ローカル企業のウェブサイトに求められること

携帯電話を見ている人たち

スマホ普及率が20代では8割、30代では7割、40代では6割に上る今、インターネット利用のハードルは格段に下がり、“何でもその場で手軽に”検索することが日常の光景になっています。
このような環境において、身近に存在する「ローカル企業」が検索される回数も格段に増加しています。店舗があって地元密着型、自社商品の良さを分かってくれるお客さまを大切にしたい、と考えている「ローカル企業」こそ、ウェブサイト運営を重視しなければなりません。新規顧客と既存の顧客、実店舗の顧客とEコマースの顧客、それらすべての顧客にとって魅力的なウェブサイトにするためのポイントを、7つご紹介します。

1. スマホに対応したウェブデザイン

2013年度にはスマホからのインターネット利用者が、前年度比で約38%、1100万人も増加しています。ウェブサイトをスマホやタブレットに対応したレスポンシブデザインにしておかなければ、ますます増加するモバイルユーザーからのアクセスに対応できません。PC以外のどんな端末からでも見やすいウェブデザインは必須です。

2. 店舗情報はわかりやすく

近所のお店を探す際にインターネットを使う人は、約80%にも上るという調査結果があります。欲しい商品やサービスを、タウンページなどの紙媒体で調べる人は急速に減っているのです。電話番号、店舗の場所、営業時間などを検索する人が多数存在することを前提にして、シンプルかつわかりやすく店舗情報を掲載しましょう。特に場所については、目印を記載した簡略図、GoogleMapなどの実際の地図、説明文などを交え、初めて訪れる人にもわかりやすいものにしておきましょう。

3. 会社紹介は丁寧に

会社紹介といっても、正式な社名、本社の所在地といったいわゆる会社概要だけでは不十分です。企業理念、商品やサービスへのこだわり、会社設立に至った経緯など、お客さまに知ってもらいたいこと、対面販売であれば説明したいことをウェブサイトでも掲載しましょう。商品、サービスの背景にある情報をユーザーも求めています。

4. プライバシーポリシー

個人情報の漏えいが問題になることが多い昨今、必ずプライバシーポリシーを整備して、「提供された個人情報は、当社との取引以外で使用することはありません」と明記しましょう。ユーザーの目に入りやすいように、なるべくウェブサイトの複数個所に記載し、ユーザーが安心してショッピングできる環境を整えましょう。

5. レビューの掲載

ほとんどのユーザーが、商品やサービスの購入の際、購入者のレビューを参考にします。購入者からはできるかぎりレビューを書いていただき、商品紹介ページに掲載するようなしくみを整えましょう。ネガティブなレビューであっても、そのレビューへの対処も含めて掲載すれば、信頼できる企業だという印象を与えることができます。

6. ソーシャルメディアとの連携

既にFacebook、Twitter、Pinterestといったようなソーシャルメディアの企業ページが存在するなら、簡単にそれらのページにアクセスできるようにリンクを貼ったり、コンテンツをシェアできるようにシェアボタンを作るなど、ソーシャルメディアとの連携体制を整えましょう。たくさんのフォロワーがいる場合はその数を明記すれば、新規顧客へのアピールにもなります。

7. 会計の安全性

ユーザーが最後に購入ボタンをクリックする際、一番気にするのが「信頼できる会計システムなのか」ということです。利用している会計システムの安全性をアピールしてもよいですし、サイト自体が暗号化プロトコルのSSLに対応していることを示してもよいでしょう。「安全性を高めるために、本サイトでは、SSLを用いて暗号化を行っております」などの注意書きや認証済みマークを掲載することは、ユーザーに安心感を与えます。
ウェブサイトはEコマースのためだけではない
スマホの普及でインターネットが非常に身近なものになっている今、企業のウェブサイトは単にEコマースで商品やサービスを販売するためだけではなく、実店舗へユーザーを誘導し売上を伸ばすためにも有効なツールになりつつあります。そうした観点から、もう一度ウェブサイトを見直してみてはいかがでしょうか。
参考:Why Local Search Should Matter to You

11 Simple Techniques for Gaining Customers’ Trust Online

関連する記事

こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い... 海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。 ターゲットに...
海外進出が進む日本企業 越境ECの可能性は?... 外務省のが昨年2017年9月28日に発表した、「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在留邦人数では米国が約42万人と最も多く、次いで中国の約12万人、3位はオーストラリアの9万人と中国以外は前年比増という結果であった。 海外に住む日本人の数は、年々増加の一途であり、2016年は約133万...
実例に学ぶ!Twitterをカスタマーサービスに使う方法... 手軽に顧客とやり取りできる手段として、ソーシャルメディアをカスタマーサービスに利用する企業が増えています。今回はそのなかでも、Twitterを上手に活用している企業の例から、そのメリットについてご紹介します。 1. とにもかくにも早いレスポンス 飛行機利用者にとって、遅延があるかどうかといっ...
顧客が購入していない31の理由:あなたのショッピングカートを最適化する方法... ECサイト構築にはショッピングカートが欠かせない。 ネットショップに必ずあるのが、「ショッピングカート」機能である。ショッピングカートとはオンラインショップが備える機能の一つで、簡単に言うと、商品を購入するまで、商品を一時的に保存しておく機能である。 オンラインショップでも、実店舗の買い...
越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ