« ブログのトップページに戻る

イギリス人はベッドでMコマース

   投稿者 : 2019年2月18日 By

イメージ画像

イギリスは2016年6月EU離脱を国民投票で選択し、今年、2019年3月に離脱となる予定だ。イギリスの「合意なき離脱」はヨーロッパ、そして世界経済に悪影響を及ぼすのは必至で離脱の延期が望まれるところである。
そして、イギリスはアメリカに次ぐEC大国として有名である。イギリス人消費者の51%は店舗で買い物をするより、オンラインでの買い物を好むというデータもあるほど、ECサイトの利用率が高い。 今回はこのイギリスの越境EC、最新のEC事情を調べてみた。

イギリス人はEコマースがお好き

イギリスの2016年のBtoCEC売上高は総小売売上高の10.5%の1,126億ドル(約12.3兆円)と世界第3位である。イギリスの人口は6,370万人(日本の人口の約半分)と考えると日本に比べ、EC利用率の高さを理解できる。

図02

Daily Mailの記事によると、イギリスのインターネット利用者の82%が定期的にECサイトで買い物をしており、これはEUの28の加盟国の中でトップである。 ECサイトで買い物をする年代は25歳~34歳の年代が多く、月平均で8回の買い物を行っているようだ。
2018年のECサイト購入でのトップは自動車関連製品(5,769ユーロ )、休日旅行関連(3,249ユーロ )、食品関連(1,831ユーロ)、家電製品(1,570ユーロ )などとなっている。 ※()内は一人当たりの年間平均購入額

決済方法ではクレジットカード決済が40%、デビットカードが35%、ペイパルが21%でクレジットカードやデビットカードでの決済が支持されている。
クレジットカードではVISAやMASTERカードが主流である。 クレジットカードの利用率が高く、それゆえカード不正は多発しており、その損失額は約7億300万ユーロ(約880億円)もある。
イギリスのEコマースの最大利用サイトはAmazon(16%のシェア)である。次にTesco(9%)、eBay(8%)、Asosと続いている。

図01

イギリスで有名なECサイト

Amazon UK

amazon

Amazonは世界最大のショッピングサイトであり、イギリスでもっともよく利用されているサイトである。ここには日本の商品も多数ありイギリス消費者は、ここから、イギリス以外のアメリカなどから雑貨や化粧品など気軽に購入しているようだ。

Tesco

tesco

Tescoはイギリスに本拠を置き、海外13カ国に小売店を保有している。衣料品や食品など小売業を基本に金融、電気通信、ガソリンスタンド、通信販売など事業を拡大している。

eBay UK

ebay

eBayは世界最大規模のECマーケットプレイスであり、世界30カ国に拠点がある。eBayの特徴はAmazonでは手に入りにくいお宝商品やビンテージもの、レアな商品を探し購入できるところである。

Asos

asos

イギリス最大手ファッション、ビューティサイト。850以上のブランドを扱い、自社ブランドも展開している。実店舗を持たない、ECサイト専門ショップで海外展開も積極的に行っている。20ポンド(約2860円)以上のお買い物で世界送料無料というサービスを行っている。

イギリスは世界第3位の越境EC市場でもある

イギリス消費者は海外のECサイトで商品やサービスを購入するのが大好きである。 イギリスは越境EC市場規模でも世界第3位である。
イギリス人ユーザーは海外ECサイトをよく利用しており、ユーザーの73%はイギリス本国のECサイトから購入し、ユーザーの16%はEU連合以外から、11%のユーザーはEU諸国から購入している。約3割のユーザーが越境ECを利用していることとなる。
よく利用している越境国はトップがアメリカ、2番目にドイツ、3番目にフランス、オランダと続いている。2017年、イギリス消費者はアメリカから、513億ユーロ(約6兆4102億円)以上の消費している。 特に購入しているのはファッション関連でForever21、Victoria’s Secret、American ApparelなどブランドECサイトから購入している。イギリス消費者の越境ECで商品を購入する理由の主なものは、まず、送料無料や割引率が高いなど、コスト安なこと。本物の商品を取り扱っていること。そしてイギリスにはないオリジナル商品であることなどとなっている。

イギリスで人気の日本の商品は何?

日本の商品はイギリスでも人気が高い。 日本の売れ筋商品はファッション関連が45%とトップで約半数を占め、続いて、家電・パソコン関連の26%、娯楽、教育系オンラインツールが26%となっている。
イギリスで成功を収めている日本のブランドはユニクロだが、ユニクロ以外でも日本のニッチなファッションブランドもイギリスでは多く知られている。 最近では日本の美容・ビューティー関連商品もその高いクオリティから人気が出てきている。

zu03

イギリスの最新ECトピックをピックアップ

■イギリス女性はベッドでショッピング

イギリスの金融サービス保証機構Financial Services Compensation Scheme (FSCS)が発表したレポートによると、ベッドの中でアプリを使って買い物をする大多数は女性であり、45%のイギリス女性は1日の始まりか1日の終わりにモバイルアプリで買い物をしている。
男性では31%が友人といる時や飲み会などで衝動買いするという。

出典:https://mobilemarketingmagazine.com/mobile-apps-uk-brits-spend-money-bed-financial-services-compensation-scheme-censuswide

■イギリスでは音声検索が一般化しつつある

イギリスの成人の22%は1日に3~5回音声検索を使用している。という報告がある。 クリエイティブコンテンツマーケティング会社のBrandContentによると、イギリス人の40%が毎日音声アシスタントを使用しており、少なくとも30分は利用している。
そして2020年までに、全検索の50%が音声検索になるだろうと予想されている。

出典:https://mobilemarketingmagazine.com/uk-voice-search-brandcontent

■イギリスモバイルコマース市場は世界第3位

世界のモバイルコマース市場はトップは中国(6,526億ユーロ)と2位が米国(1,832億ユーロ)、3位がイギリスで559億ユーロであった。 世界36カ国を調査したWorldpayのデータによると、Mコマースは現在、世界のeコマース売上高の1兆13000億ユーロの38パーセントを占めており、世界のMコマースは今後5年で19%の成長率を見込んでいる。 イギリスのモバイル決済では、今「eウォレット(電子マネー決済システム)」が人気で、eウォレットはオンライン決済の23.2%を占めている。出典:

出典:https://ecommercenews.eu/uk-is-the-third-largest-mcommerce-market-in-the-world/

■イギリスではもうすぐ、Amazon Goがオープンする

Amazonはロンドンの中心部に小売スペースを確保し、レジ無しコンビニエンスストア、Amazon Goをオープンするという。オープンすれば、ヨーロッパ初となる。
Amazon Goは現在、アメリカ、シアトルに4店舗、シカゴに4店舗、そしてサンフランシスコに2店舗の10店舗オープンしており、Amazonは2021年までに全世界で3,000店舗に拡大する予定だ。

出典:https://mobilemarketingmagazine.com/amazon-go-london

まとめ

イギリスのEコマースは、音声検索やMコマースなどでは、日本よりよく利用され、浸透しつつあると言って良いだろう。
イギリスはオンラインショップが盛んであるゆえに、その競争力は高く、そのような中でイギリス消費者に日本の商品を買っていただくためには、まず、Google広告などでPRし、競合の中で目立たせることが重要である。
さらに、イギリス人は頻繁にモバイルで買い物をするので、SNS広告、インフィード広告なども高頻度で打って行く必要があるだろう。そして、商品価格が適正であり、送料など割引サービスの利用を提供できるかがポイントとなるだろう。

出典:https://ecommercenews.eu/the-biggest-foreign-ecommerce-markets-for-uk-shoppers/

関連する記事

2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
活用したい!越境EC代行サービス 越境EC市場は、2021年には2017年の2倍に拡大すると予測されている。 2017年の越境EC統計では、日本から対中国・アメリカへ越境ECで販売金額は2兆106億であった。これが、2021年には2倍の約4兆円規模に拡大するとの予測だ。 このように越境ECは今後、インバウンド需要の拡大と...
イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
春節のこの時期 中国の越境EC利用状況はこうなっている... 中国は2月4日より、春節(旧正月)に入った。今年は来週2月10日までの大型連休である。この時期中国は、正月ムードでいっぱいになるが、今年は環境対策のための花火や爆竹など規制され、北京中心部は、わりあいひっそりとした新年を迎えているようだ。 春節のこの期間、中国ではのべ30億人が帰省などで移...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。