« ブログのトップページに戻る

消費者の購買行動を後押しするコンテンツとは?

   投稿者 : 2014年7月3日 By

マーケティングリサーチ会社のニールセンによって最近実施された調査で、「消費者の購入決定に最も影響力の大きいコンテンツは、専門家によるレビューだ」という興味深い結果が出ました。

消費者の購買行動に焦点を当てたこの調査の内容を詳しく見ていきましょう。

 

購買行動に一番効果的なコンテンツを調査!

調査概要

調査の概要は、3つの異なるオンラインコンテンツ「専門家によるレビュー」「ブランド作成コンテンツ」「カスタマーレビュー」に対する印象を900名の消費者に個別に聞くというものです。特に9つの製品に対して、それぞれのコンテンツが、「親近感」→「好感」→「購入の検討」といった消費者の購買プロセスにおける意識に与える影響について調査されました。

結果1:専門家によるレビューは効果抜群

3つのオンラインコンテンツの中で、「専門家によるレビュー」=「論理的で説得力のある、第3者によるオンライン記事」は、親近感、好感、購入の検討という、購入におけるすべての意識段階において最も影響力が強いという結果がでました。数値に表すと次のとおりです。

専門家によるレビューは、
・商品に対する「親近感」を、ブランド作成コンテンツよりも88%多く、カスタマーレビューより50%多く生じさせた。
・商品に対する「好感」を、ブランド作成コンテンツよりも50%多く、カスタマーレビューより20%多く生じさせた。
・商品に対する「購入の検討」を、ブランド作成コンテンツよりも38%多く、カスタマーレビューよりも83%多く生じさせた。

結果2:製品ごとへの影響力でも効果抜群

調査対象となった商品カテゴリーは、自動車保険・新車・テレビ・スマートフォン・ドライヤー・チャイルドシート・デジタルカメラ・テレビゲーム・電動歯ブラシの9種類です。商品別にみても、専門家によるレビューの影響力は強く、次のような結果となりました。

専門家によるレビューは、
・商品に対する「親近感」を、9製品のうち7製品において最も強く押し上げた。
・商品に対する「好感」を、9製品のうち5製品において最も強く押し上げた。
・商品に対する「購買意欲」を、9製品のうち6製品において最も強く押し上げた。

これに対して、ブランド作成コンテンツは、カメラのように、商品の性能が購入決定の決め手となる商品においては最も影響力が大きく、カスタマーレビューは、テレビゲームのようにユーザー側にたくさんの実践知識がある商品においては、最も影響力が大きいという結果も出ました。

結果3: 専門家レビューの強みとは?

では、購買決定において、なぜ専門家のレビューが他のコンテンツよりも消費者に好まれるのでしょうか?

1つめの理由として、専門家のレビューは信頼度が高いと考えられている点にあります。ブランド作成コンテンツは、客観的に商品を評価できているのか疑わしいと50%の消費者が感じています。また、カスタマーレビューについても、企業側がお金を払って好意的なカスタマーレビューを集めているのではないか?と疑う消費者が61%も存在するのです。その点、専門家による論評は、企業から離れた立場で書かれており、信頼がおけるというのです。

2つめの理由としては、消費者は専門家のレビューの方が、他のコンテンツより情報量が多いと感じている点にあります。平均すると、ブランド作成コンテンツに比べて8%、カスタマーレビューに比べて10%も情報量が多いと感じられているのです。専門家ならではの視点から、細かい部分にも観察眼が行き届き、企業が触れたくない欠点についても的確に評価されているのです。

まとめ

この調査は、アメリカのラスベガスにおいて、オンラインで実施されたものですが、Eコマース市場が飛躍的に拡大している日本でも、注視すべき結果ではないでしょうか。

自作のコンテンツを工夫したり、カスタマーレビューを充実させたりといった努力を重ねている企業は多いと思いますが、この調査結果からは、企業が作成したコンテンツやカスタマーレビューを見ながら、第三者の意見に耳を傾ける冷静な消費者像が浮かび上がります。

新製品を出した場合などには、例えば業界紙などを通じてその分野で信頼されている専門家を紹介いただき、忌憚のない意見を述べてもらうように働きかけるといった、市場での評価を高めることも今後ますます重要になりそうです。

参考:
Which Type of Online Content Most Influences Customers?

関連する記事

フランスの越境EC、Eコマース事情 先週5月12日、フランスはパリでテロと思われる事件が、さらに、インドネシアでも「イスラム国」系の犯行と思われる事件があった。痛ましい限りだが、フランスでは今、結束してテロ撲滅とテロに屈することのなく、戦う姿勢を内外に示している。 フランスといえば、観光立国でもある。インバウンドでは年間観光...
中国爆買いをビジネスチャンスに – 簡体字のECサイトがないことによる機会損失とは... 2016年の中国の伝統的なお正月(旧正月)は、2月7日から13日までの7連休になります。日本の1月1日から3日までのお正月と違い、この期間はあまり正月らしいムードはありません。 2016年の中国旧正月も例年以上に、この時期に日本への旅行を計画している中国人は多くいます。 観光客の多くがドラ...
7月から変わるオーストラリアの関税 越境ECでは注意が必要... 連日、熱戦が伝えられる2018FIFAワールドカップ ロシア。 グループHで日本は好発進したが、同じアジア・グループの代表として出場している、グループCのオーストラリアは、今のところ第3位と苦戦している。 そしてオーストラリアでは、今年7月1日より、1,000豪ドル以下の商品でも越境EC...
これからのWEB広告はネイティブ広告の時代となるか?... 数年前から、問題とされてきた、ステルスマーケティング、通称「ステマ」。ステマとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることであるが、ステマ広告でもなく、通常のバナー広告でもない、ネイティブ広告。 ネイティブ=自然な広告という意味合いの強いネイティブ広告とはどのようなものなのか?SN...
広告運用者なら押さえておきたい「動的リマーケティング」とは... Amazonなどで商品を調べ、他のサイトに移動した時に、「さっきAmazonで見ていた商品と関連した商品広告が表示される」といった経験があるのではないかと思う。 この広告を見て、「そうだ、買い忘れていた」と広告をクリックしてAmazonで商品を購入することもあるだろう。 これは、リマーケ...
インターネットで商品を見つけ購入するということ... インターネットの素晴らしいところの一つは、タイムカプセルのように、昔からの懐かしい物をそのまま保てることです。子供時代に見た懐かしいCMを、ふと思い出してきたのなら,簡単にYoutubeで検索して見ることができますよね。eBayでは画面を超え、昔の物を手元に配達してもらえるということは、創立...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。