« ブログのトップページに戻る

‘amazon.com’ タグのついている投稿

eBay Amazon Lazada の在庫連携・受注管理が可能に – 成長市場 越境ECで月商1,000万は当たり前に

2019年7月3日 水曜日
越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

今年の3月に投稿した記事の続きになりますが、本日 eBay Amazon Lazada の各モール間の連携が可能になるLive Commerceのオプション「Limder」のオプションページを公開しました。

本ツールであるLimderオプションはビジネスソリューションであり、個人向けのツールではありません。主な利用対象者としては、メーカーを想定しています。メーカーが自社在庫を物流センターで管理しており、そこの在庫数をeBay Amazon Lazada の各モールで共有在庫としてシステムが各モールで受注れた場合に、即座に他のモールに在庫の引き当てを行い、在庫がないのに受注をしてしまうことを回避することができます。

ECサイト間の在庫連携と言えば、日本国内ではCross MallNext Engine が有名ですが、Limderも同じく同カテゴリのビジネスソリューションにはなりますが、海外専門の在庫連携ツールという位置づけになります。 (さらに…)

 

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル企業募集!

2019年3月6日 水曜日

eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。

現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から注文ステータスを配送済みにすればいいだけなので、とても簡単に管理することができます。

現在、開発ベータバージョンということもあり、利用から半年間は無料でお試しできます。半年後は月額1万円と注文1件あたり25円となります。詳細はこちら

越境ECは大手モール出店でさらなる攻勢へ!

下の画像のようにそれぞれのモールの受注データがLive Commerce に入ってきます。

(さらに…)

 

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル企業募集

2019年2月21日 木曜日

eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。

現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から注文ステータスを配送済みにすればいいだけなので、とても簡単に管理することができます。 (さらに…)

 

アメリカ販売はもはやAmazonなしではありえない

2019年2月13日 水曜日

アメリカのEC市場規模は、世界第2位である。2017年の国別統計を見ると、トップは中国の4,489億ドル(1ドル110円換算で約49兆4000億円)、2位がアメリカで3,660億ドル(約40兆3000億円)、3位が日本の788億ドル(約8兆7000億円)となっている。
アメリカは日本の約5倍の市場規模である。人口的には、アメリカは日本の2.6倍であるから、そのEC市場規模やECの利用は大きいと言える。 そのアメリカのEC市場で、大きな存在を放っているのが、amazon.comである。 Amazonは創業24年を迎えたが、今年もその勢いは衰えを知らない。
今回はアメリカAmazonで売れ筋商品の調べ方、売れている日本製品の特徴などを調べてみた。

(さらに…)

 

AmazonとeBay その違いはどこにある?

2018年12月26日 水曜日

イメージ画像

2018年最後のブログとなり、今年は皆様にとって、どんな1年だっただろうか? 越境ECにおいては、今年も確実に拡大成長が続いた一年だった。
最後のブログは、これから、越境ECを始めようと考えている方、そして、海外販売を行っていて、もっと収益を上げたい方、越境ECを始めたいが、そもそも自社商品は海外で本当に売れるのだろうか?など、お悩みの方に、試していただきたいamazon.comeBay.comへの出品についての基礎知識をまとめてみた。
どちらもアメリカの大手ECモールである。2018年のアメリカ小売ECシェアでランキングではトップがAmazonの49.1%、2位はeBayの6.6%(下記グラフ参照)とAmazonとeBayでは大差があるが、アメリカで販売するには、まずこの両方に出品することで収益を上げる、もしくはどのような商品がよく売れるのかを見定めることができる。
また、eBayには越境ECをサポートする窓口もある。さらにLiveCommerceのシステムを使えば、簡単にeBay出品が可能である。
今回はAmazonとeBayはどこが違うのか、そのメリット、デメリットなど見ていこう。

(さらに…)