,676億円で前年比24.23%の増加。 さらに「有料動画配信」の3,791億円で前年比18.47%の増加と続いている。

2020年に大きく増加した「電子出版」は、2021年も増加率が分野別に見て最も増加率は高く、デジタルシフトが加速していることを示している。

「電子出版」は、紙媒体のデジタル化の拡大、デジタルコンテンツのみの電子出版の増加、さらにスマートフォンやタブレットの普及を背景に需要の拡大とともに成長が期待できるカテゴリーである。
例えばAmazon Kindle出版などは、WEB集客としても活用できるなど、新規参入が多くこのカテゴリーは多様化しているようだ。

まとめ

国内BtoC-EC市場は初めてマイナス成長となった2020年から、2021年はコロナ前の2019年を上回る結果となり、全体おいて市場は復調したと言って良いだろう。特にBtoC-EC市場を牽引しているのは、「電子出版」、「有料動画配信」、「食料、飲料、酒類」分野であり、2021年はコロナ禍での巣ごもり消費が色濃く残る結果であった。
だが、2021年の日本の年間実質GDP成長率は1.6%増と比べると、EC化率の拡大傾向、Eコマースへのデジタルシフトは、今後は、コロナ禍を経て、またこれまでとは異なる、新たな方向へシフトする期間と思われる。

参考:「経済産業省/電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。