« ブログのトップページに戻る

‘アメリカ’ タグのついている投稿

新型コロナ禍 アメリカ「巣ごもり消費」で売れてる商品

2020年5月20日 水曜日

タイトルイメージ画像

新型コロナ禍の中、アメリカでは5月6日よりジュージア州を皮切りに、各州ごと徐々に経済再開が始まり、5月15日には延べ47の州で外出制限措置が緩和され、限定的な経済活動再開がはじまっている。
アメリカでは外出制限により、新型コロナ禍にあっても消費者の巣ごもり消費増加を受け、アメリカ主要IT企業の収益は軒並み好調となっている。
Amazonでは、今年1月から3月までの売上高が、約755億ドル(約8兆700億円)と前年の同じ時期に比べ26%の増収と公表している。これは、インターネット通販の利用が増えたことが大きな要因である。
アップル社も増収となっている。主力のiPhoneは製造、販売とも停滞しているが、音学配信やアプリ販売が好調だったようだ。
今回は、「Adobe Digital Economy Index(Analytics | April 2020)」と「eBay Japanの2020年第1四半期の越境ECトレンド」からアメリカの売れ筋商品トレンドを紹介する。

(さらに…)

 

猛威をふるう新型コロナ 世界のECマーケットへの影響は?

2020年4月13日 月曜日

タイトルイメージ画像

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症、未だに事態の収束が見えない状況である。
日本においては4月7日、政府より7都府県を対象に緊急事態宣言が発令、感染の爆発的拡大を防止するため、多くの業種や市民に対して自粛要請がなされた。
世界においては、さらに厳格な自粛、いわゆるロックダウンという都市封鎖による自粛、外出禁止命令などが発令されている。
そして、この新型コロナウイルス拡大により、世界では「巣ごもり消費」が拡大しているようだ。感染拡大により世界のECマーケットの売上の増加が顕著になっており、Amazonは市場拡大を受け、10万人の新規雇用拡大を発表。さらにイタリア、フランスでは配送が追いつかず、重要でない商品については注文を停止するなどの事態が起こっている。
今回は、日本、中国、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど世界では、今、新型コロナウイルスの影響により、ECマーケットにどのような影響が出ているのか、また、どのような商品の需要が伸びているのかなど調べた。

(さらに…)

 

アメリカのEコマース 「DtoC」事情

2019年11月27日 水曜日

タイトルイメージ

今週金曜日、11月29日より、アメリカ、ヨーロッパでは「ブラックフライデー」が開催され、続く12月2日(月)からは「サイバーマンデー」と、いよいよ、欧米では2019年の年末商戦へと突入する。
今年の年末商戦は「長期化」と「EC化」が特徴とされ、セールは長期化し、実店舗に足を運ぶ人は減少し、ECサイトで買い物する人が増えるだろうと予測されている。
特に、Amazonはじめ、Eコマース事業者は今年最後の「サイバーマンデー」に注力しているようだ。
アメリカは中国に次ぐ、世界第2位のEC大国である。2018年のアメリカECアメリカEC市場売上額は5,045憶米ドル(約55兆円)と日本(約18兆円)の約3倍である。
そして、今年2019年のアメリカECのトレンドは「DtoC(D2C)」の台頭と言えるだろう。
アメリカの「ECommerce Times」でも、「「DtoC」ビジネスは増加しており、今後は、「DtoC」つまり、消費者との直接取引は強化されるだろう、としている。
今回はこのアメリカEC市場と「DtoC」事例などについて見ていこう。

(さらに…)

 

知ってて損はない 中国とアメリカのプライバシー保護法

2019年10月16日 水曜日

タイトルイメージ画像

2018年5月より、EUでは「GDPR」が施行された。「GDPR」とはヨーロッパの個人情報に関するデータの処理と移転に関して法律化したものだ。
世界的な個人情報保護に関しては、中国のサイバーセキュリティ法があり、中国国内でのインターネット上の個人情報保護を強化している。アメリカには、個人情報保護のための連邦法的なものはないが、カリフォルニア州では、昨年、アメリカで初の州法として個人情報保護法を可決し、来年2020年より実施されることとなった。
日本もプライバシー保護法は何度か改正されているが、越境ECではEC戦略にあたってはそれら個人情報保護に関する法律に違反、漏洩の無いように管理が必要だ。
今回は、中国のサイバーセキュリティ法とアメリカのプライバシー保護法についてまとめた。

なお、EUのプライバシー保護法「GDPR」については以前のブログ「越境ECにも影響するEUの「GDPR」対策行ってますか?」をご確認いただきたい。

(さらに…)

 

越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?

2019年9月11日 水曜日

FDAイメージ画像

今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。
AmazonやeBayなどを利用して食品などを販売している日本人ユーザーの中にはFDAルールを知らない、守っていないユーザーも多いらしい。
FDAを守っていない(FDA許可ない)商品をアメリカに販売又は、輸出しようとすると、米国税関を通過延滞し、拒否され、留置される場合もある。
今回は、アメリカのFDAルールとは何か、FDA対象商品、認証手続きに必要なものなど、留意点をまとめた。

(さらに…)