« ブログのトップページに戻る

新しい”eBay”の売り手 評価基準とは?

   投稿者 : 2014年8月29日 By

皆さん、ご存知でしょうか?今月の20日から、eBayの“Seller Standards”という売り手を評価する基準が更新されたという事を。eBayによれば、サイトの信頼性を更に高めるための更新とのことですが・・・、売り手にとってかなり厳しいという声もあるようです。この新たなスタンダードに関して様々な意見がウェブ上で交換されているものの、eBayが売り手のパフォーマンスレベルを上昇させようとしていることには間違いありません。Top Rated Sellerになれる基準も変わりましたので、新しい基準を意識しながら企業することで、望まれるタイトルに近づけるでしょう。

sell_standerd

Defectとは?

今まで利用されていた4つのSeller Ratingの代わりに、新しいDefect Rate(欠点率)というものが登場しました。これはどういうものか、詳細に見ていきましょう。

Defect Rateというのは、売買に関する低評価が含まれた率のことです。買い手側から特定の条件に評されることで、“欠点”になってしまいます。その評価条件というのが、以下の通り。
-商品説明の適切さに対する低評価
-配達時間に対する低評価
-ネガティブ、或いはニュートラル反応
-商品説明の不適切による返却
-届いていない商品、説明にそぐわない商品のeBay Money Back Guarantee、或いはPayPal Purchase Protectionの訴訟
-売り手の方より停止された売買
これらは、買い手側が全て判断します。こうした条件の付いた売買が全体の5%以上を占めている場合、eBayアカウントが停止されてしまうようです。ちなみに、欠点率が2%以下であれば、Top Rated Sellerと命名されるのですが、アメリカの買い手との売買しか計算に入らないということを注意すべきです。

有利

今までの制度と違い、この新たなDefect Rateは買い手に見えることはありません。ですが、低いDefect Rateを保てる売り手には、様々な有利があります。その一つは、低いDefect Rateを保っている売り手の商品が、よりいいBest Matchとして表示されることです。つまり、商品をもっと買い手に見てもらえるのです。

新しいDashboard
自分のDefect Rateの経過を簡単に追うことが出来るよう、eBayが評価を表示してくれるDashboardを設置しました。一週ごとに更新されるので、自身の売買について改良できるところを見つけ、継続的な参考にしていきましょう。

まとめ

新たな評価の登場によって阻害感や制限を得るのではなく、自分の企業に有利を得られるチャンスとして捉えるべきです。機械的に感じてしまうコンピューター越しの買い手との円滑なコミュニケーションについてよく考え、Defect Rateを低く保つことが更なる利益に繋がることでしょう。

参考:
http://pages.ebay.com/sellerinformation/news/springupdate2014/sellerstandards.html
http://for-business.ebay.com/know-where-you-stand-glance-your-new-seller-dashboard-0

関連する記事

年末年始休業のお知らせ 平成30年度の年末年始休業についてお知らせします。 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 敬具 ...
Live Commerce 福岡セミナー開催のお知らせ... 今週は明日24日に福岡でセミナーがあります。 急なお知らせではありますが、九州地域の方、現地でお会いできることを楽しみにしています。 基本的には12月の東京開催で行ったセミナーとは同じタイトルになっているのですが、今回のの福岡セミナーでは「売る力」について説明します。ちょっとだけセミナー...
こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い... 海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。 ターゲットに...
“色の力”で購買意欲をかきたてる 色は重要な戦略要素 商品のマーケティング戦略を検討するとき、 消費者への視覚的アプローチは極めて重要な要素である。 あたりまえだが、人は見た目で商品を選び購入する。その見た目でも商品を購入した理由の、85%の顧客が色が主要な理由であると認識しているのだ。 そう考えると色はデザインの重要...
配送スピードだけじゃない! DHLのすごいところ... 10月1日よりLive CommerceではDHLプラグインがリリースされた。 これにより、Live Commerceをご利用のお客様はDHL管理画面からの入力で、アメリカ、ニューヨークなら最短で2日(36時間)でDHL海外配送が可能となった。 今回は、圧倒的なスピードを誇るDHL国際配...
3C分析で自社WEBサイトを強化するには 3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。 今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。   ●そもそも3C分析とは...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。