新しい”eBay”の売り手 評価基準とは?

皆さん、ご存知でしょうか?今月の20日から、eBayの“Seller Standards”という売り手を評価する基準が更新されたという事を。eBayによれば、サイトの信頼性を更に高めるための更新とのことですが・・・、売り手にとってかなり厳しいという声もあるようです。この新たなスタンダードに関して様々な意見がウェブ上で交換されているものの、eBayが売り手のパフォーマンスレベルを上昇させようとしていることには間違いありません。Top Rated Sellerになれる基準も変わりましたので、新しい基準を意識しながら企業することで、望まれるタイトルに近づけるでしょう。

sell_standerd

Defectとは?

今まで利用されていた4つのSeller Ratingの代わりに、新しいDefect Rate(欠点率)というものが登場しました。これはどういうものか、詳細に見ていきましょう。

Defect Rateというのは、売買に関する低評価が含まれた率のことです。買い手側から特定の条件に評されることで、“欠点”になってしまいます。その評価条件というのが、以下の通り。
-商品説明の適切さに対する低評価
-配達時間に対する低評価
-ネガティブ、或いはニュートラル反応
-商品説明の不適切による返却
-届いていない商品、説明にそぐわない商品のeBay Money Back Guarantee、或いはPayPal Purchase Protectionの訴訟
-売り手の方より停止された売買
これらは、買い手側が全て判断します。こうした条件の付いた売買が全体の5%以上を占めている場合、eBayアカウントが停止されてしまうようです。ちなみに、欠点率が2%以下であれば、Top Rated Sellerと命名されるのですが、アメリカの買い手との売買しか計算に入らないということを注意すべきです。

有利

今までの制度と違い、この新たなDefect Rateは買い手に見えることはありません。ですが、低いDefect Rateを保てる売り手には、様々な有利があります。その一つは、低いDefect Rateを保っている売り手の商品が、よりいいBest Matchとして表示されることです。つまり、商品をもっと買い手に見てもらえるのです。

新しいDashboard
自分のDefect Rateの経過を簡単に追うことが出来るよう、eBayが評価を表示してくれるDashboardを設置しました。一週ごとに更新されるので、自身の売買について改良できるところを見つけ、継続的な参考にしていきましょう。

まとめ

新たな評価の登場によって阻害感や制限を得るのではなく、自分の企業に有利を得られるチャンスとして捉えるべきです。機械的に感じてしまうコンピューター越しの買い手との円滑なコミュニケーションについてよく考え、Defect Rateを低く保つことが更なる利益に繋がることでしょう。

参考:
http://pages.ebay.com/sellerinformation/news/springupdate2014/sellerstandards.html
http://for-business.ebay.com/know-where-you-stand-glance-your-new-seller-dashboard-0

関連する記事

Google提唱! マテリアルデザインって何?... 「マテリアルデザイン」とは、2014年7月にGoogleが発表した新たなデザインガイドラインである。「マテリアルデザイン」は直訳すると「物質(素材)デザイン」。デジタルの世界に物質的な現実的要素を取り込んだデザインというのが大枠にある。 その基本コンセプトには「マテリアルデザインとは、紙とイ...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−12月... 前回、2017年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか。Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか。Iphoneが販売され、シェアは伸びたのだろうか? 今回は12月の日本と世界の各ブラウザシェア...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?... 2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。 全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合...
【海外版】SEO対策 Google検索の仕組みについて... Google検索エンジンの利用者数は年々増加している。Googleは様々な機能を使い、日々検索機能は進化している。誰もが気になるSEO対策について、まず、Search Engine LandというGoogleが自ら発信している情報をもとに、基本的なGoogle検索の学習機能の技術について調べてみ...
ヨーロッパ決済事情-54%がモバイル決済を利用... 先日、ヨーロッパで実施されたオンライン決済に関する実態調査(2016年度VISAクレジットカード会社の調査)では、約54%の消費者がモバイル決済を日常的に利用していることがわかった。これは、昨年度の利用率18%と比較して1年間で何と3倍に急上昇している。 この調査は、クレジットカード会社のV...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ