« ブログのトップページに戻る

‘デジタル広告’ タグのついている投稿

今、成長著しいAmazon広告とは

2019年11月13日 水曜日

タイトルイメージ画像

アメリカ、アマゾン(Amazon.com)は10月24日(現地時間)に発表した第3四半期(7~9月)決算を公表した。売上高は前年同期比24%増の699億8100万ドル(約7兆6,343億万円)純利益は26%減の21億3400万ドル(約2,294億ドル)だった。売上高は増加し、純利益が減少しているのは、プライムデーに多額の投資を行ったことが影響したためと公表している。
そして、米市場調査会社のeマーケターによると、2019年のアメリカでのAmazon広告収入は、98億5000万ドル(約1兆700億万円)となり、100億ドルの大台に迫る見通しとなった。
ここで注目すべきは、Amazon広告の成長率である。2018年からの伸び率は、33.1%と非常に高い。さらに2020年には、同32.5%増の130億6000万ドル(約1兆4,200億万円)、2021年は167億1000万ドル(約1兆8,244億万ドル)にまで伸長すると予測されている。
昨年のアメリカ検索広告の売上のトップは、Google広告の市場シェア73.1%とこれは、ダントツであるが、2018年はAmazon広告がシェアは12.9%と2位に浮上している。
今後もこの傾向は続くと見られているが、徐々にAmazon広告とGoogle広告の差は縮まるだろうと予測されている。今回はこの快進撃を続けるAmazon広告とはどのような広告なのか、その種類、機能について見ていこう。

(さらに…)

 

デジタル広告はついにテレビ広告を超えた

2019年3月1日 金曜日

イメージ画像

日本のスマートフォンの利用状況は継続して増加しており、2018年の調査では「スマホのみ利用する」ユーザーは48%となっており、男女比においては、女性の58%がスマホのみ利用しているという、「ネットはスマホで見る」が当たり前の時代になりつつある。
また、デジタル化、モバイル化の傾向は、広告界でも進んでおり、1月11日、電通イージス・ネットワークの「世界の広告予測」では、2018年はデジタル広告費(インターネット広告)がテレビ広告費を超えるだろうと予測され、そしてデジタル広告を牽引しているのが、モバイル広告なのである。
モバイルシフトは広告業界でも進んでおり、モバイル広告は急成長している広告媒体である。今回は、このモバイル広告について見ていこう。

(さらに…)