« ブログのトップページに戻る

新しい”eBay”の売り手 評価基準とは?

   投稿者 : 2014年8月29日 By

皆さん、ご存知でしょうか?今月の20日から、eBayの“Seller Standards”という売り手を評価する基準が更新されたという事を。eBayによれば、サイトの信頼性を更に高めるための更新とのことですが・・・、売り手にとってかなり厳しいという声もあるようです。この新たなスタンダードに関して様々な意見がウェブ上で交換されているものの、eBayが売り手のパフォーマンスレベルを上昇させようとしていることには間違いありません。Top Rated Sellerになれる基準も変わりましたので、新しい基準を意識しながら企業することで、望まれるタイトルに近づけるでしょう。

sell_standerd

Defectとは?

今まで利用されていた4つのSeller Ratingの代わりに、新しいDefect Rate(欠点率)というものが登場しました。これはどういうものか、詳細に見ていきましょう。

Defect Rateというのは、売買に関する低評価が含まれた率のことです。買い手側から特定の条件に評されることで、“欠点”になってしまいます。その評価条件というのが、以下の通り。
-商品説明の適切さに対する低評価
-配達時間に対する低評価
-ネガティブ、或いはニュートラル反応
-商品説明の不適切による返却
-届いていない商品、説明にそぐわない商品のeBay Money Back Guarantee、或いはPayPal Purchase Protectionの訴訟
-売り手の方より停止された売買
これらは、買い手側が全て判断します。こうした条件の付いた売買が全体の5%以上を占めている場合、eBayアカウントが停止されてしまうようです。ちなみに、欠点率が2%以下であれば、Top Rated Sellerと命名されるのですが、アメリカの買い手との売買しか計算に入らないということを注意すべきです。

有利

今までの制度と違い、この新たなDefect Rateは買い手に見えることはありません。ですが、低いDefect Rateを保てる売り手には、様々な有利があります。その一つは、低いDefect Rateを保っている売り手の商品が、よりいいBest Matchとして表示されることです。つまり、商品をもっと買い手に見てもらえるのです。

新しいDashboard
自分のDefect Rateの経過を簡単に追うことが出来るよう、eBayが評価を表示してくれるDashboardを設置しました。一週ごとに更新されるので、自身の売買について改良できるところを見つけ、継続的な参考にしていきましょう。

まとめ

新たな評価の登場によって阻害感や制限を得るのではなく、自分の企業に有利を得られるチャンスとして捉えるべきです。機械的に感じてしまうコンピューター越しの買い手との円滑なコミュニケーションについてよく考え、Defect Rateを低く保つことが更なる利益に繋がることでしょう。

参考:
http://pages.ebay.com/sellerinformation/news/springupdate2014/sellerstandards.html
http://for-business.ebay.com/know-where-you-stand-glance-your-new-seller-dashboard-0

関連する記事

今、アメリカでトレンドのサブスクリプションボックスとは?... アメリカでは近年、「サブスクリプションビジネス」と呼ばれる定期購入型ビジネスに参入する事業者が増えている。 ギャップなどアパレル系企業やポルシェなど自動車メーカーなど自社の車両を定期レンタルできるサービスを開始したり、新しいビジネスモデルに注目が集まっている。 「サブスクリプションビジネ...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
デザイン4原則でラクラクデザイン -その3:反復(繰り返し)-... WEBサイト構築の際、デザインに統一感とオリジナリティを出すためには、今回の「反復の原則」つまり、「反復=繰り返し」を利用するとよいだろう。 「反復の原則」とは、全体を通して、同じデザイン要素を繰り返して使うことで、デザインに統一感、共通性を与え、全体としてのリズムを生み出す手法である。 ...
越境EC 韓国のポテンシャルは? 連日のニュースでは韓国パク・クネ(朴槿恵)大統領の知人や側近らをめぐる一連の事件で話題となっている韓国情勢であるが、知っているようで、あまり知られていない日本の隣国である韓国。 statista.comの調べによると、韓国のEC市場規模は2015年時点で388億ドル、2016年には427億ド...
こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い... 海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。 ターゲットに...
YouTube動画マーケティングで売り上げを伸ばす!... ネットを使って見込み客を集客(マーケティング)するには、インターネット動画を活用するのが効果的だ。もし、ECサイトなどで、集客が伸び悩んでいる場合、ECの商品の動画をインターネット動画の中でもYouTubeに動画をアップロードし、自社サイトにもYouTube動画を貼ることをお勧めする。今回はこの...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。