« ブログのトップページに戻る

タイ ネット通販 2021年までに利用者数1390万人へ

   投稿者 : 2017年5月31日 By
タイの仏像

タイの仏像

タイと言えば日本から旅行に行く人も多い国の人です。タイは東南アジアに位置し、日本と同じ仏教を宗教とする国です。本稿ではタイのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

タイは人口6800万人、GDPは3950億ドルであり1人あたりのGDPは6,205ドルであり2021年までに7349ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは2017年の時点では119位である。

ネット通販を利用するユーザーは1210万人、2021年までには1390万人へ増加、人口の24.5%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は243ドルで2021年までに382ドルへ増加する見込みである。

タイ ネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

タイ ネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

2016年におけるネット通販での消費額は29億ドル(3200億円 = 1ドル110円で計算) 、2021年までに53億ドルへ上昇が期待されている。

インターネット利用者の年齢層は、15〜19歳の76%がインターネットを非常によく利用している。20-29歳は52%、ネット通販利用者の中心となる30-49歳では平均約30%とネット利用者は以外にも少ない。50代では9%とインターネットの利用はあまり進んでいない。

タイのインターネット利用者の年齢

タイのインターネット利用者の年齢

主な購入商品は家電・アパレルがメインである。

タイのネット通販で買われる商品カテゴリ

タイのネット通販で買われる商品カテゴリ

配送

2016年にまとめた世界銀行 物流ランキングによれば、タイの物流能力は45位でネット通販としてはまだ物流面では課題が多い国であると思われる。タイの人口の50%は都市部に集中している。

決済

いくつかの調査によれば、オンライン購入の決済方法は代引き決済・店頭支払いが35%を占めている。タイには約800万人のクレジットカード所有者がいるが、人口全体の10%に満たず、クレジットカード決済はまだメジャーな決済手段とは言えない。決済全体の35%はオンライン消費顧客のうち、42%はスマートフォンなどの携帯端末を使用してウェブサイトに接続している。クレジットカード決済は全体の32%しかなく、銀行振込が42%と主要な決済手段である。銀行振込による決済は30%と代引きと同じくらい使われている。

タイのネット通販で使われている決済方法

タイのネット通販で使われている決済方法

仕入元

タイのネット通販の商品供給(仕入れ)元は中国が400億ドル、日本が296億ドル、アメリカが123億ドルとなっている。

タイ ネット通販事業者の商品仕入れ元

タイ ネット通販事業者の商品仕入れ元

インターネット普及率

Internet penetration によればタイのインターネット普及率は43%であり、2021年までに50%へ上昇する見込みである。スマートフォンを使用してインターネットを利用するユーザーが全体の66%となっており、モバイルファーストの国である。

タイでのインターネット接続端末状況

タイでのインターネット接続端末状況

マーケティング

タイでのマーケティング、大手ブランドではテレビや新聞による広告が主流であり、インターネット広告は0.5億ドルと他国と比較してもまだ小さい。これはインターネット普及率と比例しているためと思われる。

タイ 消費者が利用する広告手段

タイ 消費者が利用する広告手段

ソーシャルメディア

タイのソーシャルメディアの普及率は人口の32%に過ぎないが、オンライン消費者の51%は購入意思決定にソーシャルメディアで共有される情報源を信用している。主なソーシャルメディアとしてはFacebook、Youtube、Line、Instagram が使われている。

タイ ソーシャルメディア利用状況

タイ ソーシャルメディア利用状況

関連する記事

アルゼンチンのネット通販 2021年までに利用者数1990万人へ... アルゼンチン アルゼンチンのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 アルゼンチンの人口は4,300万人、GDPは5,850億ドルであり1人あたりのGDPは10,167ドルであり2021年までに11,965ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは7...
インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ... 本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年に...
中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加...   最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
押さえておきたい! アメリカEC市場の新たな潮流... 5月25日から4日間の日程で、アメリカ大統領トランプ夫妻は元号が令和に変わって初の国賓として来日した。2017年1月の大統領就任以来、安倍首相との会談は11回目となる。 重要な日米首脳会談では、貿易摩擦と北朝鮮問題について話し合ったが、会談での共同声明などの成果文書はなかったようだ。しかし...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。