« ブログのトップページに戻る

住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!

   投稿者 : 2013年7月26日 By

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にありそうです。

米Amazonが2013年6月、米Facebookと連動したソーシャルギフトサービス「Amazon Birthday Gift」を展開するという発表もあり、今後さらに日本でもソーシャルギフトサービスに注目が集まりそうです。日本国内において、すでにリリースされているソーシャルギフトサービスを3つご紹介しましょう。

ソーシャルギフトサービス3選

1.大丸松坂屋百貨店 okurune

百貨店初となるソーシャルギフトサービスです。okurune内でギフトを選び、Facebookで贈りたい相手を指定します。決済情報(クレジットカード)を入力し注文が完了すると、Facebook経由で友達に受取確認の案内が届きます。友達が住所を登録すれば、その住所に商品を届けてくれる仕組みです。
商品ページには「okutte!ボタン」というギフトのおねだり機能もあり、Facebookのタイムラインに投稿されます。これまで、お中元やお歳暮、お祝いギフトの市場をけん引してきた百貨店が、ソーシャルメディアを利用したサービスに参入してきたという点で注目です。

2.giftee


gifteeに加盟するカフェやショップが提供するギフトクーポンやギフト商品を選び、Facebook、Twitter、LINE、メールで相手を指定します。オリジナルのギフトカードにメッセージを添え、決済情報(クレジットカード・auかたん決済・auポイント)を入力すると注文が完了します。
商品を配送するだけでなく、ギフトクーポンを店舗で利用させる仕組みは、昨今注目のO2O(オンラインtoオフライン)のセオリーを忠実に実践しています。また誰から誰へギフトが贈られたかソーシャルメディア上に投稿されるため、拡散効果にも期待できます。

3.オンライン寄せ書きyosetti

Facebook、Twitter、LINE、メールで募集したメンバーで寄せ書きをし、Webで閲覧できるサービスです。その寄せ書きをPDF(300円)で保存したり、プリントアウトしてオリジナルケースに納めて届ける(2800円~)こともできます。Webで閲覧したら、その場でTwitterやFacebook、メールでお礼を伝える仕組みは、ソーシャルメディア上での拡散を期待したものです。

まとめ

1対1のギフトに加え、友達同士でひとつのギフトを贈るサービスも増えており、受注単価アップも提供方法の工夫次第でできそうです。さらにgifteeのように店舗に送客できるO2Oを意識したサービスは、参加企業(店舗)にとってもメリットが大きいため増えていきそうです。

矢野経済研究所の「ギフト市場に関する調査結果 2012」をよると、2011年度のギフト市場規模は小売金額ベースで17兆400億円(前年比102.1%)でした。より気軽にギフトを贈れるソーシャルギフトサービスの普及により、この市場の成長率にどのような好影響を及ぼしていくか期待したいところです。

関連する記事

カギはO2Oか?GAP、2016年までにEC売上を2500億円規模へ!... ファッションブランドのGAP(Gap Inc.)。子ども・大人、メンズ・レディース問わず幅広い顧客を獲得している世界第3位の売上規模を誇る(1兆3609億円、2011会計年度)アパレルカンパニーです。日本でも多くの店舗を構えていることから馴染みのあるブランドですが、あまりECを活発に運営しているとい...
「LINE@」の活用で集客とファンづくりを... 海外を含め1億人の利用者を突破したLINEですが、LINEを活用したビジネスが既が動き始めています。 昨年12月に、LINE公式アカウントの廉価版のメニューとして月額5,250円から利用できる「LINE@」がスタートしました。従来の公式アカウントは高額で手が出なかった中小企業様も、LINEを活用し...
売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...

タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。