消費者の購買行動を後押しするコンテンツとは?

マーケティングリサーチ会社のニールセンによって最近実施された調査で、「消費者の購入決定に最も影響力の大きいコンテンツは、専門家によるレビューだ」という興味深い結果が出ました。

消費者の購買行動に焦点を当てたこの調査の内容を詳しく見ていきましょう。

 

購買行動に一番効果的なコンテンツを調査!

調査概要

調査の概要は、3つの異なるオンラインコンテンツ「専門家によるレビュー」「ブランド作成コンテンツ」「カスタマーレビュー」に対する印象を900名の消費者に個別に聞くというものです。特に9つの製品に対して、それぞれのコンテンツが、「親近感」→「好感」→「購入の検討」といった消費者の購買プロセスにおける意識に与える影響について調査されました。

結果1:専門家によるレビューは効果抜群

3つのオンラインコンテンツの中で、「専門家によるレビュー」=「論理的で説得力のある、第3者によるオンライン記事」は、親近感、好感、購入の検討という、購入におけるすべての意識段階において最も影響力が強いという結果がでました。数値に表すと次のとおりです。

専門家によるレビューは、
・商品に対する「親近感」を、ブランド作成コンテンツよりも88%多く、カスタマーレビューより50%多く生じさせた。
・商品に対する「好感」を、ブランド作成コンテンツよりも50%多く、カスタマーレビューより20%多く生じさせた。
・商品に対する「購入の検討」を、ブランド作成コンテンツよりも38%多く、カスタマーレビューよりも83%多く生じさせた。

結果2:製品ごとへの影響力でも効果抜群

調査対象となった商品カテゴリーは、自動車保険・新車・テレビ・スマートフォン・ドライヤー・チャイルドシート・デジタルカメラ・テレビゲーム・電動歯ブラシの9種類です。商品別にみても、専門家によるレビューの影響力は強く、次のような結果となりました。

専門家によるレビューは、
・商品に対する「親近感」を、9製品のうち7製品において最も強く押し上げた。
・商品に対する「好感」を、9製品のうち5製品において最も強く押し上げた。
・商品に対する「購買意欲」を、9製品のうち6製品において最も強く押し上げた。

これに対して、ブランド作成コンテンツは、カメラのように、商品の性能が購入決定の決め手となる商品においては最も影響力が大きく、カスタマーレビューは、テレビゲームのようにユーザー側にたくさんの実践知識がある商品においては、最も影響力が大きいという結果も出ました。

結果3: 専門家レビューの強みとは?

では、購買決定において、なぜ専門家のレビューが他のコンテンツよりも消費者に好まれるのでしょうか?

1つめの理由として、専門家のレビューは信頼度が高いと考えられている点にあります。ブランド作成コンテンツは、客観的に商品を評価できているのか疑わしいと50%の消費者が感じています。また、カスタマーレビューについても、企業側がお金を払って好意的なカスタマーレビューを集めているのではないか?と疑う消費者が61%も存在するのです。その点、専門家による論評は、企業から離れた立場で書かれており、信頼がおけるというのです。

2つめの理由としては、消費者は専門家のレビューの方が、他のコンテンツより情報量が多いと感じている点にあります。平均すると、ブランド作成コンテンツに比べて8%、カスタマーレビューに比べて10%も情報量が多いと感じられているのです。専門家ならではの視点から、細かい部分にも観察眼が行き届き、企業が触れたくない欠点についても的確に評価されているのです。

まとめ

この調査は、アメリカのラスベガスにおいて、オンラインで実施されたものですが、Eコマース市場が飛躍的に拡大している日本でも、注視すべき結果ではないでしょうか。

自作のコンテンツを工夫したり、カスタマーレビューを充実させたりといった努力を重ねている企業は多いと思いますが、この調査結果からは、企業が作成したコンテンツやカスタマーレビューを見ながら、第三者の意見に耳を傾ける冷静な消費者像が浮かび上がります。

新製品を出した場合などには、例えば業界紙などを通じてその分野で信頼されている専門家を紹介いただき、忌憚のない意見を述べてもらうように働きかけるといった、市場での評価を高めることも今後ますます重要になりそうです。

参考:
Which Type of Online Content Most Influences Customers?

関連する記事

eBay 国際売買26%上昇 今月、eBay の2014年第2期のフィナンシャル結果が発表されたことを、皆さんは確認されたでしょうか。今回の結果はeBayにとって、善い点もあれば悪い点もあったわけですが、eBayを通してEコマースを行っている方には、この結果から時代に沿った戦略を見出すことが出来るのではないかと思います。...
多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
なんでアウトソーシングできないんだろう!?... 海外向けネットショップを作るときに、立ち上げで特に時間をとられるのが「見た目」の部分。つまりウェブのデザイン周りの作成やHTMLのコード修正とか、や商品データ作成・登録といったほぼデスクトップじ上だけで簡潔する作業です。 これを自分でやるか、アウトソース(ランサーズやクラウドワークス、...
AmazonとeBay その違いはどこにある? 2018年最後のブログとなり、今年は皆様にとって、どんな1年だっただろうか? 越境ECにおいては、今年も確実に拡大成長が続いた一年だった。 最後のブログは、これから、越境ECを始めようと考えている方、そして、海外販売を行っていて、もっと収益を上げたい方、越境ECを始めたいが、そもそも自社商...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ